国民新党は3日昼の幹部会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合と、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)での滑走路建設-の党独自の県内移設2案を正式決定した。

 両案とも暫定措置と位置づけ、移設から15年後に沖縄駐留の米海兵隊の完全撤退を目指す。沖縄の負担軽減策としては、海上自衛隊大村航空基地(長崎県)や陸上自衛隊東富士演習場(静岡県)、関西空港(大阪府)やグアムなどに訓練機能を分散させる。

 普天間は即時返還とせず、10年間は閉鎖状態として原状回復を図りつつ、有事には基地として活用する方針。

【関連記事】
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」
社民、キャンプ・シュワブ陸上部隊の同時移設も提示へ 普天間移設で
普天間 国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」
「米国は逃げ足速い」 防衛政務官が県外・国外移設派を牽制
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<大津波・津波警報>北海道根室市で30センチの津波観測(毎日新聞)
「東大卒」と偽り詐欺、家庭教師や架空の投資話(読売新聞)
雑記帳 鉄腕アトムの五月人形を発売 群馬の人形店(毎日新聞)
<山本病院事件>逮捕の医師が拘置中に死亡 奈良(毎日新聞)
“お宝”必至 限定「SUGOCA」相次ぎ登場(産経新聞)
AD