沖縄県の仲井真弘多知事は16日午前、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題の5月末までの決着を明言していることについて、都内で記者団に「ネバーギブアップの精神でやっていることは、それなりに評価すべきだ。(期限まで)まだ1カ月以上あるので、公約の実現に向けて頑張ってほしい」と語った。 

【関連ニュース】
鳩山首相、成算なく確約=「5月決着」ぼかす動きも-普天間
志位氏「普天間移設、行き詰まった」
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

USB接続のサブディスプレイに新しい風が! iPhoneみたいな「FingerVU 436」(動画)
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)
AD