くらげ日記

くらげ日記はエンターテイメント性の高いビジネスネタを中心にバカを織りまぜながら不定期更新で継続しようとかんがえています。ゴキブリ並みの生命力を身につけ世界中で生きていける人間を目指しています。

《管理人よりお知らせ》
五反田と新宿の会社を往復しながら時々栃木にいったりベトナムやフィリピンにいったりして外国人スタッフに英語学びながら仕事しようと思っているところです。

テーマ:




中国に帰省してたスタッフに中国でシェア急上昇中

2010年の創業から3年で年間売上は4800億円に達するかという話題の格安スマホ「小米(xiaomi)」の新機種

紅米を買ってきてもらいました。


※ちなみに中国国内の市場シェアでサムスン(21.5%)、アップル(8.3%)、ノキア(8.2%)、ファーウェイ(8.0%)、第5位が小米(7.1%)







競合の華為(Huawei)の格安スマホに対抗して最近値下げされたので

ネットで買うと699元(約12,000円)という超絶安いスマホです。

iphoneやGALAXYに納品している部品メーカーの商品を鴻海などの工場で製造しているようです。



Samsung同様にAppleとクリエイティブが酷似してるんですが

マーケティングまで1シーズン1機種に絞り込んで発売しているようです。

それでまたAppleや村上春樹、任天堂などでお馴染みの品薄商法を導入してるので

転売ヤーが中国を始め最近限定発売された香港や台湾でも蔓延っているようです。


…というわけで

結局うちのスタッフは田舎出身なので店舗で1,100元ほどで購入することになりました。



それで

デフォルトの小米マーケットだと中華アプリしか使えないので

Google Playをダウンロードすることになるのですが

これまた一度Google関連アプリをダウンロードできるアプリをダウンロードしてから

各Googleアプリをダウンロードするという2段階ダウンロードすることになります。。。

まぁ詳しくは他の人のサイトみてください。


Google PlayいれてGoogle日本語入力をダウンロードすれば

とりあえず文字入力はできるようになったのですがどうやらOSの日本語化はできないようですね。

まぁ英語は使えるので他言語化は時間の問題でしょう。



それにしても実際使ってみるとものすごいサクサク動くし

カメラも800万画素あったりするので、使用感的にはGALAXYやXperiaの新機種と遜色ない感じです。

これはこれから新興国でかなり爆発しそうですね。


(関連記事)
「中国のジョブズ」率いる「中国のアップル」スマホで躍進する小米(シャオミ)とは?
中国のジョブズ、北京小米CEO雷軍氏の素顔
中国でアップル抜いた!中国で人気スマホ小米(Xiaomi)の勢いが凄い
小米科技、ファンを動員し海外進出狙う
サムスン脅威に 小米のスマホ「紅米」1万34百円 香港1万台が36秒で売り切れ




p.s.

