聴覚やバランス感覚に非常に重要な内耳の有毛細胞を、マウスの人工多能性幹(iPS)細胞からつくり出すことに、米スタンフォード大の大島一男講師らのグループが世界で初めて成功した。有毛細胞の損傷は難聴の大きな原因で、新たな治療法の開発が期待される。15日までに米科学誌セルに発表した。
 有毛細胞は、空気の振動である音を繊毛の動きにより電気信号に変え、神経細胞を通じて脳に伝える。数が約3万個と他の感覚細胞と比べ非常に少なく、騒音や加齢、薬の副作用などで損傷したら再生せず、聴覚障害やバランス障害の原因となっている。
 研究グループは、マウスの皮膚からつくったiPS細胞に特殊なたんぱく質を加え、内耳のもとになる細胞を作成。さらに、さまざまな条件下で培養した結果、有毛細胞に似た繊毛のような構造を持つ細胞をつくることに成功した。
 この細胞では、有毛細胞に特有の遺伝子が働いていた。さらに、刺激に反応して電気信号を出すことを確認した。
 研究グループは、胚性幹(ES)細胞からも同様に有毛細胞の作成に成功している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

10億円以上着服か 近鉄子会社元社員聴取へ 大阪地検(産経新聞)
亀井金融担当相「単純な消費税アップは経済の井戸からす」(レスポンス)
床にたたきつけられ、意識不明の女児死亡(読売新聞)
「県警に行って」無賃乗車の男を現行犯逮捕(読売新聞)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
AD