ジョーカーハウス「運命の子供」終幕。
定石通り、深夜まで打ち上げ~朝から大移動。
当然、疲労困憊しつつ、本日なんとか帰阪。
車好きで慎重派のダチが
何より大事な愛車を居眠りでこすった話を聞いたばかりなので
いつもより休憩とりながら高速を走らせた。ふう。
 

終わってみれば、追加公演もでき、
大阪以上に盛り上がった東京公演になったと思う。
題材がもともと若者向けだった事もあるだろうし、
俺自身が演出として「出演せず見る側」に徹した事もあり、
なんかぐっとくる事が多かったな。
なぜだ?
 

ジョーカーハウス連中は当然ながら力量不足ゆえ
だるくて腹立たしい回もあったものの、
やはり、若いのが必死に何かをやる姿は素晴らしいもので。
言い方悪いが、凡庸なプロ野球のゲームより、
必死な高校野球の9回にドラマがあるような感じか。
 
よく最後まで走ったよ、お前ら。
おつかれ。
 

「運命の子供」は
おかげで東京大阪合わせて2000人以上のお客様に
見ていただく事ができました。
御礼申し上げます。
 



帰りの道中、うとうとしつつ運転してたんだが(起きろ!)
車窓から見えた晴天背景にした雪化粧の富士山は美しかった。
「まぁ、よく頑張ったじゃないか。俺を見て喜ぶがいい」
とおっしゃってくださったような気がしやした。
げに絶景でございやした、
有り難うございます。富士ちゃん。(ダチか)

それにしてもめっちゃ眠い…ちょい寝る。
 
 
AD