古いジャズのスタンダード

「Alone Tigether」~1932年の作品~

で、ジャズドラムを実際に叩く

手順を追っていきましょう。

f:id:jazzdrumclub:20161105182647j:plain

名門ブランド・Gretchのセットです。

.....素敵!....

 

叩く側からみるとこういう感じです。

f:id:jazzdrumclub:20161105185132p:plain

右手で叩くのがライドシンバルとハイハット

左手はスネアドラムを叩きます。

そして右足がバスドラムをペダルを踏んで

鳴らせる。

 

左足はハイハットのペダルを踏んで

上下2枚のシンバルを打ち合わせることもできるし

踏んだまま、2枚を閉じて重ね合わせた状態で

右手で叩くこともあります。

 

f:id:jazzdrumclub:20161105185804p:plain

こういう感じです。

 

さて

ドラムはスティックを持って叩くのですが

その前に

 

右手・右足・左手・左足だけで

動きを把握した方が

良いです。

 

基本は

 

右手がトップシンバル・ハイハットで基本拍を刻み

左足で2拍・4拍を踏んで

「アップビート」を作り出して

推進力を生み出す。

 

左手と右足は

一緒に演奏しているベースやピアノ

サックスやトランペットなどの管楽器と

 

「お話をする」

というイメージを

もちましょう。

 

最も最初にやるのはここからです。

▼聴いてください!

AloneTogether~Jazzdrumclub ver byN.Yamanuki

 

右側の方に右手で叩くシンバルの音

左側から左足で踏むハイハットの音が聞こえてきます。

 

ベースはイントロ以降は4分音符で弾いていますので

右手はベースを聴いて合わせるように右膝を叩いてください。

これがライドシンバルを叩く動きです。

 

左足は踵を床につけてつま先を

1拍目で上げて2拍目で下す。

これがハイハットシンバルスタンドのペダルを踏む

動きです。

f:id:jazzdrumclub:20161105210914j:plain

 

下の譜面をガイドにして、音に合わせて右手と左足を動かしてみてください。

f:id:jazzdrumclub:20161105211034p:plain

 

右手のタイミングに左足を

合わせて上げてください。

 

よく、両手両足がバラバラに動くドラムはむつかしい!

と聞きますが、

そんなことはありません。

 

「一緒に動く」~Bのように

「交互に動く」~Aのように

そう、歩いているように、です。

 

しかないのです。

 

まずはここから、

音に合わせて

ドラムを叩いているイメージで

右手と左足を動かしてみましょう。

f:id:jazzdrumclub:20161105212507p:plain

 

 

f:id:jazzdrumclub:20161023122156p:plain

 

◆Jazzdrumclub HP

AD