鳩山由紀夫首相は18日、首相官邸で社会起業家を支援する米国の非営利組織「アショカ」のドレイトン代表と懇談。最近インドを訪れた同代表に、自らが施政方針演説で掲げたガンジー元首相の「7つの社会的大罪」について指南を仰いだが、同氏から「ガンジーは7つの大罪で、自らの行動を見てみなさいと言ったと思う」と諭され、思わぬ墓穴を掘った。

 「7つの大罪」には「労働なき富」が含まれており、「実母から巨額の資金援助を受けるなど、まさに首相の大罪そのもの」(自民党議員)と揶揄(やゆ)された鳩山首相。ドレイトン氏に「7つの大罪の含意をご指導いただくとありがたい」と助け舟を求めた。

 ドレイトン氏は「インドに行ってきたばかり。鳩山首相の演説が大変有名になっている」と紹介したが、「自省」の意味と説明したため、首相の狙いは空振りとなった。

【関連記事】
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及
理念強調の「鳩山節」政策論響かず
閣僚までもが失笑…首相の施政方針演説
【鳩山政権考】普通の感覚が無視された「変革」
鳩山氏「友愛」実現まではひと山ふた山も

たまゆら火災ずさん管理「避難路灯油タンク」(読売新聞)
三原じゅん子、参院選出馬へ…自民比例で擁立に向け調整(スポーツ報知)
<警察>相談情報を記録し集約管理へ ストーカーなど対応で(毎日新聞)
小沢氏、検審を牽制?「強制捜査で私だけ…」(産経新聞)
比例選候補、若返り進む自民…前回より約2歳(読売新聞)
AD