イチロー

テーマ:

イチロー


先週、ステュワートさんが学会でアメリカ行ってたんですが、メジャーリーグの試合もついでに見てきたようだ。(ひとりでするいぞー!!)


試合はマリナーズとどっかのチーム。(忘れた・・・・)


一番印象に残ったプレーヤーはマリナーズイチローだって。


彼が打席に入った時のバックスクリーンに映る姿が、まるで日本のサムライに見えたらしい。


ん? "サムライ・イチロー" 


そういわれれば、たしかに、ステュワートさん! よーくわかっていらっしゃる。


実は彼。黒澤映画のファンでもあり、Seven Samurai! (複数形にならないんだね)ってわけわからんこともいっていたぞよ。



彼のインタビューぎらいはアメリカでも有名らしいが、それでもマリナーズのHP に行けば、インタビューのビデオを見ることができる。


いつも、日本語しか話さないイチロー。


プレスに「今の気持ちを英語で言ってください」って頼まれても、

イチロー「僕は常に自分の気持ちを正しく伝えたいと思っている。だからできない。」

と断るのだ! すげー!!


去年、大記録を打ち立てたとき、プレスに


「ベースボールを楽しんでやっているか?」

みたいなことを聞かれたときも

イチロー・・・


「こちらにきてよく"楽しんでやれ"とか"楽しいか"と聞かれるが、


僕は一度も楽しいと思ったことはない。

楽しくやるとはジョークをいいあったり、笑顔でプレイすることなのか?

楽しくやるということが、理解できない。


プロは常にもっとうまくなりたいと真剣にやっている。


それが、プロとアマチュアの違いだ。

楽しいというよりいつも怖い。」

・・てなことを言っていた。


これまた、プレスの理解を超えてしまい、いったい"怖い(scare)"とはなんじゃ??という質問が続くのであった。


彼が修行僧と言われ、ステュワートさんにもサムライと言われるイチローであるが、決して"怖くて"がちがちになって失敗するというような日本人にありがちな展開は見られない。


彼は明らかに"怖さ""楽しさ"にうまいこと変えているとおもう。

しびれるような"怖さ"を楽しんでいるし"怖さ"を乗り越えたときに喜びを感じているはず・・・


と、思うのだが・・・・実は、99%は苦しいのかなー? 


"怖さ"を乗り越えるための日ごろの努力を見せなかったり、から元気やジョークで楽しさを演出するより、イチローの正直な生き方が気持ちよい。




先週はじめてイチローが長めの英語のスピーチをした。


いいじゃない。英語のスピーチも! こんにゃろめ♪(←ii8-iiさん風)


彼のゆっくりしたスピーチの一言一言の間に聞こえる球場のファンの歓声もうれしいぞよ。



一言でいえば・・・・・・・・・・・・・イチローはCOOOOOOOL だ!!!

AD

カナダの旅行 はじまり

テーマ:

日本はゴールデンウイークですか~

昨日日本から電話があって、???だったんですが、お気にさんのブログみて気が付きましたよ。

忘れてました。

海外旅行に行かれる方もおおいんでしょうか?



この2年間のカナダ滞在中に一度も日本に帰りませんでした。

ちょっとでも休みがあったら、日本に帰るよりカナダの旅 でしょ!

 

家族と一緒に車で旅した街はたくさんありまする。

わすれないうちに記録しておこうということで、あらたなテーマ"カナダの旅 "



canada map

オンタリオより東は行ったことないので、それはケベックのmontrealさん(参照) に勝手におまかせして、



地図を見ながら確認すると・・・東から


オンタリオ州トロント、ナイアガラ、ナイアガラ・オン・ザ・レイク


マニトバ州は行ったことないので飛ばして


サスカチュワン州サスカテューン、レジャイナ、ムースジョウ


アルバータ州ドラムヘラー、カルガリ、キャンモア、バンフ、ジャスパ、エドモントン


ブリティッシュ・コロンビア州カムループス、バンクーバー、ウイスラー、ビクトリア、ナナイモ、トフィーノ


と西まで来たところで、


 

いっきに国境を越えて、


アメリカサンディエゴ

さらに車で国境をこえて

メキシコまで足を伸ばしましたが、こちらは番外編

 




これからひとつづつ記憶をたどりましょうか。

かなり忘れているかも???

