山本安男 ~超速日誌~

音楽や日々の考え、体験などを綴ってゆければと思っております。


テーマ:
本日は、個人レッスンで生徒さんのペダルボードを一緒に組み上げました!

というわけでさっそく完成版をご覧ください♪




気軽に持ち運びやすく、また生徒さんがよく使用する必要最低限のペダルを配した小型ペダルボードを目指して、その組み込み方法や便利なアイディアなどをレッスンしながら一緒に組み上げてみました!

使用した機材は

ARMOR PS-3C (ボード)
One Control Chamaeleo Tail Loop MKⅡ (スイッチャー)
OVALTONE Prime Gear (バッファー&ジャンクションボックス)
T.C.Electronic Polytune 2 (チューナー)
SCHECTER Dragon Driver (ディストーション)
SCHECTER Hell Booster (ブースター)
ZOOM MS-70CDR (マルチエフェクター)
AKAI Analog Delay (アナログディレイ)
FREE THE TONE Solderless Cable (パッチケーブル)


といった感じ。

ボードの外寸は横478mm、縦276mm、高さ122mmと非常にコンパクト!持ち運びはかなり楽チンでしょう。サウンドも非常に音楽的な奥行きや艶があり、しっかりとした芯がありながらも硬すぎず、弾きやすく聞きやすいものに仕上がりました。

音色自体は各ペダルの持つサウンドが支配することになりますが、やはりバッファーであるPrime Gearや、各端子・プラグ等に塗布してあるCAJの魔法の接点クリーナーCleansable、組み込み時にグラウンドループ(ノイズを呼び込む原因のひとつである輪っか)を最少面積に抑えるなどの効果が、各ペダルの実力を最高の状態に持って行けているのでしょう。

生徒さんも大満足! 


以下、その様子を少しだけ写真と共に追ってみましょう。



まずは大まかなレイアウトの確認のため、ボードに各ペダルを置いてみます。
この時、ボードからペダルがはみ出さないか、ペダルに挿してあるプラグ同士が接触しないかどうかをチェックし、蓋がしまるかどうかも確認します。




組み込みに入る前に、考え得る全てのプラグ、端子にクレンザブルを塗布し、洗浄&保護。これをやるかやらないかで、完成後のサウンドクオリティが雲泥の差になります。絶対にやるべき。


麺棒がはいらないDCケーブルなどの細い穴には、歯間ブラシを使用。





各ペダル裏とボード表面に貼るマジックテープを適切な長さに切っています。生徒さんのハサミさばきが高速ですね!ギターレッスンの効果なのか・・??




マジックテープをペダル裏に貼って・・・


ボード側にもマジックテープを張り、ペダルを設置。あとからケーブルを挿しこんだりレイアウトを微調整したりするため、ここでは軽く置いておく程度。



マジックテープを全て貼り終えました。お次は配線作業に入ります。



配線は計画性を要する作業で、この先どこにどのように配線されるかを先読みしながら、現在取り扱っているパッチケーブルやDCケーブルを接続していきます。またプラグ同士やプラグとペダル本体が接触しないよう注意が必要です。写真は接触しているように見えて、実はしっかり隙間をつくっています。



いい感じじゃないでしょうか?



パッチケーブルを接続し終えたので、次はDCケーブルを接続。今回、各ペダルの電力はスイッチャーから供給しております。そのおかげで実現できたミニボードなのです。




DCケーブルを接続し終えたら、結束バンドとコンベックスベースを使用してケーブルをまとめ、ボードに固定していきます。このあと、音出しをしてなんの問題もなかったので完成です!



