JHCバンコクブログ・今日のバンコク

個人旅行のエキスパートJHCがバンコクから発信。
あれこれ好き勝手な現地情報を皆様にお届けいたします。


テーマ:

バンコクは今週も度々夕立があり、蒸暑さと雨後の

涼しさを繰り返しております。

先週末はプーケットやホアヒンで爆弾事件がござい

ましたが、バンコクはいつもの通り平穏で且つ賑やか

さが続いております。


さて、今週はもう直ぐオープン予定のSOMERSET

EKAMIのお披露目会に行って来ましたので

ご紹介致します。

サマーセットはご存知の通りアスコットグループの

5星サービスアパートです。BTSで一駅離れたトンローに

サマーセット トンローがございます。

エカマイ通りには本格的なホテルやサービスアパートが

無かったので、初めての大規模な5星サービスホテルが

オープンすることになります。


場所はエカマイ通り(スクンビット ソイ63)のソイ2を

少し入った所にございます。
 
BTSエカマイ駅からエカマエ通りの右側を通りペブリ通り

方向へ7~8分歩くとソイ2に着きます。当写真の手前

の通りがソイ2でここを右折しそこから2分程でサマーセット

エカマイに到着。
 
ソイ2のエカマイ通りを挟んで向こう側はPARK LANE

と呼ばれるレストランやスーパー街がございます。

写真のDONABEの日本食もパークレーンの中にある

日本食レストランの一つです。

こちらがソイ2.

 

ソイ2を少々奥に歩きます。

そしてサマーセットエカマイが見えて来ました。目
 
サマーセットの敷地への入口の手前にJYOSHITSU

SUSHIがございます。JYOSHITSU SUSHIの奥に

見えるビルがサマーセットのC棟です。

こちらがサマーセットの敷地の中庭。写真右のビルが

C棟です。

こちらもC棟。サマーセットエカマイは全部で3棟ござい

ます。B棟は長期滞在者用でA棟とC棟が短期滞在でも

利用出来ます。


早速、係りの方に案内頂きました。あし


先ずは、A棟の2ベッドルームのお部屋から。

(残念ながら1ベッドルームは未完でした。)ショック!

こちらが2ベッドルームのリビング。

2ベッドルームでも広さの異なるタイプがございますが

こちらは89平米です。窓の外はテラスになっており

許可を貰ってテラスでの喫煙が可能です。チョキ

リビングのソファー前面のテレビそして左横には

ワーキングデスク。ワイファイ利用は無料です。
  
テレビは総てサムソン製です。

お部屋の入口近くのキッチンに洗濯機。電気湯沸し

ポット、トースター、マイクロウエーブ、お皿やフォーク

そして包丁等料理に必要な物は総て揃っております。

ダイニングテーブル。キッチンとリビングの間に

ございます。
 

こちらはマスターベッドルーム。マスターベッドルーム

はキングサイズベッド1台。セカンド ベッドルームは

シングルベッド2台になっております。
 

マスターベッドルームのテレビ。
 

窓腰にテラスが見えます。
 

バスローブやスリッパも用意されています。

セーフティーボックスはこれから揃えて行くとのこと。

こちらはバスルーム内の洗面台。
 

大きなバスタブの全面はシャワー。

レインシャワーが備わっております。

お部屋によりシャワールームが独立している

タイプもございます。


次はセカンド ベッドルーム。

こちらにはテレビはございません。

やはり窓腰にテラスが見えます。


セカンド ベッドルームはシャワーのみになります。


次はA棟のスタジオルームです。

A棟スタジオルームは45平米です。

ベッド手前にソファーがございます。

そしてソファー前にはテレビ。そして左横の

ワーキングデスク。
 

こちらもお部屋の外は広いテラスがございます。目ニコニコ
 
お部屋の入口ドア近くのキッチン。

スタジオルームにも洗濯機が備わっております。


 