 


将来は車でアメリカ大陸縦断の旅 をしたいぞよ。

AD

flightyさん(リンク) の情報によればすでにTorontで日本人お断りの韓国系コンビニが登場ですか・・・


一昨日前のカナダの新聞の国際ニュースでも日本の小泉首相がインドネシアで開かれているサミットでアジアの国々に対して第二次世界大戦で日本が行った侵略に対し"deep remorse"を示したことが書かれてますな。


その見出しは上の"Japanese apology falls flat for China"ですが、どう訳せばいいんでしょうね。


「日本は中国にひれ伏して謝ってます」って感じか??




最近の中国の反日デモに関連して新聞はいろいろ報道してますよ。

日本が帝国主義に突入してからの敗戦にいたるまでの歴史や戦後の復興の歴史がカナダ人にもわかりやすーく年表まで作ってくれたりして、助かります??



関東大震災や広島・長崎の原爆、阪神大震災で亡くなった方の人数と日本人がアジア各地で虐殺した人数を年表に入れてます。ダブルスコアー以上で日本軍の勝ちですかあ・・・・・・・・・・_| ̄|○



従軍慰安婦や細菌兵器に関しても歴史としてカナダ人に知られるところですが・・・・なんで日本人のじぇんがが知らないのかって感じですな。



これまで日本が中国をはじめとしてアジアの国々や世界中の国にどれだけ援助してきたかについてはもちろん一言も書かれていません。それとこれとは話が別ってことですな。



ひれ伏しているわりに、小泉首相のapologyは過去の日本政府のコメントを引用しているだけで、新たな言葉は何もないという厳しいカナダの新聞の意見です。

しかも、国会議員の靖国参拝がほぼ同時に行われていることから、言葉に行動が伴っていないと中国のみならず国際的にも見透かされております。



靖国参拝は一般戦没者に対する参拝であり、平和を祈る参拝だといっても、もう国際的には軍国主義の懐古としかその行動は映っていないようです。





歴史は声が大きい人によって作られ、記録され、国際的常識となり、本当の歴史になるのかもよ。


今、本当の歴史を研究し隠さず記録しなければ、もう取り返しがつきませんな。


第三国も入れて、日中で歴史の検証をしてください。 もうおそいの??・・・・



AD

昨日はTerry Foxについて紹介しました。


へたな和訳でスマン・・・・(専門は医学なもので←いいわけかよ)

オリジナルのリンクをあたってもうちょいいい訳があればコメントください。



ところで、もし同じような状況で日本一周を企てた若者(仮名:じぇんがさん)が身近にいたら、あなたどうします???





じぇんがさんの父: なにかんがえてんねん!満足にあるけんやつがむちゃくちゃやがな~


じぇんがさんの母: 義足で走るなんて、恥ずかしくて世間様に顔向けできませんことよ!


じぇんがさんの友人: 気持ちはわかるが、今は自分の体を一番大切にしたほうがいいよ。


じぇんがさんの主治医: 無謀です!再発の恐れもあるし、定期的に検査していただかなくては責任もてませ
ん!



じぇんがさんの弟: にいちゃん。ショックであたまおかしゅうなってしまいまいましたがや・・・・・_| ̄|○



そんな中、少しずつトレーニングを重ね、準備万端で北海道最北の宗谷岬から二人の友人に見送られ「希望のマラソン」を始めました。



沿道にて


・・・・



子供A: ママ。へんな人が走ってるよ。


ママ: Aちゃん。みちゃだめよ。



トラックドライバーB:
 仕事のじゃまやんけ! あっちいけ!



ツーリングの若者C: 
(奇声をあげて通り過ぎる) がんばれよー バーカ!



