タカラヅカ

テーマ:

見上です。

ちょっとご紹介したいことがあって、またまた登場させて頂きました。

他のスタッフの記事を心待ちにしていらっしゃる方、スミマセン。

m(_ _)m

 

一昨年、2014年は宝塚歌劇の100週年で様々な行事がありました。

 

そして今年2月にもこんな催しがあって、ちょっと話題になりました。

この記事をご覧下さい。

↓↓↓↓

元タカラジェンヌと夢の一夜 宝塚ホテルで舞踏会

 

…えっ、この人…

マンガやアニメが好きなだけでなく、

ひょっとして隠れヅカファン??

 

いえいえ、別にそういう訳じゃありません。

改めて記事の中の写真を拡大します。

 

 

この写真の中央に写っている男装の麗人は

元タカラジェンヌの夏峰千(なつみねせん)さん。

当社相互扶助会員のお一人です。

 

こうしてお元気に踊っていらっしゃいますが、実はかつて子宮頸がんで生死の境をさまよった方です。

 

がんが見つかったのは、2008年1月。

でも当時は自分の仕事再優先。

決まっていた舞台があったため、治療をせず仕事を続けていたところ、6月のある日、外出中に倒れ救急車で運ばれてそのまま入院。

 

ここから過酷な闘病生活が始まりました。

抗がん剤と放射線治療の副作用で激しい吐き気に襲われ、何も食べられない。夜は夢にうなされ、苦しさに毎日泣いたそうです。

「窓の外を歩いている人が、別世界の人に思えた。健康で普通に生活できることが、どんなに素晴らしいか分かった。」と、今でも当時を振り返って語られます。

 

そんな時に出会ったのが『希望の命水』

薬剤師をしていらっしゃるお母様がすでにお飲みだったのですが、夏峰さんご自身は正直「そんなもの!」としか思っていなかったとか。

それでも見るに見かねたお母様から半ば強引に?飲まされたそうです。

 

中略

 

そして、それ以来今日まで彼女は日々欠かすことなく飲み続けて、元気に活動していらっしゃいます。

 

…スミマセン肝心な所、省略して。

あまりオープンな場所で具体的な体験談を書けないもので…

 

でも発症から8年。

検査をしても再発の兆候はまったく見られません。

 

実は当時ご一緒に入院されていた方、特に再発予防のため抗がん剤治療を続けた方々は全員お亡くなりとの事…

 

また夏峰さんは放射線の怖さについても語られました。

「放射線治療は最初のうちは痛くも痒くもないんです。あ~、これなら楽だと思いました。ところが照射を重ねるうちに、ある日突然ものの味がわからなくなり、何を食べても砂を噛んでいるよう…そして猛烈なだるさが襲ってきて何もできなくなります。しかも照射していた部分の皮膚が突然ケロイド状になりました。」と。

 

放射能には「しきい値」というものがあって、それを超えると急激に害をなす。と言う事がよくわかります。

 

そのため定期的な検査は、ガンの再発が無いかの確認はもちろんですが、放射能の後遺症が無いかを確認するためでもあるそうです。

 

その夏峰さん、宝塚を退団後はフリーで歌や踊りの活動をするとともに、医療や介護のお仕事にも関わって来られました。

患者として、スタッフとして、両方の目で医療の現場を見てきた方でもいらっしゃるわけです。

 

※大阪でセミナーが有るときは極力駆けつけて下さいますので、関西方面の方で夏峰さんの体験談や医療現場のお話にご興味がお有りでしたらぜひご参加のほどを!

 

さてセミナーではありませんが、今回こんな催しがあるそうです。

 

 

この公演で、夏峰さんは出演はもちろんですが、全員の振り付け全てを担当するそうです。

 

ちょっと文字が小さいので改めて

 

2016年6月9日(木)

昼の部 13時半開場 14時開演

夜の部 17時半開場 18時開演

場所…フレンテホール(JR西宮駅前)

全席指定

【前売り】

一般

3,000円

障がいのある方・シニア(65歳以上)・ユース(25歳以下)

2,700円

 

【当日】

上記+500円

 

お申し込み、お問い合わせ

西宮市フレンテホール 西宮市池田町11-1

TEL:0798-32-8660

(公財)西宮市文化振興財団

TEL:0798-33-3111

 

現在、昼の部はあとわずか、夜の部はまだ少し余裕があるとの事。

関西方面でご興味のある方、よろしければぜひ!!

前売りの方がお得です。

 

希望の命水を飲んで健康を維持し、元気に活動していらっしゃる…

私たちが一番喜びを感じる事です。

今回はそんなお一人のご紹介と応援でした。

 

こんな写真も

やっぱり華麗ですね~

後列向かって左から6番目が夏峰さん