バスルーム内の洗面台。

スタジオルームにもバスタブそしてバスタブ全面の

レインシャワー付きシャワーがございます。
 

クロゼット内のバスローブにスリッパ。

こちらはC棟1階のチェックインカウンター。

A棟にご宿泊の場合でも受付は当カウンター

になります。

こちらはC棟にある本格的ミーティングルーム。

席は正面の壇上から緩やかに上がって行きます。

ミーティングルームの席から正面方向を撮影。
 
C棟のスタジオルームは狭いものの極めて低料金と

伺い見せて頂きました。

このC棟のスタジオルームは20~23平米で

ベッドはシングルベット1台のみです。

何人か仲間でゴルフ等に来られ、安いがシャビーな

ホテルに泊りたくないお客様にお勧めです。

共同のラウンジが同じ階にございますので

就寝まで仲間と歓談出来ます。
 
テレビ、ワーキングデスク。

C棟のスタジオルームにはキッチンや冷蔵庫は

備わっておりません。

開いたドアの向こうがバスルームです。

バスローブもスリッパも用意されています。

洗面台。

C棟のスタジオルームはシャワーのみですが、

レインシャーが付いています。
 
共同(何部屋かのお客様が使える大型冷蔵庫が

ラウンジ近くに置かれています。


如何でしたか?サマーセット エカマイ。

エカマイの初めての大型サービスアパート。

11月には宿泊可能なようです。

JHCでは来月中には契約を完了し、取り扱いを

開始する予定です。


バンコク、タイ全土そしてタイ周辺諸国でのご宿泊は

JHCに是非お任せ下さい。

豪華なホテルやサービスアパートから廉価なものまで

数多く用意し、皆様のご用命をお待ちしております。

詳しくは下記JHCウェブサイトをご覧下さい。

http://www2.jhc.jp/resv/m/c_top01.php


               JHCBKK/ドゥーンパイ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今週は日本では11日が今年新たに出来た『山の日』で

祝日ですが、タイは12日(金)が王女の誕生日で同時に

タイの『母の日』で祝日になり、土日と併せると3連休に

なります。ニコニコ先月は4連休がありましたが、タイは上半期

連休が続きますが3月、6月、9月そして11月には祝日

ございません。

一方、タイでは30日間の病欠がございますので

(3日連続で病欠を取ると医師の診断書が必要に

なりますが、1~2日の病欠は医師の診断書は不要。)

腹痛等適当な理由を挙げて休む人が多く、連休と

組合せる大胆な方も多々いらっしゃいます。

私も同じく大胆な道を歩もうかと考えた事はございますが

悲しいかな日本人の性でここ数年で目が腫れた際、

病院で診察を受ける為半日病欠を頂いたのみです。


さて、今週は先月スクンビット ソイ5にオープンした

グランド5 ホテル&プラザをご紹介致します。
 

BTSナナ駅で降り、BTSプルンチット駅方向に数分

歩けばスクンビット ソイ5に着きます。ソイ5の角には

マクドナルドがあるので直ぐに判ります。

そしてソイ5に入り直ぐ左側、マクドナルドの奥隣に

グランド5への入口がございます。

 
ソイ5のスクンビット通りを挟んで向かい側には

ランドマーク ホテルがございます。

ランドマークのカフェテラス。
 

ソイ5を入るこの様な景色です。

 


