自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反罪に問われた大阪府立福井高校の元教頭、小島靖司被告(49)=大阪市東成区、懲戒免職=の初公判が11日、奈良地裁(畑口泰成裁判官)で開かれた。小島被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は懲役6月を求刑。弁護側は寛大な刑を求め、即日結審した。判決は18日。

 検察側は冒頭陳述で、小島被告が平成18年以降、「大麻の吸引を70~80回、繰り返していた」と常習性を指摘。小島被告は被告人質問で「大麻を学校に持っていった」と認めた。

 この後、検察側は論告で「生徒を教える立場であったのに、規範意識の鈍磨が著しい。中高生への薬物蔓延(まんえん)が社会問題となるなか、厳しく処罰されるべき」と指摘。一方、弁護側は「真摯(しんし)に反省している」として情状酌量を求めた。

【関連記事】
大麻栽培、またベトナム人逮捕 民家で173株「知人に誘われ」
バレー元日本代表ら逮捕 覚せい剤密売容疑で16人
畑で大麻草150本栽培 営利目的所持容疑で男逮捕
“進化”する大麻の栽培技術 広がる「自己完結型」
米セクシー俳優、チェイス・クロフォードが大麻所持で逮捕
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

最高裁長官 裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
菅内閣支持64%、「脱小沢」評価…読売調査(読売新聞)
菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)
<火災>君津の住宅全焼 遺体は10代姉妹(毎日新聞)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
AD