良い感じですね!バッチリだと思います!
生徒さんも初めてボード製作を体験してみて、作業の雰囲気やアイディア、時間のかけ方などがわかったみたいです。今後はご自身でチャレンジし、試行錯誤しながら作業になれていくことで一人でもハイクオリティなペダルボードが製作できるようになるでしょう。

いや~楽しかった!!
次回から、毎回このボードを持参していただいてレッスンで使用してもらおうと思います。
演奏は単なる動作だけでなく、サウンド込みで考えていくものですからね♪






ただいま新規レッスン生を募集しております。
詳細はこちら↓

「個人ギターレッスンのお知らせ!」




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう少し早い段階で募集をかけるつもりでしたが、色々とスケジュールが立て込んでしまいこのタイミングになりました。

というわけで、このたび新たにギターレッスン生を募集いたします。

基本的に、生徒さんの望まれる内容に可能な限り沿いつつ、その方に必要だと判断した要素を織り交ぜながらレッスンを行っていく方式でやっております。事前にカリキュラムが決まっており、それをゼロからこなしていくような手法はとっておりません。

現在レッスンに来られている方は、そこそこ弾けるんだけど自分の演奏に納得がいかず、チャレンジしているのだけれども中々解決出来ない・といったような、何らかの「悩み」を持った方が多いです。

「こういう演奏がしたい!」「こんな風に聴こえるギターを弾きたい!」「こんな音を出したい!」というイメージを持ちながら、中々そこに近づくことが出来なかった方々です。

そういう悩みを持った方々の現段階での演奏状態をチェックし、理想の演奏イメージ(聴こえ方だけでなく、演奏時の感覚なども含め)に近づけるようアドバイスしサポートします。

例えばピッキングに悩みを抱えている場合、その原因は極めて複合的であり、場合によってはフィンガリングのせいでピッキングが思うようにいかないことも多々あります。

あるいは弦にアクセスする最終段階である「ピックの先」または「ピックを持つ指」ばかりに意識がいっているなどの極端な思考プロセスがピッキングに支障をきたす場合もあります。

悩みの原因は様々ですが、ピッキングが上手いギタリストの形や表面的な一面のみを追いかけても、自身の改善には繋がりにくく「良くなった!」と思っても、しばらく経つとまた上手くいかなくなってしまうケースは少なくありません。

重要なのは「プロセス」であり、フィジカル的な要素(動かし方やフォーム、筋肉の状態など)、そしてメンタル的な要素(ここでの意味は精神や心の状態というより、思考状態のことを指しています)が適切な過程を踏んで調和した時により良い演奏状態を生み出します。

このように、ギタープレイにおいて、ある程度の段階(演奏レベル)から問題だと感じていることを解決していくのは非常に難しく根気が必要で、単純に練習量のみでカバー出来るものではありません。
あらゆる思考と気づき抜きには、根本的な解決にはなり難いのです。
またそれらは1人1人違ってもきます。

このような要素を踏まえ、レッスンではそれぞれに対して適切なサポートを行い、ご本人に必要な要素、あるいは必要ない要素(より良い演奏を目指す上でそれを阻害しているフィジカルおよびメンタルの悪習慣)を判断し、イメージする演奏状態に近づくための方向付けを繰り返していきます。

僕は本当に長年悩みに悩みながら、あらゆる方法を試し、達人達の感覚的な話を聞き(ピックの持ち方など表面的な部分ばかりでなく)自分の演奏イメージにマッチするようにアレンジしながら、少しずつ演奏状態を改善してきました。

天才肌ではないゆえ悩みは尽きなかったですが、おかげで“それが出来ない人の感覚や気持ち、原因”が完璧にではないにしろ汲み取れるようになれました。

悩みがありそれらが中々解決されない方、ぜひこのレッスンを利用して頂ければと思います。
もちろん、バリバリ順調でさらに多くのエッセンスを吸収したい!という方もOKですよ^ ^

ちなみにここ最近では、DAWの初歩的な打ち込みテクニックやエフェクトボード組み込みの実践などもレッスンで行っております。あくまでも生徒さんが望まれた場合にのみやっておりますが、レッスン内容はフレキシブルに対応しつつ生徒さんとと話し合いで決めているという感じです。


場所: 福岡市 地下鉄大濠公園駅から徒歩5分(自宅レッスンルーム)

レッスン費用: 1コマ75分 5000円

*アンプ等の大型機材は常設しております。持参していただくものは、ギター本体、ケーブル、チューナー、ノートといった基本的なもので大丈夫です。

レッスンスケジュールはお互いに都合の良い日時を話し合って決めたいと思います。
まとまった時間でレッスン受講をご希望の方は、2時間、あるいは3時間連続という形も大丈夫です。