ソイ5を入りマクドナルドを過ぎるとグランド5の看板が

見えます。

グランド5の看板の下を入るとこの様な一種の

ショッピングサンターになっております。目

ホテルの受付は写真中央のエスカレータで上り、

直ぐ右にチェックインカウンターがございます。
 

エスカレータを降り、直ぐ右のチェックインカウンター。

チェックインカウンター前には扉は無く、ショッピング

センターの続きの様な感じです。

チェックインカウンターの前や奥はロビー周りで

多くのソファーが備わっております。



チェックインカウンターの直ぐ奥に無料インターネット

コーナーがございます。
 
ロビーからチェックインカウンターを撮影。

チェックインカウンター右に立っている若い女性は

当ホテルのセールスの方です。当ホテルのオーナー

はソイ6のグランド スクンビットと同じオーナーで

この女性セールスもグランド スクンビットと掛持ちです。
 
チェックインカウンターの左手前にエレベータが

ございます。女性セールスの方に早速お部屋を案内

頂きました。尚、当ホテルはプールやフィトネスは

ございません。
 
あし
 

こちらはデラックスのツインベッドのお部屋。

26平米ございます。窓際にはソファーが備わって

おります。
 
ツインベッドですが2台のベッドを合わせた状態です。
 
ベッド向かいの大型フラットテレビ。そしてワーキング

デスク。ワイファイ利用無料です。ワーキングデスクの

右はスーツケース置台になっています。

ベッド側からバスルームが透けて見える造りです。ラブラブ!
 
お部屋の入口傍のクロゼットの隣に上から飲み物

関係、そしてセーフティーボックス、そして一番下に

ミニ冷蔵庫が備わっております。


 
クロゼットにはバスローブとスリッパが用意されています。


バスルームの洗面台。その右側がシャワールーム。

バスタブはございません。

 
レインシャワーと腰掛が備わっております。

ベッド側からお部屋の入口方向を撮影。


次は同じデラックスでワンキングサイズベッドのお部屋。

同じく26平米でベッドが異なるだけでその他は

総て同じです。


ワンキングサイズベッドの方がツインベッドより気持ち

大きなサイズです。


チェックインカウンター手前に朝食も取れる

レストランがございます。レストランは広く

ブッフェラインも結構長く造られています。

ビルの中の一部がホテルになっているため

レストランには窓がございません。
 
こちらもレストランですが上の写真の部屋の

隣になっており、夜はバーの着座席に

なります。


如何でしたか? グランド5。

BTSナナ駅そしてナナプラザへも至近距離で

4星ですが廉価な部類のホテルになります。

JHCでは当ホテルとの契約を済ませましたので

来週から取扱いを始めます。


バンコク、タイ全土そしてタイ周辺諸国でのご宿泊は

JHCに是非お任せ下さい。豪華なホテルやサービス

アパートから廉価なものまで数多く用意し皆様の

ご用命をお待ちしております。

詳しくは下記JHCウェブサイトをご覧下さい。

http://www2.jhc.jp/resv/m/c_top01.php


                    JHCBKK/ドゥーンパイ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バンコクは時々夕立もあることから最高気温が32℃程度

の日々が続いております。そうなんです8月のバンコクは

日本の気温より低く日本より快適です。

この時期暑い日本を避けて是非バンコクに遊びに

いらっして下さい。ゴルフも早朝にプレーされると暑く

なる前に18ホール回り切れます。そんな訳で今週末も

早朝ゴルフに出掛けて来ます。ニコニコ


さて、今週は2010年に全館、全室改装を終え見違える

程良くなった、しかも料金据置きで懐に易しいラマダ

プラザ バンコク メナム リバーサイド ホテルを

ご紹介致します。私の感覚では当ホテルは4.5星

ですが料金は川沿いの5星ホテル(シャングリラ、

ロイヤル オーキッドシェラトン等)の半額程度で

川沿いのホテルで豪華でしかも低料金のホテルを

お探しのお客様にはぴったりで, コスト パーフォーマンス

の非常に高いホテルです。

私はBTSサパンタクシン駅で降り、サパンタクシン ピア

から当ホテルのシャトルボートでホテルへ向かいました。

赤い屋根の船が目印で、毎時05分と35分の2回ホテルへ

向け出発しております。ホテルまでの所要時間は7分程

です。
 

写真右の背の低い方のビルがペニンシュラ ホテル

です。

こちらが当ホテルの方向です。(下流方向)

