HARUKIを読む

今朝の読売の文化欄みたら,「Harukiの読まれ方」っていう記事が載ってたよ。



世界の人々は「Haruki」をどう読んでいるか

各国から村上春樹作品の翻訳者を招いて,国際シンポジウム

「春樹をめぐる冒険」が開かれた。



すげ~~!

まだ存命中の日本作家のシンポジウムだよ。

いま一番,世界の人が読んでる日本の作家ってほんとなのかも。



じぇんがとHaruki(笑)の出会いは,わずか5ヶ月前。


TSUTAYAに積まれていた文庫本”世界で最も読まれているなんとか・・・”,

「海辺のカフカ」上下を買って読んでみました。

独特の世界に惹かれ,「風の歌を聴け」から「アフターダーク」まで長編小説を古本屋で入手し,さらに対談集から,エッセイ等々・・・・読破してみた(笑)


彼の小説を読み出すと,常に自分が主人公となり,井戸のなかにでも,のなかにでも,都会の地下にも,中国大陸にも,北海道の山のなかにも,そしてのなかでも,パラレルワールドにでも冒険にでかけてしまいます。


たのしすぎるぞよ!


春樹チルドレンのひとりに乙一もいるのね??

あははははっ・・・たしかに影響うけてるかもかも。



ご本人の春樹さまはこのシンポをどうみてるのかな(笑)

どきどきしながらポーカーフェイスかな・・・・





じぇんがもボストン・マラソンにでたいぞよ。


AD

コメント(6)