新緑の森にかがり火が揺れる野外の特設舞台で、自然との共生をテーマに舞踊や能、クラシック音楽を繰り広げる「目白シンラート2010~椿山篝火(かがり)舞台」(藤田観光主催、毎日新聞社共催、クラブ・コンシェルジュ協賛)が6日、東京都文京区関口の椿山荘であり、夕闇に浮かぶ舞台を観客らは静かに見入った。

 3夜にわたる舞台は5日に始まり、舞踊の市川春猿さんによる「鐘ケ岬」に続いて6日は、桜間右陣さんの能「杜若(かきつばた)」と野村萬斎さんの狂言「棒縛(ぼうしばり)」が演じられた。

 7日は川井郁子さんによる「新緑のバイオリンコンサート」がある。【望月一夫】

【関連ニュース】
ベルリンフィル:指揮者の佐渡裕さん客演へ
日本記者クラブ賞:本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初
小澤征爾さん:8月の長野・松本公演も降板
訃報:横山勝也さん75歳=尺八奏者、東京音楽大名誉教授
バイオリン:土岐祐奈さんが優勝 ノボシビルスク国際コン

九代目市川團十郎らの胸像お披露目式 大阪(産経新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
<子ども手当>在日外国人への支給、見直し必要…枝野担当相(毎日新聞)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
米、徳之島案「運用上受け入れられない」(読売新聞)
AD