寝台特急「北陸」のラストランが迫る中、JR東日本は新たに投入する電気機関車「EF510形」を報道公開した。今年10月までに15両が投入し、「北斗星」や「カシオペア」の牽引に充てられる。報道公開では「北陸」を含めた上野発寝台特急のヘッドマークを付けた現役機関車が勢ぞろいし、仲間のデビューに花を添えた。

  [フォト]初公開のカシオペア塗装機

 EF510形はJR貨物が開発した車両。同社富山機関区の配属で運行線区は東海道線、湖西線、北陸線、奥羽線など。「レッドサンダー」の愛称がある。現在、「北斗星」や「カシオペア」を牽引するEF81形と比べて馬力があるうえ、保守に手間がかからず故障にも強いVVVF(可変電圧・可変周波数)インバータ制御を採用している。

 客車や貨車を牽引する機関車を旅客会社が新たに導入するのは極めて異例。JR旅客各社は昭和62年の国鉄民営化で継承した機関車を運用するだけだった。JR東海は既に機関士の養成を行っていない。その中で、JR東は故障したEF81形が立ち往生したことで輸送障害が相次いだことから新型車の導入に踏み切った。

 EF510形は1両当たり約4億円。この力の入れようなら寝台特急の廃止が相次ぐ中でも、「カシオペア」と「北斗星」の“立場”は当分は安泰。それぞれ外装はEF81形を踏襲し「流れ星」が描かれたり、カラフルなカラーリングが施される。

【関連記事】
新旧機関車5台が勢ぞろい 田端運転所で公開 JR東日本
ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近
鉄をつかめ! JR九州がブルトレ復活に車両基地ツアー、車内音楽CDも
観光特急「海・山幸」 女性好みの可愛い列車
団塊世代“鉄旅”へ走る 3割増、寝台列車貸切ツアーも登場
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<内閣府参与>湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として(毎日新聞)
中2男子首つり自殺、学校調査で「いじめ」証言(読売新聞)
パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)
老舗キャバレー「ロンドン」摘発 店内で売春容疑(産経新聞)
AD