今回は、クイーンズタウンにある幼稚園園服園服を訪問しました。

 

 




 

 

 

2歳から5歳程度までの子供たちが通います。

年齢を大きく半分で分けて、年上の子が年下の子の面倒を見たり何かと教えたりする環境になっています。




 

施設内も余計な壁などがなく、広ーい部屋の中で子供たちは過ごします。

 

 

 

葉っぱ ~ ~ ~ ~

 

 

 

 ニュージーランドの幼児教育・保育は、

Te Whāriki(テ ファリキ)”と呼ばれる理念を中心とした運営がなされています。

 

この言葉は、先住民マオリ族シウバの言葉から来たものです。

 

子供の探求心や自立心、また地域との関わりなど様々な要素を確立した基本となるカリキュラムメモです。

 

テファリキは、マオリ語で「敷物」を意味します。いろんな要素を編み込んだ基本体系を作ることにより、ニュージーランドの保育・教育は世界中の教育者や保育者に評価を得ています。 

 

~ ~ ~ ~ 葉っぱ
 

 


日々のプログラムの成果や出来事などを掲示しています。

 



 

 

こちらは「Leadership Program」というプログラムでの活動中の写真。

 


 

 

いろんなアクティビティ活動での様子が写真でよくわかります。

 

 


 

 

こちらは園と個々の保護者との連絡ノート。

 

 

写真付きでたくさんのコメントなどが書かれていました。



 

保護者と園との間の大切な連絡ツールです。

 

 


 

 

現地コーディネーターと園長先生。

 

とっても明るく元気な方。

 



 

 

現地コーディネーター、私、先生の一人。

 

 

みなさんとっても明るく、親切で協力的です(^-^)

 

夏頃から「ニュージーランド・クイーンズタウン保育ボランティア」開始です!

 

 

 

 

園の裏からはもういきなりこの光景。




 

ボランティア後の毎日はハイキング気分!

 

 

山山好きな方には最高のロケーションでしょう(^-^)

 

※参加者体験談はこちら

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD