日産自動車は6日、アクセルペダルの動きを伝える部品に不具合があったとして、乗用車「セフィーロ」など5車種計2万5024台(98年8月~02年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けた。

 製造時に油が付着したため部品が劣化し、最悪の場合、ペダルから足を離してもエンジン回転数が下がらない恐れがある。ブレーキ優先システムを装備しており、ブレーキを踏めば停止できるという。今年2月、福岡県で、止まりきれずに信号待ちの車に追突する事故があった。

【関連ニュース】
ダイハツ:「タント」「ムーヴラテ」などをリコール
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
三菱自動車:欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ
スズキ:軽乗用車「ツイン」をリコール 1万106台対象
ダイハツ:「ハイゼット」など3車種27万台をリコール

<スペースシャトル>山崎直子さん、物資移送責任者の重責(毎日新聞)
受動喫煙防止条例 神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<トキ>襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で(毎日新聞)
<サントリー音楽賞>09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)
AD