昨年8月の兵庫県佐用町の豪雨災害のため亡くなった小学1年の井上唯人君=当時(7)=と、行方不明になっている小学4年の小林文太君(10)が通っていた町立幕山(まくやま)小学校で24日、修了式があった。

 式で矢野博之校長は「豪雨で大変な被害を受け、悲しい体験をした。いろんな人が元気付けるために来てくれたことを忘れないでほしい」と振り返り、唯人君を追悼するとともに、文太君の発見を願った。

 唯人君は家族と避難中に濁流にのまれたとみられ、死亡が確認された。同校では同級生の思いをくみ、唯人君の机を残して授業を続けてきた。

 文太君は母親の佐登美さん=当時(40)=と姉の彩乃さん=同(16)=らと避難中に流された。豪雨から7カ月経過した今も発見されておらず、祖父の武さん(68)ら家族は懸命に捜索活動を続けている。文太君の家族には4年の修了証が渡され4月には5年へ進級する。

 武さんは「(進級を)母親の仏壇に供えて報告したい。まだ捜索したい場所がある」と話している。

【関連記事】
台風9号豪雨犠牲の2生徒に卒業証書 兵庫・佐用町
兵庫・佐用町の学校に残る犠牲者の机 「一緒に進級、卒業を…」
兵庫・佐用町、台風被害から半年 癒えぬ甚大な被害の傷
癒えぬ悲しみ、豪雨被害で慰霊祭 兵庫・佐用町
60世帯、仮設で年越し 豪雨の傷癒えぬ兵庫・佐用町

阿久悠さん 顕彰モニュメントの鐘 兵庫県洲本市に完成(毎日新聞)
52歳小学教諭が卒業式練習で暴言「6年生は粗大ゴミ」(スポーツ報知)
北朝鮮へ化粧品など不正輸出 経営者ら有罪(産経新聞)
国税局、監視委と反対の判断…ビックカメラ決算(読売新聞)
<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
AD