ご依頼や質問、相談などは下記のメールアドレスよりお気軽にご連絡下さい。

jens.music612@gmail.com
あるいはツイッター、フェイスブックのメッセージ利用によるやり取りでもOKです。
(アメブロのメッセージは出来れば避けて戴きたいです。ブログ書く以外利用頻度が極端に低いので・・・)

レッスンに入る前の段階でメールによるディスカッションを行い、レッスン内容の方向性を一緒にプランニングしていきましょう!

また初回のみ、より踏み込んだディスカッションやその他準備などの事も考慮し90分に設定しております。(レッスン費は同じなのでご心配なく)

1レッスン形式により、ひと月のレッスン回数が決まっているわけではないので、ご自身の自由なタイミングで受けられてください(もちろんこちらのスケジュール確保もありますので、要相談で)

コンスタントに隔週で月2コマ、場合によって3コマ受けられている方もいれば、1日に3コマまとめてドカンと入れられる方もおり、その入れ方が月によって変わったりする方もおられます。

よりよいミュージックライフ、ギターライフ一緒にを築き上げましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月後半よりESPの工場に預けていた僕の愛機、Horizon-CTMが生まれ変わって僕の元に帰ってきました(^o^)



2010年より使わせて頂いている1本で、とにかく様々な現場でメインとして活躍してきてくれたこの愛機ですが、使用率が高いだけに当然フレットへのダメージが蓄積。

これまでに3度すり合わせを行ってきましたが、高さ的にももう限界という事で、フレット全交換していただくためにESPの工場で面倒をみて頂いたのです。



そのHorizonが、以前同様の馴染みのある感覚はそのままに、本来のポテンシャルを携えて帰ってきた!
さっそく色々と弾いてみて2ヶ月ぶりの感触を確かめましたが、期待以上に素晴らしいギターとなっていました!


フレットは以前のものからジェスカー製のものに換えて頂きましたが、音の立ち上がりが凄く好み! レスポンスが速い!




相変わらずフレットが音の在り方に与える影響は絶大ですね。分かっていたことではあっても、やはり改めてその変化に驚きました。

指板も美しく研磨してくださっていて、新品のフレットも相まって、とにかく弾きやすい!
弾きごたえがあり、気持ちよくダイナミックにフィンガリングできます。
感動だ・・・




そして、今回はリアピックアップをSEYMOUR DUNCANのSH-4 ”JB”から、同じくSEYMOUR DUNCANのSH-15 ”59 Custom Hybrid”に変更して頂いたのですが、これがまた狙い通り!



JBはもちろん素晴らしく、食らいつくようなパワフルなサウンドが魅力的なのですが、フロントピックアックとの音色の差がずっと気になっていたのと、ここ最近は少しパワーの抑えられた暗めな音が好きだったので(あくまでもJBに比べて暗めって意味ね)、このピックアックは今の僕のプレイスタイルにドンピシャ。

ピックアックに支配される領域を減らし、より自分のフィンガリングやピッキングによる音作りが反映される、僕好みのピックアックです。

59 Custom Hybrid、いいね!!

割れていたエスカッションなども取り替えて下さっていて、隅々まで本当にありがたいです。


今回改めてメンテナンスの重要性を実感いたしました。

各部の微調整などは自分好みに自分で調整していますが、やはり手を出し難い領域というものがあって(領域は人それぞれですが)、そこは全体を考慮しながらピンポイントを突けるプロフェッショナルな職人に任せるべきなのだなあと感じましたね。

僕、本当に細かいところまでしつこくうるさいんですが、僕個人が欲する感覚を理解しようとしてくれ、それを実現してくれる存在は本当にありがたいです!

いや~しかしメンテナンスってホントに大切ですね。
ぜひとも小まめにメンテナンスに出すことをオススメします!

というわけで、またこのギターで今後も弾きまくっていきたいと思います!





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。