警察官D:
 あのね。ちゃんと許可取ったの? 困るんだよね。




・・・・・・・・・・




なんの盛り上がりもなく、


日本一周のランも大詰めを迎えた144日目。



じぇんがさんはとうとう走れなくなってしまった。 肺に骨肉腫が転移していたのであった。


道にうずくまり動けないじぇんがさん・・・・・


救急車にてERに搬送されたじぇんがさん・・・・・・


はじめて、マスコミがこの事件を取り上げた。



ニュースです


女性アナウンサー: 昨日の早朝、国道○号線で義足の男性が動けなくなっているところを通りがかりの住人が見つけ、警察に通報しました。



男性はマイケル・アレキサンダー・じぇんがさん 22歳。



じぇんがさんの家族によると、この男性は骨肉腫で右足切断後、5ヶ月前より日本を一周するといって出かけたきり連絡が途絶えていたということです。



救急車にて近くの病院に搬送されましたが、がんの肺転移による呼吸不全のため、発見から26時間後の本日午前7時ころお亡くなりになられました。


男性アナウンサー: 
じぇんがさんの無計画な行動やなぜ主治医が無謀にも日本一周を許可したかなど、解明されなければならない問題が多い事件ですね。



すでに、遺族は担当主治医と病院に対し民事訴訟を起こしたとの情報も入っております。


女性アナウンサー: 北海道でようやく桜満開の話題です。北海道テレビの桜井さんどうぞー!



・・・・・・・・・・・・



じぇんがさんの「希望のマラソン」も完走することなく終了し、意味不明のまま、だれの記憶にも残らなかったのでした。




妄想終了・・・・・・・_| ̄|○





About Terry Fox

テーマ:

terry2  terry4  terry3 terry1

About Terry Fox (リンク)

 

先日LSDの記事でちょっと触れたTerry Foxです。

Terryは、すべてのカナダ人の記憶と心の中に生きているランナーです。

公式サイトがあったので、彼について無断で翻訳しますよ。

 

 

 

Terry Fox はマニトバ州ウイニペグで生まれ、BC州バンクーバーに近い街Port Coquitlamで育ちました。

いろんなスポーツが大好きな少年だったそうです。

彼が18歳のときです。彼は骨の悪性腫瘍であるオステオザルコーマー(骨肉腫)と診断されてしまうのでした。その病気のため、ひざ上15cmから右足を切断しなければならなかったのは1977年のことです。

 

入院中、Terryは自分だけでなくたくさんの患者さんががんに侵されていることに衝撃をうけます。

しかも多くの患者さんがまだ小さなこどもでした・・・・・・・

彼はそのいたたまれない気持ちを、自らの足(右足は義足)でカナダ横断のランをはじめる決断に変えたのです。

このランでがんの研究のための募金を呼びかけるつもりでした。

Terryはこのランを"the Marathon of Hope"(希望のマラソン)と名づけました。

 

1年半、5000km以上のトレーニングと準備の後、1980年4月12日、Terryはカナダの東海岸 St. John's, Newfoundlandから走りはじめました。

ファンファーレもない寂しいスタートでした。

当初、このランはまったく注目されませんでしたが、次第にTerryを応援したいという機運が市民の間に高まりはじめました。

彼の走った道に沿って、募金も集まりはじめたのです。

Terryはカナダ大西洋岸の州、ケベック州そしてオンタリオ州を毎日42kmのペースで走りました。

そう、このランはカナダ人にとって決して忘れられないものになったのでした。

 

1980年9月1日。オンタリオ州サンダー・ベイの郊外。それは5373km走行した144日目のことです。

最後まで走り続けたいTerryでしたが、骨肉腫はすでに彼の肺に転移し・・・・・彼はもうこれ以上走れないのでした。

 

1981年6月28日。予想外の事態にカナダ中は悲しみに包まれました。

Terry Fox 享年22歳。

 

カナダのヒーローは若くして逝ってしまいました。

でも彼は私たちひとりひとりにメッセージを残していきました。

そしてそのメッセージの実現はいま始まったばかりなのです。

 

現在まで、3億6千万ドル(約300億円)以上の募金が世界中からがん研究のために集められています。

毎年、カナダ中の街でそして今、世界中で開催されるTerry Fox Run を通して

Terry Foxの名のもとに・・・・・・・・



 

じぇんがは”UNBREAKABLE SPIRIT”ってプリントされたTerryのTシャツがお気に入りです。

それを着て走っているのだ!

L・S・D

テーマ:

LSDって知ってますか? じぇんがの趣味です。

 

って、幻覚剤のLSDではありませぬぞ。"long and slow distance" (長距離をゆっくり時間をかけて走る)のほうです。.....strange English???

