社民党の福島瑞穂党首は27日、横浜市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「この内閣で、(米領)グアム、(米自治領北マリアナ諸島の)テニアンに移すべきだという主張を、もっと発信力を高めて果敢にやっていく。鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官もきちんと説得したい」と述べ、国外への移設を求める考えを重ねて示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)
“花見商戦”異状あり 「室内型」「アレンジ型」増加?(産経新聞)
<日本鋼管病院>看護師勤務表、全員が「平日・日中8時間」(毎日新聞)
<東京地裁>詐欺判決で朗読ミス 被害者を1人多く読み上げ(毎日新聞)
AD