【大阪】 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院         JHSC整体治療室 = 整体コラム / 心のコラム

●ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院は「2年制整体学校」と「JHSC整体治療室」を運営しています。


テーマ:

ハント症候群(顔面麻痺)の整体治療例 その一(全7章)

数十年ぶりにAさんと再会…「右顔面が麻痺している?!」

患者さん(Aさん-女性-68才)の症例


◆始めに
本コラムは、

8年前から「ハント症候群(顔面麻痺)」に罹患されていた女性(Aさん-68才)が、
およそ「2か月半-11回の整体治療」で回復していく過程を、7回に渡って綴ったコラムです。
ご面倒ですが、下記の①から⑦まで順番に読んで頂ければ、その回復過程がよく分かると思います。


① 数十年ぶりにAさんと再会…「右顔面が麻痺している?!」   

② 医師のひと言・・・「自然軽快を待つしかないな、、、長引くかも。」
③「3回、私にチャンスを下さい。」・・・Aさんとの二人三脚の始まり。

④ 再検査…顔面麻痺の重大な原因を見つけた!

⑤ 初診・・・「右眼が三分の一程、開くようになった?!」

⑥ チューの動作が出来る?!…「これで旦那さんとチュー出来ますね。」  

⑦ いよいよ最終段階…「ほぼ正常に戻った。」   

付録 ハント症候群(顔面麻痺)の整体治療について



ハント症候群は

「帯状疱疹ウイルス」の感染により、いわゆる「みずぼうそう」を顔面や耳などに呈した後、片側の顔面筋が麻痺に陥り、反対側に顔が引きつれてしまう疾患です。感染部位によっては耳鳴りや難聴・めまいなども合併する事もあります。


●初期治療は

病院にて「抗ウイルス剤・副腎皮質ステロイド剤」などで炎症を抑えるのが一義的です。しかし「顔面麻痺」は治癒しにくく上手くしゃべれなかったり飲水時に水が口からこぼれたりなど、日常生活にも支障が生じます。また数年、あるいはそれ以上の長期わたり顔面が片側に引きつれた状態が続きます。この長期にわたる「顔面麻痺-顔面引きつれ」に対する有効な治療法は西洋医学的には特になく、「自然経過に任せましょう…」的な言葉しか医師から発せられないのが現状です。


今回のコラムは

私がずっと以前にお世話になった方(☚8年前にハント症候群に罹患)の来訪から始まりました。
それまで年賀状でしか接点がありませんでしたが、ある日ひょんなことから当治療室に来院され、そこでこの「ハント症候群による顔面麻痺」の事を知り、治療する事になっていった顛末記です。


●全てのハント症候群による顔面麻痺

効果があるかどうかは分かりません。しかし今回の経験から、相当効果的な治療が可能なのではないか、、、そう考える次第です。
ハント症候群による顔面麻痺に悩まれている方は少なくないと思います。その様な方の一助になれば、幸いです。



・・・ここより患者さん(Aさん-女性-68才)の症例です。・・・


◆その一 数十年ぶりにAさんと再会…「右顔面が麻痺している?!」


●長く整体学校

をやっていますが、やっぱり根は臨床家ですね、私は。
患者さん(らしき人)を見ると、
「あっ、この症状、あの病気や・・・ここを治療すると治るんちゃうやろか?!」
と、いつも思ってしまいます。


ちなみに世の中は「患者さんだらけ」です。
毎日自転車通勤をしていますが、職場に急ぐ人々とすれ違う度に、
「あっ、あの人○○が悪いんちゃうやろか、、。」と、

頼まれもしないのに診てしまいます。
人生の半分以上の時間を整体師稼業をしていますから、

仕方ないかもしれませんね。
余計なお世話的な「ヘンコな整体師魂」ですね。


●ところで

今回の「ハント症候群」の患者さん(Aさん-女性-68才)との治療も、

そのひょんな事から始まりました。
以前に大変お世話になった方なのですが、

そのAさんが所用で私の職場に来られた事がきっかけでした。

色々と昔話や近況についておしゃべりしていたのですが、


やはり気になったのですね、Aさんのお顔の状況が、、、。
どう見ても右顔面が引きつっている様子なのです。

女性ですからやはりお顔の事に関しては言いづらい点もありました。
がやはり、例の「ヘンコな整体師魂」が腰椎2番あたりから湧き出てきて、

もう今や甲状軟骨付近に昇ってきていました、と思った瞬間、
「Aさん、顔、チョッとおかしいですね…」
と口から言葉が出ていました。
「ヘンコ魂」が昇っていくスピードに理性(?)が追いつかなかったようです。


●ただ、救われたのは

Aさんが
「アッ、やっぱり分かりますか!?」と仰って頂いた事です。
「はぁ~、やっぱり教科書通りですから、、、その顔の歪みは、、。」
右顔面全体が引きつれているのですから、大概分かりますよね。

やはり予想通り、ほとんどの方はAさんのお顔を見て見ぬふりだそうで、

顔の引きつれについてあまり話題にしなかったそうです。


その後しばらく顔面麻痺に罹患した時の状況の話題に転じていきました。
そのお話しは今から8年前にさかのぼります……。


その二に続く




● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

gie-gieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。