政府・民主党は9日、民主党が同党の各都道府県連に国会審議前に通知したとして問題化している10年度予算案の公共工事の実施場所(個所付け)をめぐる資料の一部について、10日にも衆院予算委員会理事会に提出する方針を決めた。

 個所付けは自公政権当時は予算成立後に公表していたが、今回、民主党が予算審議前に通知したため、野党側が「与党だけに情報を流し、利益誘導に使っている」と批判し、資料提出を求めていた。

 政府側は資料提出に消極的だったが、野党側が提出を今後の予算審議に応じる条件としたため、元の資料にあった地元からの要望などを伏せ、幅のある「内示額」のみを示すことで、提出に応じる姿勢に転じた。

 一方、衆院予算委員会は9日の理事会で、12日に「鳩山内閣の政治姿勢」をテーマに集中審議を行うことで大筋合意した。【近藤大介】

【関連ニュース】
衆院予算委:内閣の政治姿勢、12日に集中審議
民主:田村氏入党を正式決定
衆院予算委:鳩山首相「小沢氏は説明尽くすこと大事」
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で
石川議員:決断迫られる首相 民主は処分に消極的

国内後発品大手3社は大幅な増収増益(医療介護CBニュース)
国有無人島1億1万円で落札=初の競売、法人が新オーナーに-広島・呉(時事通信)
次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事-公務員法改正案(時事通信)
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請(産経新聞)
<宇高航路>3月廃止 100年の歴史に幕(毎日新聞)
AD