背の高いビルの一番右は建築中のコンドミニアム。

そして残りの3棟はチャトリウム リバーサイド。
 
シーロム、サトーン側から川を越え、向こう側に

IBISがございます。空は嬉しい曇天です。
 

ホテルへ向う途中建設中のフォーシーズン

レジデンスを見掛けました。
 

いよいよ船がラマダ プラザ メナム リバーサード前に

着きました。大きなホテルでしょう。16階で525ルーム

ございます。目
 

こちらがホテルに掲示されているシャトルボートの

出発・到着時間。午前7時丁度から午後11時まで

ございますので外で夕食後にホテルへ戻る際にも

ご利用になれます。

こちらはシーロムやサトーンからタクシーで来られた

場合に到着するホテルの正面玄関側です。
 


 

ホテル正面玄関前の車寄せ。

こちらが正面玄関。

正面玄関側から撮影した景色。

近くのアジアンティック(タイ雑貨とレストラン)へ歩いて

行かれる場合もここを出て行きます。

アジアンティックへは徒歩10分以内です。

正面玄関から入り右が広大なロビー。

豪華な造りでしょう。 

当写真の左側に正面玄関がございます。

正面玄関から入り左奥に広いチェックインカウンターが

ございます。


早速、当ホテルのダイレクターセールスにお部屋や設備

を案内頂きました。ダイレクターセールスと私は古くから

の知り合いで、もう10年以上お付き合いしております。
 

エレベータを降り、お部屋に向う廊下。

こちらも豪華でしょう。

こちらはデラックスルームのキングサイズベッドの

お部屋です。34平米ございます。結構広く感じました。


 

どうですか?周りの5星ホテルの半額程度とは

思えないほど豪華な造りです。チョキ
 

窓際のテレビ観賞用椅子とテーブル。
 

窓からは全面にチャオプラヤ川が広がります。目

川の向こうはトンブリ地区です。
 

ベッド向かいのテレビ、そしてその右隣はワーキング

デスク。更に右は飲み物関係が備わっております。

テレビの左側にはミニバーが備わっております。

こちらはクロゼット内のセーフティーボックス。

クロゼット内のバスローブ。写っていませんが

スリッパも用意されています。

流行のベッドルームからバスルームが見えるセクシー

バスを取り入れております。ラブラブ!
  

