金町消防署は21日、葛飾区内のアパートで、子供が使い捨てライターで火遊びをしたことが原因で火災があったと発表した。この部屋は住宅用火災警報器が設置されており、ぼやで消し止められたという。

 金町消防署によると、20日午後11時ごろ、葛飾区南水元のアパート2階で30代の母親が就寝中、火災警報器が作動。母親が居間に行くと、車のおもちゃが焼けていた。母親はバケツで水をかけ、ぼやで消し止めた。けが人はなかった。就学前の長男が使い捨てライターで火遊びし、おもちゃに燃え移ったという。

 1日から一般家庭でも住宅用火災警報器の設置が都条例で義務づけられ、女性方でも3月に設置したばかりだった。金町消防署によると、警報器がなければ大きな被害になった可能性もあったという。

【関連記事】
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
幼児事故多発で100円ライター消えるかも?
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡

4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記-自民公約原案(時事通信)
政治主導確立法案 野党の追及の的に(産経新聞)
足止め外国客にハンバーガー=無料シャワー券も配布-成田空港会社(時事通信)
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相(産経新聞)
<キトラ古墳>壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
AD