「こどもの日」に合わせて総務省が4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、前年より19万人少ない1694万人で、29年連続の減少となった。比較可能な1950年以降の統計で過去最少を更新。男子は868万人、女子は826万人だった。
 総人口に占める子どもの割合は前年比0.1ポイント減の13.3%で、36年連続の低下。人口4000万人以上の世界各国と比べても、米国(20.0%)、中国(18.5%)、ドイツ(13.6%)などを下回る最低の水準が続いている。 

【関連ニュース】
人口1300万人を突破=進む一極集中
総人口、過去最大の減少=女性は初の自然減
国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円-09年末
「はたちの献血」に協力を=若者離れが課題
寅年生まれは1034万人=初の「平成」成人125万人

詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円-大阪府警(時事通信)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人-国際チームがゲノム解読(時事通信)
郷田九段、寝坊で不戦敗のペナルティーでファンと対局(スポーツ報知)
AD