洗面台。バスルーム内では無く、バスルームの外に

洗面台が備わっております。

こちらはアメニティー。
 
ドライヤーも洗面台の横に取り付けられています。

全室バスタブが備わっております。
 

バスタブからもベッドルームが良く見えます。
 

バスタブとは別に独立したシャワーブースが

ございます。
 



当ホテルは防火にも力をいれています。火災の際に

閉じる防火ドアが備わっております。チョキ

さて、次はデラックスルームのツインベッドのお部屋です。

造りはデラックスルームのワンキングベッドのお部屋と

全く同じですが、ベッドはクイーンサイズ2台になります。

そしてテレビ観賞用の椅子が一脚のみになります。

幅広いクイーンサイズベッドが2台ですので、ベッドから

落っこちる心配無くぐっすりお休み頂けます。

広いベッドでしょう。

次はクラブラウンジ。

非常にゆったりしたスペースです。

スナック類や飲み物が用意されています。

次は一階のスイミングプール。

タイルの濃いブルーがプールの水を際立てております。


キッズルームやフィットネスもございます。

こちらが朝食も取れる川に面したレストラン。

屋外席では喫煙出来ます。

すごく長いブッフェライン。私がお邪魔した夕方には

もうブッフェディナーの準備をしていました。



寿司コーナーもございます。
 
朝食もあれこれ選べ腹いっぱい食べられそうです。


如何でしたか?ラマダ プラザ バンコク メナム

リバーサイド。


当ホテルは同じ川沿いでも川を渡る手前にござい

ますのでシーロムやサイアムにお出掛けされる場合は

BTSにしろタクシーにしろより短時間で行けて便利です。

そして豪華な割には低料金ですので川沿いのホテル

は凄く高いと敬遠されていたお客様にも安心して

ご利用頂けます。


弊社では既に当ホテルを取扱っております。

詳しくは下記JHCウェブサイトをご覧下さい。

http://www2.jhc.jp/resv/h/h_inf02.php


バンコク、タイ全土そしてタイ周辺諸国でのご宿泊は

JHCに是非お任せ下さい。豪華なホテルやサービス

アパートから廉価なものまで数多く用意し皆様の

ご用命をお待ちしております。

詳しくは下記JHCウェブサイトをご覧下さい。

http://www2.jhc.jp/resv/m/c_top01.php

                    JHCBKK/ドゥーンパイ







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バンコクは今週も晴れと夕立を繰り返しております。

殆ど毎回申しておりますが晴れると本当に暑いですが

夕立後はちょっと蒸すものの涼しくなり過ごし易く

なります。私は曇り空でたまに雨の天気が過ごし易く

大汗も掻かないので一番好きです。


さて、今週は先週のお約束通りホアヒンの続きで

今回は私が宿泊したホテルのハイアット リージェンー

ホアヒンをご紹介致します。

ハイアットリージェンシー ホアヒンは2001年にオープン

し、2007年にリノベーションを行っております。最近の

モダンタイプとは異なりタイ様式の建物と広大な敷地を

有しております。しかもプライベートビーチが200メートル

以上も続き、ホアヒンでリゾートホテルとして有名に

なっております。場所はバンコクから来ると町の中心地

を越え、CICADA(シカダ)と呼ばれる若人向ナイト

バザールの隣の海側にございます。
 
こちらがハイアットリージェンシー ホアヒンの

正面玄関。ホアヒンへの到着が夜でしたので翌朝を

BANYAN GOLF CLUBに向う前に撮影致しました。

もうゴルフ場への迎えの車が来ていました。

どうです。タイ様式の建物。チョキ 四角いアメリカンタイプ

建物よりリゾート感が味わえるでしょう。

正面玄関から入ると左にチェックインカウンターが

ございます。建物は吹き抜けになっております。
 
写真の中のテレビ右横のデスクでもチェックイン

出来ます。こちらは正面玄関から入り右側になります。

チェックインカウンターを奥に進むと広大な庭園が見えて

来ます。目

正面玄関とチェックインカウンターは建物の二階に

当たり、1階はレストランになっております。朝食は

こちらになります。
 

1階に降り、庭園側からレストランとチェックイン

カウンターの在る建物を撮影。クラブラウンジは

別棟になり、当写真の左方向にございます。

噴水を真正面から撮影。このずっと奥に砂浜のビーチが

ございます。ホテルオープンから15年経っておりますので

木々も大きく育って落着いた庭園になっております。

こちらはプール。ぐるーと園内を巡っております。

こちらがプライベートビーチ。絵のような景色です。ラブラブ!

