真宗興正派本山の興正寺(京都市)が保管する水墨画の雲龍図の掛け軸が、江戸前期の狩野派の絵師、狩野探幽の作品であることが確認されたと、同寺が19日発表した。
 雲龍図は縦約1.1メートル、横約2メートルで、1671年制作と推測される。探幽70歳の作とする記述があったが、今回、三井記念美術館学芸員の樋口一貴さんが同館所蔵の探幽の印鑑と同図の落款の印影を比較したところ、一致した。
 一方、探幽から同寺関係者にあてた書状が1986年に見つかったが、中風で手を痛めていることを説明した記述は、探幽が70歳前後に中風だった事実と一致。当時の作品であることの証明になるという。樋口さんは「画家と注文主の関係などがうかがえる資料」としている。 

東京コレ華やかにスタート 44ブランドが秋冬の新作披露(産経新聞)
野焼き ボランティアの男性3人死亡 静岡・御殿場の陸自(毎日新聞)
漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り-都議会(時事通信)
放火か、世界遺産・ブガンダ王族の墓が焼失(読売新聞)
住民自ら判断も=集中豪雨時の避難-内閣府検討会(時事通信)
AD