緩やかな曲線や幾何学的なデザインが特徴で、欧米などに多くのファンを持つ台湾の陶磁器作家、王侠軍(ヘンリー・ワン)氏(57)の作品展「アジアの至宝 王侠軍磁器展」が19日、東京都中央区の銀座松坂屋別館で始まった。会場には、王氏の陶磁器約60点が展示され、来場客を魅了している。

 王氏は、映画監督や俳優として成功した後、約20年前から陶磁器制作に挑戦。白一色で、龍などをモチーフにしたダイナミックな茶器やオブジェを手掛ける。

 22日には王氏が来場し、作品に対する思いなどを語る。25日まで。

ハンマーで殴られ78歳女性死亡=殺人未遂容疑で弟逮捕―警視庁(時事通信)
移住促進へ情報提供 空き家バンク 各地で導入…課題浮き彫り(産経新聞)
常用漢字改定案、文化審議会分科会も了承(産経新聞)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)
<皇室>皇太子さまスウェーデン訪問へ 雅子さまは同行せず(毎日新聞)
AD