書店員や記者らが最も優れた漫画を選ぶ「マンガ大賞2010」(同賞実行委員会主催)が17日、ヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」に決まった。古代ローマの設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップする物語で、「月刊コミックビーム」(エンターブレイン)に連載中。昨年11月に刊行された第1巻は、30万部を記録している。

 ヤマザキさんはポルトガル在住。「欧州暮らしで、お風呂への渇望があった。それを漫画にしたのが本作」と喜びを語った。

【関連ニュース】
マンガ大賞:「テルマエ・ロマエ」が大賞 古代ローマと現代日本の風呂がつながる
マンガ大賞:10作品ノミネート “マンガ家もの”「バクマン。」「アオイホノオ」など
マンガ大賞:10作品ノミネート “マンガ家もの”「バクマン。」「アオイホノオ」など

可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン-実験用マウスで発見・理研(時事通信)
<殺人容疑>「介護に疲れ」69歳妻を絞殺 三重(毎日新聞)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か-北九州(時事通信)
10人犠牲の老人施設「たまゆら」火災から1年(産経新聞)
AD