公明党の井上義久幹事長は23日午前の記者会見で、政府・与党が高速道路の新上限料金制の見直しをめぐって二転三転していることについて「政権の体をなしていない迷走内閣だ。(政策の)内閣一元化も有名無実となっている」と批判した。また、政治資金規正法改正案について「今国会で改正が実現しないことになれば、責任は鳩山由紀夫首相と民主党にある」とクギをさした。

【関連記事】
公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ
公明・山口氏「首相は説明責任、政治責任を取るべき」 首相元秘書有罪
「公明と連立なら離党辞さない」 石井一選対委員長
公明・山口代表、民主「政治とカネ」より厳しい対策を
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

【フロム・エディター】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
<追突事故>俳優の向井理さん都内で 朝ドラで水木しげる役(毎日新聞)
就任2カ月で副市長辞任、市政混乱で引責 大阪・守口(産経新聞)
京急線 生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
JR武蔵野線、運転見合わせ 西船橋-府中本町駅間(産経新聞)
AD