【レシピ】簡単アロマクリーム

テーマ:
◎ レッスンのお申し込み・お問い合わせはコチラ ←
メールフォームよりお願いいたします。

≪注≫yahooメール及び携帯メールをお使いの方は
迷惑メール設定をご確認の上、送信をお願いします。

◎ レッスンで作成できるものはコチラ ← をご覧ください。

◎ 最新レッスン情報はコチラ ← をご覧ください。

◎ メディア出演・掲載情報は コチラ ← をご覧ください。

 

 

簡単アロマクリームのレシピです。

 

 

 

湯煎もかけずに誰でも簡単に作れますので

 

 

是非お試しください。

 

 

【材料】

 

 

● ワセリン(薬局で売っています)…小さじ4

 

 

● お好みの精油…4滴

 

 

● クリーム容器

 

 

【作り方】

 

 

① クリーム容器にワセリンを小さじ4杯入れます。

 

 

② ①のワセリンに爪楊枝で5ミリ程度の穴をあけます。

 

 

③ ②の穴へお好みの精油を4滴垂らします。

 

 

④ ③を爪楊枝でよくかき混ぜて出来上がりです。

 

 

とっても簡単ですよね^^

 

 

風邪をひいた時は、

 

 

ユーカリグロブルスやユーカリラディアータ

 

 

またはペパーミントを入れると

 

 

スーッとして気持ちが良いです。

 

 

もちろん、ユーカリとペパーミントを2滴ずつブレンドしてもOKです。

 

 

店頭でも売られている『ヴィックスヴェポラップ』のような感じになります。

 

 

やけどをした時は、

 

 

ラベンダーやティーツリーがオススメです。

 

 

お好きな精油で、オリジナルクリームを作ってみてくださいね^^

 

 

※ 上記レシピで作ったものは自己責任のもとでご使用ください。

 

AD
◎ レッスンのお申し込み・お問い合わせはコチラ ←
メールフォームよりお願いいたします。

≪注≫yahooメール及び携帯メールをお使いの方は
迷惑メール設定をご確認の上、送信をお願いします。

◎ レッスンで作成できるものはコチラ ← をご覧ください。

◎ 最新レッスン情報はコチラ ← をご覧ください。

◎ メディア出演・掲載情報は コチラ ← をご覧ください。

 


冷え性な人も、そうでない人も

冬は手足が冷えやすいですよね。

そこで冷えにオススメのアロマをご紹介します。

【 体を温めてくれる主なアロマ3つ 】

◎ 柚子

◎ ジンジャー

◎ ブラックペッパー



この3つのアロマは体を温めてくれますので

お風呂に入る時、湯船に6滴ほど垂らして入ります。

昔から冬至に柚子湯に入るというのも納得ですね。

ジンジャーも体を温めることで有名です。

3つ目のブラックペッパーって…

お料理でスパイスとしては使われますが

アロマでブラックペッパーがあるなんて驚きですよね。

私もアロマを始めたばかりの頃は驚きました。

香りは、そのままブラックペッパーのスパイシーな香り。

調味料のブラックペッパーよりはツンっと来ない気がします。

ご紹介した3つのアロマ。

体を温めるし、食材として存在しているので馴染みはあるし

とってもオススメではあるのですが

皮膚刺激があるというデメリットがあります。

柚子 > ジンジャー > ブラックペッパー

私が実際お風呂に入れてみて皮膚刺激の強い順番です。

ちなみに私は生まれつきアトピーなので超敏感肌。

柚子は、全然ダメでした。

入浴中ピリピリして、お風呂上りは痒くなってしまって…。

ですので、敏感肌の人は柚子は避けたほうが良いでしょう。

お肌に自信がある人も、様子を見ながらお使いください。

敏感肌の私が唯一、平気だったのがブラックペッパー。

1月下旬の寒さが続いた日、我が家では毎日のように

お風呂にブラックペッパーを入れてバスタイムでした。

体の芯まで温まって、お風呂上りもポカポカです。

冷え性の人は、年間を通して大活躍するアロマですね(o^-')b

是非お試しください♪

 

 

 

※ 人によって合わないアロマもございますので、自己責任のもとでご使用ください。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

AD

高血圧とアロマ

テーマ:
◎ レッスンのお申し込み・お問い合わせはコチラ ←
メールフォームよりお願いいたします。

≪注≫yahooメール及び携帯メールをお使いの方は
迷惑メール設定をご確認の上、送信をお願いします。

◎ レッスンで作成できるものはコチラ ← をご覧ください。

◎ 最新レッスン情報はコチラ ← をご覧ください。

◎ メディア出演・掲載情報は コチラ ← をご覧ください。

 


高血圧の方に対して禁忌といわれている精油には主に

ユーカリ・グロブルスとユーカリ・ラディアータ

そしてローズマリーがあります。

少し難しい話になりますが

ユーカリとローズマリーに含まれる成分が関係しています。

中枢神経を興奮させる作用をもつケトン類のカンファー、

神経毒性のあるモノテルペンアルコール類のボルネオール、

この2つの成分は、脳に血流を促し

脳を活気づける作用がありますので

高血圧の方に対しては、禁忌とされています。

ユーカリとローズマリーは上でも書いた通り

脳を活気づける作用があるため

認知症予防としても大変人気のアロマです。

しかも1.8シネオールという炎症を抑える成分が

沢山含まれているので風邪や花粉症にもオススメです。

でも高血圧の方には使えない…(/_;)

では、ユーカリとローズマリーに似た香りの

ティーツリーとラベンサラは、高血圧の方にはどうかしら!?

こんな質問を良く受けます。

ティーツリーとラベンサラは高血圧の方にも使用できます!

香りが似ているだけでなく

成分も似ている部分があるので

風邪や花粉症、脳を活気づけるにもオススメです。

成分が似ているのに、なぜ高血圧の方にも使用できるのか?

神経毒性のある成分が殆ど含まれていないからです。

ティーツリーは、皮膚刺激のある成分が少し含まれているので

敏感肌の方は注意して使用しましょう。

香りを嗅ぐだけなら敏感肌でも使用して大丈夫です。

ラベンサラは、禁忌がないので安心して使用できます。

ラベンサラというアロマ、

一般的には聞き慣れない名前ですよね。

知名度は低いかもしれませんが

とっても便利なアロマの1つなのです。

上でも書いた風邪や花粉症、脳を活気づける以外にも

不安やストレスで精神的ダメージがある心を落ち着かせてくれたり

筋肉痛や肩こりなど、肉体疲労にもオススメなのです。

そして何より禁忌がないということ。

私のレッスンでは誰が参加しても大丈夫なように

ラベンサラのような禁忌がない、あるいは

禁忌が少ないアロマもご用意しております。


 

AD