やさしい時間の記録II

お茶の水で電車を降りた・・・少し時間があったので町を散策してみようと

歩き出したら、まあるい屋根が見えた、いつも何処かで見ているような

懐かしさを感じて、屋根を目当てに側まで行ってみた・・・

「入っても平気かな~」入口には誰もいなくてあいていたから

入ってみた、イエスキリストが誕生された日の3日前のある日・・・

賛美歌が聞こえていた、聖夜の日の練習だろうか・・・

導かれるように奥まで入ってみた赤い燭台に蝋燭の火が

あたたかく迎えてくれた、まるでイエスキリストが手を広げて

迎えてくれているみたい・・・

もちろんわたしは、キリスト教徒ではない・・・

だけど、そんな風に感じた・・・


やさしい時間の記録II

ニコライ堂の中に入っても、聖堂の中は写真は撮れないから

外回りだけを撮らせていただいた・・・

清らかで、美しい建物だった・・・

「三日後のお誕生日、心からお祝い申し上げます、ありがとうございました」

心からそう思った・・・。


AD


あこがれのような感情があるように思います・・・

気高く、清く、たおやかにそびえている富士山は

遠くから見ると、えも言えぬ美しさだと思うのだけど・・・

世界遺産なれなかったのは、本当にさみしい・・・

本当にさみしい・・・

本当にさみしい。。。

富士山だけじゃなくて、どこであっても自分のゴミはすてないで欲しい・・・

少なくてもそれだけは出来る日本人であって欲しい・・・

この遠くから見た富士山を見ていて

そう思いました。

AD


葛飾柴又・・・山本亭

湯殿の淡い光がいにしえの時へと心を誘う・・・

こんな光の中でお風呂に入りたい・・・

かっこ~ん・・・

木桶の音が

聞こえた気がした・・・



美しい木漏れ日が差し込む

応接間・・・

薫り高いイングリッシュティーで

お茶しませんか?



(画像をクリックしてくださいちいさなピアニストが・・・)

いにしえの時を刻む時計が

ピアノの音を醸し出したとき

耳を疑った・・・

陶器のちいさなピアニストが

弾いているのだった・・・

あ・こ・が・れ・・・
●。。。・・・▼
    ●   ●・・・。。。
▼・・・◇・・・●
日々が大切











大橋 歩

日々が大切

●。。。・・・▼
    ●   ●・・・。。。
▼・・・◇・・・●

大橋歩さんに、ずーっとあこがれています。

生き方も、おしゃれも、もちろんイラストが好き

何気なさそうで、誰にも書けない

すばらしい、イラストだと思います。

そして、力強い文章も結構、好きです。

年を取ったからと言って、流行に無関心で

いろいろなことに、鈍感になるのは

まっぴらです・・・。

いつも新しい感性で、生きていきたいと思います。

だから、お手本・あこがれです。