なんのことかわからんとおもいますが、「かけんひ」です。

ぶろぐかけんひ、書けない日は毎日ですが、そんなことではありませぬ。


「かけんひ」って科学研究費補助金申請:略して科研費のことっす。


かけんひかけん・・・(笑)

なんて、いってられませんぞよ。

大学内のしめきりは明日!!!

500万円あたってくれ~~(っていうか、審査されるわけで、宝くじとちゃうちゃう)

これがないとじぇんがは研究ができましぇーーーん。

カナダではボスのジョンやロンがお金とってきてくれたけど、ここはにっぽん。

自分で申請しないと、だれも金くれないぞよ・・・_| ̄|○


きょうはいつもの外当直。

急患いませんが(たぶん・・・)、徹夜の予感・・・・・


ではまた(涙)

AD

じぇんが当直中!

今日はひ・ま・だぞよ(小声で・・・とても、いいことです。)



この病院にはAERAがおいてあって、10月10日のAERAをぱらぱらとみていまする。


アサヒビールはすきですが、朝○新聞はいまいちなので、

新聞もですがAERAもここに来たときくらいしか見ません(笑)


で、そのAERAの記事です。



・・・・・・・・


ほっほっほぉ~~


とうとうふつうにこんな時代なのね。

はなしには聞いていたけどね。


1日限定4人、21万円人間ドックね。

病院や検診センターっていうより高級なホテルですな。

エグゼクティブルームにフランス料理ね。


PETやPET-CTに各種腫瘍マーカー。内視鏡検査はもちろんです。


このレポートの締めは・・・・

快適な環境で最高の検診

「金持ちは死なず」の世界だと・・・・・by ライター古川○子


その17ページ後に、

養老、池田、吉岡先生といった60-70歳おじさまがたの雑談会

「がんを生きる」では

人間ドックなんて不要だよ・・みたいなはなしがどうどうと載ってたりする(笑)


構成協力・・・・by 古川○子

同じライターかよ・・・・_| ̄|○


なんでこう両極端なのこの雑誌は(笑)

これは日本の縮図だな。きっと。


養老先生の締めの言葉は

「がんになったら必ず死ぬのではなくて、

人間がんにならなくても必ず死ぬ。

死亡率は100%なんだ」


たしかにね。


でも、人が望んでいるのは不死ではなくて、よく生きることなんだけどね。


21万円を払って不安をもらってくる人も、

60-70才まで元気に現役で、ぼくはがんは怖くないよって強がるひとも・・・


なんか変だよニホンジン(笑)



じぇんがにはどちらも健康神経症?って気がするよ。

(そんな言葉ないかー笑)


でも読者のみなさん。

毎年、町や会社の基本検診や、肺癌・大腸がん・子宮ガン・乳癌検診を受けてね。

お金かけなくていいから。



最後に医療はサービスだけど、商売とちゃうちゃうちゃうちゃう。





こんなとき、日本が向かっている方向と正反対の国を思い出すぞよ。




AD

ETCをつけてみたぞよ

テーマ:

ETC


毎週電車で一時間かかる病院まで出張していたのだ。

でも、先週からはCDガンガンかけて、高速飛ばして車で通勤なのだ。


そこで・・・ETCをつけてみたぞよ。


やっぱり日本はべんりやね~~

2,3年前はこれほど流行ってなかったよね。


自動的にゲートが開くなんて・・・


なんだか、えらそうじゃない

近未来社会みたいじゃない

カナダではありえないじゃない


でも日本では高速料金をとられてるってこと、

感覚麻痺しますな・・・・_| ̄|○


ETC初日です。

元気にゲートにつっこみました。


「ひらけ~~ごま・ごま・ごま!」

じぇんが、いっしょうけんめい、ごまごま、ゆうてますがな~~


何でゲート開いてくれないの(涙)



じぇんがの車の後ろは渋滞です。ごめんよー(涙)



係りのおじさんに誘導されて、じぇんがに指導入りました。


「ETCカード見せてくださいね。」

「はい!」

「もう一回裏返しにして、挿入ね!」

「はい!」

「もう一度戻って、やり直しね。」

「はい!」

「いってらっしゃい!」

「お手数をおかけいたしました・・・_| ̄|○」


カードを正しく挿入し、今度は開いたぞよー!



ii8-iiさんの初体験シリーズみたいではずかしいね(笑)





AD