民主党の小沢一郎幹事長は30日午前、富山市内で記者会見し、7月予定の参院選について「1人区はほとんど自民党との一対一の血みどろの戦いをしている。複数区は、複数擁立で初めて1人区と同じ条件になる。1人区にだけ、過半数(獲得)の大目標を押しつけるのは不公平だ」と、改選数が複数の選挙区での複数候補擁立方針の重要性を説いた。

 また、今週末で参院選の候補者擁立行脚を終えるとして、「一区切りつくので、私も一息つき、(その後)47都道府県を体力の続く限り行脚したい」と述べた。

【関連記事】
地方から反小沢? 民主静岡県連が参院選で「2人目擁立は困難」
生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経 朝日も小沢氏に期待せず
菅氏「聞いてない」亀井氏「耳が悪いんだよ」 郵政改革法案、閣内の混迷深刻
生方氏が激白!「考えブレてない、今後も党にモノを言う」
まだ安心できない? 小沢氏イライラ、特捜が元側近を事情聴取

日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導(産経新聞)
<訃報>小林章男さん88歳=選定文化財保存技術保持者(毎日新聞)
多重債務者「食う」弁護士、2次被害が続出(読売新聞)
AD