水の事故ゼロを目指す官民一体の組織「ウオーターセイフティ ニッポン(WSN)」が24日、設立された。日本財団や海洋政策研究財団、ブルーシー・アンド・グリーンランド財団など7団体が発起人となり、ニュージーランドで先進的な取り組みを続ける「ウオーターセイフティ ニュージーランド(WSNZ)」も支援する。

 WSNは、官庁や警察・消防、教育機関などに参加を呼びかけ、水難事故の調査・分析や、学校での安全教育などの運動を展開。平成20年度に約830人だった水死者を25年度には3割減の580人以下に、30年度には半減させるとの目標を掲げている。

 日本財団の笹川陽平会長は「危険という理由で、子供が水辺から離れている。正しい知識を持ち、水に親しんでほしい」と語った。

 また、WSNZのアラン・ミューラー専務理事は「WSNZの活動などで、ニュージーランドの年間水死者が20年間で半減した。ノウハウを提供したい」と話し、シドニー五輪の水泳でメダルを獲得した中村真衣さんや、タレントでマラソンランナーの谷川真理さんも活動を応援した。

【関連記事】
水難事故ゼロへノウハウ学ぶ B&G財団がNZ団体と業務提携
「漂着物に触らないで」 海水浴で国交省が呼びかけ
連休最終日、水の事故相次ぐ 千葉で1人死亡、新潟で1人不明
兵庫・佐用町、台風被害から半年 癒えぬ甚大な被害の傷
「警報」「注意報」市町村単位で発表へ 気象庁、5月から
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<治安改善支援>紛争後に警察OB派遣 まずスリランカ(毎日新聞)
毒ギョーザ容疑者逮捕、被害者「徹底解明を」(読売新聞)
<囲碁>ジュニア本因坊戦開幕(毎日新聞)
あくまで国外、社民・福島氏「全力」(産経新聞)
門前払い避けた米政府 「継続使用」伝達のタイミング計る 普天間移設問題(産経新聞)
AD