ご覧の通り遠浅の海で遠くにカオタキアプ(お寺)の

が見えます。カオタキアプは島では無く陸続きで

半島に近い小山です。

再び庭園とプール。リゾート感覚満点です。

子供用のプールもございます。

ビーチからチェックインカウンターの有る建物を

撮影。本当に広い敷地(庭園)です。

お部屋へのアプローチの廊下です。

吹き抜けで大雨の時は雨水が廊下まで入り込み

ますので床は煉瓦造りです。

こちらが私が泊ったお部屋のリージェンシークラブ

ルーム。38平米ございますが、バスルームを割りと

広く取っております。この38平米とは別にテラス

がございます。

テラスの一部。当ホテルの場合喫煙可能ルーム

でも部屋内の喫煙は不可でテラスでの喫煙になります。

ベッド側からお部屋の入口方向を撮影。

私の荷物や眠ったベッドが写ってしまうので

なかなか上手く撮れません。


洗面台も広いですが、やはり私のシェービング

クリーム等が写ってしまうので上手く取れません。

バスタブ。茶色い壁に見えるのはスクリーンで

このスクリーンを上げるとベッドルームが良く見えます。

バスタブとは別に独立した広いシャワーブースが

ございます。


とにかく忙しい日程でホテルでゆっくり過ごす時間が

全く無く、2日間BANYAN ゴルフでのHYATT GOLF

OPENに終始致しました。


如何でしたか?ハイアット リジェンシー ホアヒン。

お部屋の良さは良くお判り頂けなかったと存知ますが

ガーデンの素晴らしさはご理解頂けたかと存じます。

当に本格的リゾートホテルです。


JHCでは当ホテルを既に取扱っております。

詳しくは下記JHCウェブサイトをご覧下さい。

http://www2.jhc.jp/resv/h/h_inf02.php?jhcno=105331&checkin_date=&stay_days=1  


バンコク、タイ全土そしてタイ周辺諸国でのご宿泊は

JCHに是非お任せ下さい。豪華なホテルやサービス

アパートから廉価なものまで数多く容易し皆様の

ご用命をお待ちしております。

詳しくは下記JHCウェブサイトをご覧下さい。

http://www2.jhc.jp/resv/m/c_top01.php


                    JHCBKK/ドゥーンパイ

                


