探偵が見た心の問題

教育・医療関係者以外の視点から見た心の問題の提言と分析&解決方法。


テーマ:

4日程前から風邪ひきさんだ。

 

今年の風邪は鼻から来る様だ。

まず鼻水が出て鼻詰り、それから喉が若干痛くて咳も少し出る。

 

そして微熱が続き、筋肉のだるさがある。

 

今日は随分と楽になったが痰が絡む。

 

風邪にはニンニク!と、4日前にスーパーに行きどれにしようか迷っていた。

4個入りは安いが余る。

デカイのは一片がデカイので使い難い。

それと匂いも気になる。

無臭ニンニクと言う物があったが、効きそうに無い様に思えた時、目に飛び込んで来たのは黒にんにく「愛ちゃん」だ。

 

1個480円。

高いが、何やらご利益がありそうに思える。

説明を読むと、そのまま食べられると書いてある。

 

ニンニクをそのまま食べるって? 辛くないのか、臭くないのか?

俄然興味が湧いてきた。

 

そこで一つ購入して食べてみた。

 

これはニンニクと言うより味噌だ。

しかも、あまりニンニクの匂いがしない。

そして何より美味い!

 

濃厚な甘味噌の塊を食べているような感覚。

一口で癖になってしまった。

 

これは味噌のようにしても使えそうだ。

鍋に入れても美味いだろう。

 

知らなかった、黒ニンニクがこんなに美味いとは。

 

効果の程は? 分からない。

しかし間も無く判明するだろう。

 

娘にも私の風邪が移ったみたいだ。

「移るから私の部屋に来るな」と言っていたのに、「移ったら移った時」とか言って話し込んでいたので移ったみたいだ。

 

今朝、娘が「へへ、移った」と言って鼻をすすりながら嬉しそうに言いに来た。

何を考えてるんだ家の娘は・・・

この感覚は良く分からん。

娘に黒ニンニクを勧めたら、ニンニクは臭いから嫌と言って食べようとしない。

 

なので、使用者と未使用者の違いが分かると思う。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日ラジオで知ったのだが、医療保護入院させられていたASKAが転院した理由に耳を疑った。

 

医療保護入院になれば、良くなるか家族の同意なくして出る事はできないはず。

それなのに東京の病院から九州の病院へ転院していたのが不思議だった。

 

しかしそのラジオの話を聞いて、再犯の理由から病院から出ているのに被害妄想を続ける理由も全て納得した。

 

報道によると、妻子は盗聴や盗撮を訴えるASKAを薬物による後遺症の疑いと見て医師に相談し医療保護入院させたのだが、保護入院させられたASKAが実家に監禁されていると助けを求め、父と妹が弁護士を通じて退院させたと言う事らしい。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/01/kiji/K20161201013823690.html

 

なるほど、最悪のパターンがそこに有った訳だ。

 

妻子からすると、盗聴とか盗撮とかを口にし、言動がおかしくなれば薬物の後遺症を疑うのは当然の事だ。

そして治療と言う事になるのだが、問題は本人の同意を得ているかどうかだ。

 

本人の同意を得ずに医療保護入院させられれば、家族の裏切りとか監禁という思いがこみ上げてくる。

同意を得ていたとしても、本人に治そうとする意思が無ければ同じ思いが込み上げて来る。

 

医療保護入院を続けて良くなれば、そこで家族の思いが伝わるのだが、実家の家族が弁護士を通じて出してしまった。

 

良くもならずに妻子に不信感を抱いたまま出ている事になる。

これは最悪だ。

 

恐らくASKANお家族はASKAの為を思い、断腸の思いで医療保護入院させたのだと思うが、実家の家族がそれを台無しにしてしまった。

 

その実家にASKAが薬物に手を出してしまった原点があるのかもしれない。

その原点が共依存。

 

そして、仕方が無い様に思える医療保護入院させた妻子にも、コントロール型の共依存があったのかも知れない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

AR盗撮という言葉からASKAの状態がある程度分かる。

 

ASKAはスマホにAR盗撮のアプリを入れられていたと言っていた。

つまり、スマホで監視されていると思っていた訳だ。

 

ASKA曰く、ズームで200倍まで・・・

 

この感覚は、「される側」の感覚ではなく「する側」の感覚だ。

どんな高度な技術を使おうとも、基本的な事は変わらない。

 

盗撮するにはカメラが必要であり、そのカメラは本人に向けられなければ写らない。

 

自分で持っているスマホのカメラでは200Mのズームなど必要ない。

しかも、歩きスマホしていなければ、スマホは鞄の中かポケットの中で、何も写らない。

 

そうした事からASKAの今の感覚が見えて来る。

つまり、自分の持っているカメラで、自分をズームで写す感覚。

それは他人目線と自分目線の混同を意味している。

 

つまり、自他境界が曖昧になっている事を示している。

そもそもAR技術とは拡張現実であり、ポケモンGOにも搭載されており、カメラで写した現実の風景にバーチャルの映像を合成する技術だ。

それは、現実の中に妄想が見えている事も示している。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。