気象庁は15日、群馬・長野県境の浅間山(標高2568メートル)の噴火警戒レベルを、火口周辺への立ち入りを規制する2から、平常の1に引き下げたと発表した。対象市町村は、群馬県嬬恋村と長野県の小諸市、御代田町、軽井沢町。
 浅間山は昨年5月27日以降、噴火しておらず、地殻変動や噴煙量、火山ガス放出量も、2008年8月の小規模噴火以前の状態に戻りつつあるという。 

人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)
ソフトバンクがビクター買収へ(産経新聞)
女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕-福岡県警(時事通信)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
サクラエビ 初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)
AD