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は7月19日(火)が三宝節、そして20日(水)が入安居

仏教に関する日のお休みで、更には今年は政府閣議

決定で7月18日もお休みになり多くの方が先週の土曜日

から5連休を楽しまれたかと存じます。中には今週の木、

金も年休を取り9連休の方もいらっしゃいます。


このお休みの期間を利用してハイアット ホテル 

タイランドがホアヒンのバニアン ゴルフ クラブで

HYATT GOLF OPENを開催することになり、私もHYATT

とのお付き合い上参加して来ました。ホアヒンを訪れる

のは4年振りになります。


とは言え私は現在、車を持っていませんのでスワナ

プーム空港から乗り合いバスが出ていると聞及び

バスでホアヒンへ行って来ました。
 
こちらがスワナプーム空港1階の8番出入口。

当写真左方向にタクシー乗り場がございます。

8番入口から入ると直ぐ左側にパタヤ行きバスの

チケットカウンターそしてその左にホアヒン行きの

チケットカウンターがございます。
 
カウンターの後部に出発時間を表示したディスプレー

がございます。ホアヒンまでの料金はお一人269バーツ

で、ゴルフバック等大きな荷物は100バーツ追加に

なります。私は15:00時発に乗ろうとしたのですが、

満杯、更に16:30も駄目で結局18:00時発に乗り込み

ました。

カウンター近くの長椅子に腰を掛け待って居りますと

出発時間15分程前に係員が呼びに来て、8番出入口

奥の駐車場に止まっているバスに向います。自分の

荷物は自分で持って移動致します。写真中央のバスが

ホアヒン行きです。
 
こちらのバス社内の荷物用の棚は上下の幅が狭く

少し大きな荷物は棚に入れることが出来ずに

写真の通りバスのお腹に入れます。

バスの出発は18:00時でホアヒンのバスターミナルに

着いたらもう22:00時前でした。ホアヒンの町に入ると

4年前とは異なり新しいホテルが幾つも建っており

お洒落な保養地に変貌しておりました。

ハイソなタイ人がしばしば訪れるのも納得出来ます。


ホアヒンのバスターミナルはソイ96/1にございます。

バンコクから来ると市のセンターを通り越した先に

ございます。

ここからタクシーに乗りますが、タクシーと申しても

メーターは無く白タクです。料金はドライバーとの交渉

になります。ハイアット リージェンシーまでバンコク

ですと基本の35バーツ程度の距離ですが、150バーツ

と言われしぶしぶ利用致しました。普段なら交渉する

のですが夜も遅いので交渉は止めさっさとホテルへ

行くことに致しました。

宿泊のハイアット リージェンシー ホアヒンは次週

ご紹介致します。

さて、朝7時に起きてゆっくり朝食を取ってから

ゴルフ場の送迎バンにのりバニヤン ゴルフ クラブ

行きました。ゴルフ開始は12時で参加者が多いので

ショットガンスタイルになります。

上の写真は右の建物が車で来た場合のバッグドロップ

場所です。左の建物がクラブハウス、そしてレストランは

もっと左になります。

ロッカールーム内を撮影。左にシャワールーム、

写真中央にドライヤーや整髪料等が用意されて

います。写真通り豪華な造りです。
 
クラブハウスを通り抜けるとコース近くにレストランが

(写真右)がございます。食べ物は館内でエアコンが

効いていますが、テーブルは屋外でエアコンは

ございません。赤レンガの道の手前にもコースに

向う道がございます。

いよいよコースに向います。当写真の道を左に

行くとアウトの1番、右に行くとインの10番です。

こちらは18番のグリーン。
 

さてショットガンで私は14番からのスタートに

成りました。フェアウエーは広いのですが

ボールをセンターに運んでも右から左へと傾斜が

あるので左端のブッシュまで行ってしまいます。

私はここは上手く右に打ち、ボールはフェアウエー

センターで止まっていました。

同伴者は大阪からみえた旅行会社の社長、グランド

ハイアットのセールスディレクターの日系ハワイ人、

そしてハイアットリージェンシープーケットの偉いさん

のフランス人。このフランス人がタイ人の奥様が

いらっしゃるとの事でタイ語が上手く冗談ばかり

話して場を和やかにしていました。色々な国の

方達とのプレーは本当に愉快です。

14番のフェアウエー。写真中央にやや木に隠れて

いますが、オレンジ色の屋根がクラブハウス。

左が今回私に付いたキャディーさん。

左が大阪の旅行会社社長に付いたキャディーさん。

可愛いキャディーさんでなかったのでがっかり

致しましたが、グリーンでのライン読みは流石ベテラン

で的確でした。下ネタを交えながらゲラゲラ笑いながら

プレーすることが出来ました。尚、カートはGPSが

付いておりグリーンまでの距離が表示されます。
 

こちらが17番パー3。2日間ともバンカーに入れて

しまいました。ショック!


 
こちらのフェアウエーは左から右に傾斜。

左端も右端にもブッシュが待ち受けております。

ブッシュに入れるとボールが見つかりません。



こちらは15番のパー3、139ヤードのニアピンホールです。

私は1日目がグリーン左エッジ。2日目がグリー左奥で

ホールインワン賞のベンツには縁がございませんでした。しょぼん

2日続けてホールインワンは無くベンツは誰の手にも

渡りませんでした。昨年は2人ホールインワンがあった

そうで最初の方がベンツをゲットしたとの事です。

2日目の同伴者はシンガポール人、タイ人のお金持ち

そして1日目と同じ大阪の旅行会社社長の4名。

シンガポール人はやはり愉快な人で、長身ながら

ゆっくりスイングでロングドライブを放っており、

近くで見て勉強に成りました。
 



如何でしたか? バニヤン ゴルフクラブ。

手入れの行き届いた良いコースです。

平日はガラ空きとのことで、朝ゆっくり

ホテルで朝食を取り、8時半ごろからプレーし、

お昼過ぎにはホテルへ戻れます。

尚、ハイアット リージェンシー ホアヒンからゴルフ場は

車で20分程です。

そして午後はフアヒン市内中心地をぶらぶら。

何も急ぐ必要が無く一日が過ぎて行くのは

心が穏やかになります。


次回はハイアット リージェンシー ホアヒンを

ご紹介致します。


                    JHCBKK/ドゥーンパイ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。