そういえば、用あって新宿のビックカメラにいってみました。

かなり久しぶりに家電量販店いったわけですが、

テレビコーナーはまだ日本メーカーばっかりなんですね。

Samsungとかあるのかと勝手に思ってましたがなかったです。

中国メーカーとか韓国メーカーはダサい的なのがあるのかな。

PCやスマホは普及してるから時間の問題だろうけど。


PCコーナーは半分以上海外メーカーにやられてしまってましたが、

テレビはいつまでもつことやら…

カカクコムの満足度ランキングでもLGのSmart TVが4位になってるので兆候はありますね。

小米も中国ではテレビに参入したみたいだけど、

別に最終的な製造メーカーなんて大体同じでロット勝負だし

小米が創業3年で時価総額1兆円ともいわれる規模まで拡大できてること考えると

日本メーカーの海外でのやられ方は残念すぎるな。


とはいえ諸行無常、盛者必衰なので

次は鴻海みたいな会社がそろそろ牙を剥いてBtoBからBtoCに参入する

時代がやってくるのかなぁと思ってたりします。



いいね!した人  |  コメント(2)
PR

テーマ:
というわけで、過去の話になりつつありますが、

今年の年末年始は香港とそこからフェリーで東洋のラスベガスことマカオに行ってきました。








マカオは半年ぶりで3回目ですが、なにより気になったのが大気汚染

夜の写真はそうでもないですが、昼はほんとに香港・マカオ共にPM2.5の影響が酷い。

なんか世紀末みたいな空してるし

ついた初日から喉の調子が悪くなりました。

ちょっと前は香港に移住したいとおもってたりもしましたが、

今回ありえないとおもわされました。



マカオタワーも誰が昇るんだという状態。。。




ちなみにちょっと前に話題になってた画像。


【適当すぎ】スモッグの影響を打開するために香港観光局がとった対策がお粗末すぎる件
http://rocketnews24.com/2013/09/05/365336/



元々あまりギャンブルは好きじゃないたちなのですが

せっかくマカオにいくということもあってカジノでもいくかと事前に

大王製紙の井川会長とカンボジアのカジノオーナーらしい和田氏の書籍を読みました。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録/双葉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

勝つまでやめるな!/サンマーク出版

¥1,470
Amazon.co.jp


まぁどちらも文体は軽い感じのなのですが、

仲間内の麻雀は別として、競馬・パチンコ・カジノと今まであまり勝ったことがないので

中毒になるまでもなくギャンブルにハマる人が理解できなかったですが

いわゆる“勝ちの快感”を味わうと別の世界がみえてくるのかなぁと思いました。

まぁ新年早々2日連続で案の定マカオのベネチアンで瞬殺されてハマる気配皆無ですが。。。



そんなわけでカジノは早々に撤退して、City of Dreamsにはいってるトリップアドバイザーでマカオ観光情報人気NO1のショーHouse of the Dancing Waterと人気のクラブCUBICで行われているショーTABOO Performanceをみてきました。







劇団四季やシルクドソレイユから夜のショーパブまで、それなりにパフォーマンスを観に行くのですが

あまり長時間受け身で見聞きするのが得意でないらしく結構な確率で寝てしまいます。

そんな人間でもHouse of the Dancing Waterは2回目だったのに全く寝る余地もないくらい圧倒されます。

バイクとか飛び込みとかミスると大怪我しそうなんだけど大丈夫なんだろうか…

TABOOは最近品川でやってたルノアみたいな感じでまぁ好きな人は好きな感じですね。

途中寝ましたがそれなりに楽しかったです。




いやーでもマカオは何にしても、世の中には金持ちがいっぱいいるなぁと感じる街です。

よい刺激になりますね。

香港富豪番付、マカオのカジノ経営者が躍進

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
タダで乗れるタクシー



早速ちょっと流行りのUBERを利用してみました。

六本木から家まで約15分くらいで通常夜間3000円くらいなのですが

アプリで呼び出してから20分ほどでトヨタのセンチュリーが到着しました。


写真はとってないですが、社内はテレビもあるし、無料ドリンクも完備。

なにより接客態度が素晴らしいのと、個タクみたいに臭くない!

さらに初回クーポン分で無料で帰宅しました!



初回の乗車で4,000円分(昨日くらいまで2,000円だった気が…)の無料クーポンがもらえる以下のリンクより登録してくれると私のアカウントに同額チャージされるらしく、近頃知人に口コミで強制加入させてるのですが、案外しばらくこの報酬で無料で家に帰れるんじゃないかとおもってます。




なんかステマみたいになりましたが、

まじでよいです。

というか現状日本のタクシーは競争原理が働かなさすぎて低レベルなドライバーが未だ多いので

業界破壊して外圧で革命を起こしてほしいと陰ながら願っています。


(関連記事)
超快適!話題の配車サービスUBER【ウーバー】を六本木で使ってみた
ひっそりと開始した“黒船”配車サービス「Uber」に乗車--国内ではタクシー会社と提携
高級タクシーを配車できる「Uber」を東京で利用してみた、無料キャンペーン有り 【@maskin】
スマホで簡単にハイヤーを呼べるサービス「Uber」を利用してみました

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード