条件付の愛

テーマ:

VOXYさん が愛について語っている(笑)

もちろん聖書の話ね。


そのなかで、条件付きの愛と無条件の愛についての考察があるのだ。


無条件の愛・・・VOXYさんのいう神様の愛ね。

たしかに神様の愛に条件が付いていたらいんちきくさい(笑)


身近なところで無条件の愛とは・・・自分のこどもに対する愛、両親に対しての愛だな。

それに理由はないのだ。

いまのところ、なにがあっても許しあえる(愛し合える)ような気がする。

最初から自己中心的なやつらだが、無条件になんとかわかりあえる(愛し合える)ような気がする。


妻に対する愛。

正直なところ条件つきなのだろうか?

ん・・いやいや・・・無条件でいきたい(笑)

自己中心的鬼嫁に無条件で愛を与えている”カズマさん”にはマジ涙である。


友達、先輩、後輩、上司、部下、同僚、スタッフ・・・・・にはどうか

だんだんわからなくなってきたぞよ。

条件つけているのかな・・・・


それでは、じぇんがのお客様、つまり患者さんには?

条件つけてるよ!たぶん。


条件1:患者さんは患者さんであること・・・分かりにくいですな。

患者さんが医師から見て実は病気でなければ患者さんではなく、

病院(医師)ー患者さんの契約はなりたちません。


条件2:絶対的自己中心的患者さんでないこと・・・・これもわかりにくい。

患者さんは病気であるがために心も病んでいるひとが多い。

とくにがん患者さんの心やその家族の心の痛みは想像を絶するものです。

それでも、おりゃ~~オレは患者や!心のケアーが必要なんじゃワレ~!

無条件で愛を提供せんかぁぁぁぁぁー!

って患者さんも時にいらっしゃいますが・・・・正直ひきます。


まだまだ修行が足りませぬ・・・・・_| ̄|○


自己中心医師、罪だらけのドクターじぇんがぞよ。

って、当直中なのだ。年末の大学病院は難しい患者さんがいっぱいいるよ(涙)






AD

Atlantaは風とともに

テーマ:

おひさしぶりぶりです。

今日から連休ですね!

じぇんがは日・当直ー日直ー日直とおっそろしいスケジュールで働いてまする・・・

今はいつもの外病院で当直時間帯。

けっこう今日は発熱などなど入院のお年寄り具合悪いです。

かぜはやってるかな?


先週は一週間、アトランタに行ってたからね~~

休みなしも・・・やむを得ぬ・・・・


学会はホントすごかった!毎度感じますが医学の進歩ね。


去年のトピックスが今年はみんなの常識となり、あらたなニュースが紹介されている。

この情報においていかれないようにするのと、自らあらたな情報を発信するのと・・・・

丸々四日間の参加でくたくたなのだ・・・・・_| ̄|○


ってことで、最終日はフリー!フリー!フリー!(笑)


Inside CNN tour にいったよ。

CNNはご存知アメリカニュース専門のチャンネル。

最近はアニメやCartoonにも力をいれてるんでしょ。

日本のパフィーがHiHi Puffy AmiYumi で大人気なのだよ!びっくり!

AtlantaのCNNビルのドデカイ液晶画面で歌ってるし・・・・(笑)

CNNといえば戦争している現場での取材ですな。

レポーター1人でニュースを作っているわけがなく。

このツアーでは、CNNの本拠地このAtlantaのビルで

約4000人(確か・・)が生放送をリアルタイムで作製している現場を見せてくれるのよ。

カッコイイゾヨ~~

1

お台場のフジのツアーには行ったことないけど、どんなんだろー。今度行ってみよ



次に行ったのはね、風とともに去りぬ Gone with the wind ね。

おまたせ!でいさん・のほほんさん。


4


マーガレット・ミッチェルのお部屋やタイプライターなどの小物が、

彼女のアパートにその当時のまま配置されていてね、

解説のおばさん(これがよくしゃべる・・・)といっしょに歩くのです。

彼女はこの一作だけ書いて、この近くの道路でタクシーに撥ねられて死んじゃったんだね・・・


マーガレットのお部屋のいすの上になぜか動物の内分泌学のふる~~い学術論文かテキストがひろげられていたけど・・・なぜだ??


アトランタに行く前にDVDみました!

文庫本も5冊、機内で読むつもりで持参。

時間無くて2冊しか読めませんでした(笑)

おみやげは”風とともに去りぬカレンダー”です。

研究室と自宅に買ってきたのに・・・・・ふ・ひょ・う・です(涙)

写真がね~~びみょうに濃すぎるかね・・・ニホンジン的には




そして、つぎに行ったところはね

Martin Luther King Jr National Historic Siteですよ

ここにホント行ってよかった。みなさんぜひぜひ機会があったら行ってみて下さい。

ガンジーとともに歴史上の人みたいな気になってたけど、

ついこのあいだやねん!

あの演説も暗殺されたのも!

いきてりゃ大統領やってたのかなー?

3

Visitor Centerではいろいろ趣向を凝らした展示物がありました。

モニターもたくさんあって、いろんなDr.キングの演説などが見られます。

カレが暗殺されたあと、ボディーがアトランタに戻ってきてね、

みんなで街中を静かに行進したときに使った木製の荷台も置いてあった。

KKKも飾ってたよ。

ファイヤーの周りで暴走族みたいにウンコすわりしている写真は怖いぞよ・・・


有名なのはガラスのビンの中にお菓子のジェリビーンが何個あるかあてるクイズマシーン。

答えをインプットして、当たりかはずれか教えてくれるボタンを押そうとすると・・・

あなたは白人?それとも有色人?

もちろんじぇんがアジアン有色人ボタン ぽちっと



けたたましいびーーーーー!!のはずれかよ


うそついてじぇんが白人ボタン ぽちっとね


ぴんぽーん!あたりかよ・・・・_| ̄|○


おみやげはDr.キングの演説ビデオと真っ黒いパーカー買ったよ。

ビデオはこの旅一番のおみやげになったぞよ。


この最終日の旅にお付き合いいただいた黒人のタクシーの運転手

Mr. Charlie Campbell 50代 男性


「Dr. Kingを見たことあるかって!

あんた、なんて寝言を言ってんの(怒)

わたしはね、何回も何十回も見たよ。会ったし演説も聴いたよ。

Dr.Kingはね・・・わたしが言うより、行って見てきなさい。気のすむまで。

タクシーでずっと待っていてあげるから・・・・」


翌日早朝も空港までタクシーお願いしました。

お世話になりました。Mr. Campbell




AD