茨城県坂東市の忍田博史さん(58)宅の庭に、子ギツネたちが現れ、じゃれ合う姿を見せている。空き家になっている忍田さん方別棟の床下に、親子で暮らしているようだ。

 忍田さんによると1月に巣を作ったらしいが、親は隠密行動で今も姿を見せない。3匹の子ギツネだけが今月8日から、背中に乗り合うなどして遊び始め、忍田さんは「無邪気でかわいい」と目を細める。

 同じ床下には4年前もキツネがすんだことがある。県自然博物館によると、キツネは警戒心が強く人里で子育てするのは珍しいという。【宮本寛治】

【関連ニュース】
<かわいい動物なら>毎日動物園
<アナクロですが>キツネはいないけど 猫もお伊勢参りの巻
つがわ狐の嫁入り行列:幻想絵巻、狐の嫁入り
<動物の写真特集>遠い春 厳冬の地から~力強く美しい野生動物の姿

「気持ちや要望伺いたい」長妻厚労相、今夜B型肝炎原告団と面会へ(産経新聞)
Wiiの海賊版ソフトを販売 本体も海賊版仕様に改造(産経新聞)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)
西宮市議補選で開票トラブル、疑問票を二重入力(産経新聞)
AD