平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設先の選定に向け、3月中にまとめる政府案が複数になる可能性を示すとともに、米側との交渉の過程で微修正もあり得るとの認識を示した。
 政府は同県名護市などにあるキャンプ・シュワブ陸上部への移設案を軸に検討を進めている。鳩山由紀夫首相は4日、政府案を3月中にまとめた上で、米国や地元沖縄と並行して協議に入る意向を示した。
 これについて、平野長官は「3月末までに政府案になり得るベースは作っておかなくてはならない」と述べ、あくまで交渉のたたき台との認識を示した。その上で、政府・与党検討委員会の委員長として、社民、国民新両党から独自案の提示を早期に受け、とりまとめを急ぐ考えを表明した。
 政府案が複数になる可能性については「与党案を見ないと一概には言えない」と、否定しなかった。また、米側や沖縄県などとの協議に関し、「相手があることなので(政府案が)多少変更することはある」と語った。 

【関連ニュース】
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談
中小企業対策、万全期す=鳩山首相
「トラスト・ミー」で探り合い=普天間めぐり米大使と平野官房長官
福島氏、普天間移設は3党で協議を=亀井氏はシュワブ陸上案主張
普天間「日本の結論待つ」=米

<北教組事件>小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
迫るトラック、友人が背中を押し 「自分を救ってくれたと思う」(産経新聞)
火星でもハチ飛べる! JAXAなど実験 宇宙農業、授粉役に期待(産経新聞)
皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞)
空自の官製談合、幕僚長「悪意ないと思う」(読売新聞)
AD