 

ホノルルマラソンがはじまった1973年ころ、ジャック・スキャッフという心臓病の医師が、LSDを続ければ、フルマラソンを走ることができ、心臓病の予防にもなる提唱したそうです。

 

日本では浅井えり子選手の監督であり夫でもあった故佐々木功氏によって紹介され、数多くの市民ランナに多大な影響を与えました。

 

日本のランナーならみんなLSDを知っているでしょう。

 

タイムを競うマラソンのトレーニングなのにゆっくり走っていいのか・・・という疑問はありましたが、走れといってもすぐには速く走れないもの。だまされたと思ってLSDをはじめたのがもう5年くらい前か?

 

市民ランナーのじぇんががマラソンするための体になるために1-2ヶ月かかります。

そろそろ運動するか~という季節はもう春。

冬の間、たるみきった体は走ることにすぐには反応してくれません。

 

無理してひざをけがして数ヶ月満足に歩けないこともありました。

 

3月から自転車通勤をはじめて約3週間ちょっと。

往復わずか30分の運動ですが、もう疲れることはありません。

 

次のステップは、散歩!

夕方、30分早足で歩きます。

数日やります。

翌日に足の張りがあっても、痛みがなければOK。

 

次はジョグ。

早足散歩5分後から、ジョギングにペースをあげ、30分ジョグして最後数分クールダウン。

これも数日。

走行距離は毎日4kmくらいですな。

現在この段階。

 

そろそろ次のステップに行けそうです。

時間と走行距離を伸ばしましょう。

60分10kmまで徐々にあげていきます。

 

ジョギングですが、ここまで来ると安心です。

60分のジョグの中でちょいとマジ走りを入れながら体を慣らします。

そして本格的?LSDのステップに突入です。

毎日60分以上のランニング時間はとれませんので、週末20kmのLSDで平日は10kmLSDが目標です。

月間の走行距離で調子がわかります。

 

 

と、生意気なことをいってますが、

こどものころはマラソンほど嫌いなものはございませんでしたよ

 

 

自分のペースでLSDでいいなんてだれもおしえてくれなかったじゃん!

おかげでランの楽しさを知らないで生きていくところでしたwww

 

日本にいたころは毎月なにかしらマラソン大会にでてました。

記録がついた賞状は完走の証明。励みになるのだ。

 

 

 

カナダではテリーフォックス ランで2回走っただけだよ。

テリーフォックスについてはまた機会を見てご紹介します。(すごいひとです)

 

 

目標はホノルルマラソン出場・完走・サブ4

 

(むりかな~)いつになることか。

Oちゃんの誕生日

テーマ:

恒例の世界を喰らう週末です。

 

今週はどこへいくか、と考えていたところ・・・・・・・・・・・

 

実はOちゃん(参照)の誕生日であることが判明(自己申告の電話攻撃)

 

急きょ、友人宅の裏庭での

 

 

BBQ BBQ BBQ バーベキューパーティー!!

 

 

に変更になりました。

 

 

 

それじゃ、じぇんがはケーキを作るか と、

 

やっぱり、イチゴの生クリーム甘さ控えめ でしょ。

 

カナダのケーキのスポンジの粉はやや甘いので(実はかなり・・・)、クリームと一緒に食べたときにむかむかしない程度の甘さ加減の調整が求められますな。(日本人としては・・・)

 

 

 

カナダのイチゴは安いね。

 

日本の一パックの8倍くらい大きさのパックに大小いろんな形の??イチゴが入って、4ドルですか。

 

不恰好ですが、あまくておいしいよ。

 

 

デコレーションはむずかしいですな。

 

上面はゴージャスに全部同じ大きさの形のいいイチゴで埋め尽くされました。

 

見たことないくらいのゴージャスっぷりだよ!!(うきうき・・・・)

 

 

側面周囲は生クリームをチューブで絞って豪華にしましょう。

 

ぼんぼんばかぼんばかぼんぼん♪

 

ぼんぼんばかぼんばかぼんばん♪♪

 

と鼻歌を10回歌いながら、バカボンのほっぺたのような・・・・唐草模様のような飾り付けを10個施し

 

スライスしたイチゴを10個側面に貼り付けて、

 

 

完成です!! イチゴの生クリームケーキ (バカボンケーキ??)

