ダイハツは31日、軽自動車「タント」「ムーヴラテ」2車種計11万4358台(07年2月~08年12月製造)と、インドネシアの子会社が製造、OEM(相手先ブランドによる受託生産)提供するトヨタの小型トラック「タウンエース」「ライトエース」2車種計1万1131台(08年2~12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けた。軽自動車の2車種は、ハンドルと車軸を結ぶボルトの締め付けが不足し、正常にハンドル操作ができなくなる恐れがある。OEMの2車種は、オイルが漏れ、走行不能になるなどの恐れがある。

【関連ニュース】
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
三菱自動車:欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ
スズキ:軽乗用車「ツイン」をリコール 1万106台対象
ダイハツ:「ハイゼット」など3車種27万台をリコール
新車販売:2月もプリウス首位 車名別ランキング

学力テストの入札手続きを検証、文科相が意向(読売新聞)
店の棚から消えた「排卵日検査薬」 メーカーに問い合わせ殺到(J-CASTニュース)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で-厚労省(時事通信)
振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁(産経新聞)
満額支給のめど立たず=「2万6000円」根拠あいまい-子ども手当(時事通信)
AD