仕事のストレスが原因でうつ病などの精神疾患になったとして、2009年度に労災認定された人は234人に上ることが14日、厚生労働省のまとめで分かった。このうち、自殺の認定は63人。前年度より3人減ったが、同省は「精神障害で病院にかかる人が増えたこともあり、依然として高い水準」としている。
 集計によると、精神疾患の労災申請は前年度比209人増の1136人。初めて1000人を突破、過去最多を記録した。遺族の申請は9人増にとどまり、本人申請の増加が押し上げた形だ。
 認定されたのは同35人減の234人で、これまでで3番目に多い。年代別は、30代(75人)、40代(57人)、20代(55人)の順で、これらの年代で全体の約80%を占めた。職種別では「商品販売従事者」が最も多かった。 

嘱託殺人 「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)
介護疲れで無理心中=84歳の母死亡、長男逮捕―兵庫・加古川(時事通信)
28歳女性の顔殴り路上強盗 大阪・西成(産経新聞)
会期延長、決着に期待=首相(時事通信)
【南ア発】感じたままの魅力伝えたい(産経新聞)
AD