 

 

 

 

 

メキシコ人のナフーンがテキーラと前菜にサルサを持ってきたよ。

 

おー期せずして今日は

 

メキシコを喰らってしまった!!

 

ナフーンの超辛サルサはいつもながらたいへんおいしゅうございます。

 

 

 

 

 

 "Oちゃん誕生日おめでとう!"

 

( の乾杯で、すでにみなさん6回はテキーラのショット飲んでますが・・・・・・・)

 

 

 

 

 

 

じぇんが家の近況

テーマ:

(TBステーションの"部活・サークル何にしよう"にTB中!・・・・なぜ???)

 

 

3月からの想定外の一人暮らしにも慣れてきたわけですが、まだときどき寂しいわけで・・・

 

カナダ滞在をひとりでするのと家族がいるのとではぜんぜんちがいまする。

 

せっかくの家族とのいい関係が振り出しですな。

でも、この2年間の濃密な関係はかけがえのないもの。

きっと、子供たちもそう思っているはず。

 

 

 

日本で新しい生活を始めた家族は電話で聞く限りうまくやっているものの・・・・

 

たいへんそうだぞ。

 

日本の学校は持ち物ひとつ、服装にいたってはソックスにいたるまで決まりがあるらしい

 

そういえばそうだったよ。

 

こっちの小学生はスケボや自転車、キックボードやインラインスケートでお菓子持参で学校に(遊びに?)行っているからね。

 

えらい違いだ・・・・

 

しかも、転校初日から学力試験ですかあー・・・・・・・・・_| ̄|○

 

すでに息が詰まっているかもしれませんな。

 

 

 

長男はクラブ活動も始まり、必ず何かに所属しなければならないという。

 

塾にもいかなければならないし、たぶんじぇんがよりいそがしでしょう。

 

そんな子供たちを元気付けるため、メールを送りましたよ。

 

 

 

 

-------------------------------------------------------

長男君へ

元気で学校に行ってますか?
カナダはもう雪も溶けて春です。

夏のキャンプの予定が決まりました。
去年と同じLakeに行きます。
今回は4泊5日の予定で、しかも大きな船を借りてに寝泊りする予定です。
夜もつりできるよ。
さらに、ガイドさんにいいポイントまで連れて行ってもらってつりをする予定です。
でっかーいパイクがつれるよ。

クラブは決まりましたか?
自分の好きなものをやってください。
続けられるものがいいですよ。
運動は大人になってもやりたいときいつでもできますが、子供のうちに体を丈夫にすることも大切です。

勉強はどうですか。
理科や社会はやってないので大変と思います。
でも、カナダでの経験は長男君しか経験してないことです。
はじめはぜんぜん英語が分からなかったけど、カナダのスクールでがんばりました。

これは一生の宝です。自信を持って毎日勉強してください。

長男君はとっても頭がいいですので、あとちょっとがんばればすぐに日本の勉強も理解できるはずです。

それでは夏休みのキャンプを楽しみにしてそれまではおかあさんの言うことを聞いて勉強がんばってください。

おとうさんより

--------------------------------------------------------

 

 

なかなかいいメールだ(涙)

 

きっと長男君もカナダを思い出しながら日本の学校生活をがんばってくれるだろう。

 

そうだ、次男君にもメールをだそう。

 

次男君は漢字を全部忘れていることに気づき、おかあさんに一年生の漢字ドリルを買ってきてもらったらしい。

 

---------------------------------------------------------

次男君へ

漢字のドリルがんばっているそうですね。
次男君は、がんばりやなので、おとうさんもうれしいです。

毎日、勉強すればだんだん忘れないようになります。

夏のキャンプの予定を長男君にメールしました。
ことしのキャンプはすごいよ。きたいしてください。

それでは、おかあさんの言うことをよく聞いて、勉強がんばってください。

おとうさんより
-------------------------------------------------------

 

 

次男君もがんばるんだよ(また涙)

 

きっと、彼らからすぐにメールの返事が来るだろう。

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

数日後、次男君からメールが来た。

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------
スポンジボブろくがして。

------------------------------------------------------

 

 (参照: spongebob/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけかよ・・・・・・・・・・_| ̄|○

 

 

 

すでにじぇんが家はいそがしい日本モードですな。

 

(のぞく・・・じぇんが)

 

 

カナダの女の子ジーンズ大好き!

 

でも、最近のジーンズは浅くはくのがかっこいいの?? 

腰の骨(腸骨稜)でとまっています。

 

 

半分おしりでてますが・・・・・

もちろんおへそも露出します。

 

見せるアンダーウエアーは当たり前なのね。

どこをみたらいいんですかあ・・・・・・・・・(見ないでください)

 

 

 

彼女たちの腰の骨はアジア人より発達してそうだ。(冷静)

しかもおしりが上につーんってでているから ジーンズが落ちないのか!(解剖学的に)

 

と、カフェテリアで鼻の下を伸ばしながら観察していたところ・・・

 

 

 

 

カナダのおやじたちもなんと、腰ではいている事を発見

 

と、いうか

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

でっぱっているおなかがジーンズに収まらないのね・・・・・・・・_| ̄|○

 

 

 

思わず自分のジーンズを引っ張りあげるじぇんがです。(はらは出てませんが)

 

自分を変える!4 おまけ

テーマ:

今の日本や日本の社会はさんざんに言われていますが、自由に留学できることひとつとっても実はすばらしい時代に生きていると思います。

 

あまり、感謝している人はいませんが・・・・・・_| ̄|○

 

 

観光ビザで来ている方を除き、カナダにすくなくとも半年から1年以上滞在する若者には

 

 

1)日本の大学生で1年~2年休学して、または高校卒業して語学留学に来ている方

2)ワーキング・ホリデービザをもらって仕事しながら英語やフランス語の勉強もしている方

3)日本の大学を中退して、または高校を卒業して語学試験をクリアーするか、ESLを修了してカナダの大学に入学している方

4)日本の大学を卒業してから、語学試験をクリアーしてカナダの大学の修士課程で勉強している方

5)さらに、博士課程で勉強している方

6)日本で博士課程を修了していて、カナダの研究室でポスドクをしている方

7)日本の大学の研究者で、カナダの研究室にvisiting researcherとして短期留学している方

 

等々の方がいらっしゃるのではと、おもいまする。

 

じぇんがの街はバンクーバーやトロントみたいな大都会ではありませぬので、それほど日本人はいません。

 

留学するにひとって日本では収まらりきらないようなキャラの方が多いとも言われていますが・・・・

どうでしょう??分かりません。確かにユニークな方は多いかも。

 

その一方であなた大丈夫ですが・・・っていうくらいおとなしい人もいるし、さまざまですわ。

 

いずれにしても、自分を変える!っていう気持ちを持っているからカナダまで来たんだろうね。

そのポジティブな気持ちは若いうちにしか実現できないかもね。

 

ワーホリや語学留学はある程度門戸が広いと思われます。

 

その一方で、それから先の大学学部や修士・博士課程に入った人はみんな"すげー勉強してる"という印象を持ってます。

留学という派手なイメージはまったくありません・・・・・_| ̄|○

 

日本の同じポジションの学生に比べればその10倍20倍は努力していると思われまするぞよ。 

 

ネイティブと同じ土俵のわけですから、それは想像つきますね。

でも、卒業できたら、ネイティブが卒業した価値の10倍はある。

卒業そのものにも、またその先の可能性にも。

 

最後にこれからカナダに留学予定の若者にひとついいっすか?

 

滞在都市はある程度、田舎がいいよ。

 

カナダには州立大学は数えるほどしかありません。

日本やアメリカみたいに大学が乱立してません。

州立大学ならレベルはどこも同じようなもの。

多少の得て不得手はあるようですが。

 

ですから、カナダの州立大学を修了したという証明はカナダ国内でもおそらく海外でも評価されます。

 

最近は語学留学だけなのに学歴詐称の政治家がたくさんいるという話もありまするが・・・・

 

大都会にも何度か遊びに行きましたが、日本人の多さは東京と変わりません。

うまくやれば大都会なら日本語だけで暮らせるかも?

 


追記:4月26日TBステーションにTBしたよ!お題は「留学のきっかけは?」

きっかけになっていないんじゃないかという気もしますが、自分を変えるっていう気持ちが留学のきっかけかな?これからカナダに来る若者に読んでほしいよ。