酔っ払った犬(♂)のちょっと長い呟き

ジェフの試合観戦記等ジェフネタをアップする予定。
その他日々の雑ネタをズラズラ書きます。
基本的に自己満足日記です。
twitter 酔っ払った犬(♂)@jefunitedforce
HP 犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)


テーマ:
GW3連戦は、1勝1分1敗で終了。
ここからまた1週間で3試合の連戦です。
今日も勝手にプレビューします!





2017J2リーグ第13節
ジェフユナイテッド千葉 VS V・ファーレン長崎
フクダ電子アリーナ 5/13 13:00kickoff





前節 14位
勝点 16
得点 13
失点 16
得失点差 -3
完封試合 4





今季得点

清武 功暉①②③
高橋 壱晟①②
ラリベイ①②
町田 也真人①
船山 貴之①
西野 貴治①
近藤 直也①
指宿 洋史①
山本 真希①



今季警告(累積警告)/退場

若狭 大志 退場①(第13節出場停止)
熊谷 アンドリュー 警告④(第13節出場停止)
清武 功暉 警告③
多々良 敦斗 警告③
町田 也真人 警告③
ラリベイ 警告②
船山 貴之 警告①
アランダ 警告①
羽生 直剛 警告①
イ・ジュヨン 警告①
西野 貴治 警告①
ホルヘ・サリーナス 警告①
佐藤 優也 警告①
近藤 直也 警告①





GWのアウェー2連戦、讃岐戦と金沢戦はブログお休みしてしまいました。
試合も1分1敗と、なかなか満足出来る結果は得られませんでした。


特に負けてしまった金沢戦では。
1人退場になって選手が少ない金沢に追加点を奪われ敗戦。
試合後は、罵詈雑言が飛び交っていましたね。


負けて面白くないのは、誰でも一緒だと思います。
そして我々サポやファンよりも、一番悔しい思いをしているのは。
選手でありエスナイデルさんだと思います。



色々な声を聞きましたが。
私は、まだまだ楽観的にというか。
根拠も無く前向きな気持ちでいます。


土台も何も無いチームに。
新しい“戦術”を授け、チームとして強くなろうとしている段階。
今のエスナイデルジェフは、正にそういう状態だと思います。


何度か負けたり。
ゴールが増えず失点が減らない、といった今の状況は。
まだまだ許容範囲の内だと思っています。


結果が出なかったり。
課題も多かったり。
不満は色々あるとは思いますが。
私には、例え少しづつでも“前進”出来ている実感がある。


何よりも、“強いチーム・クラブ”って。
そんなに簡単に短期間で出来るもんじゃない、と強く思っているので。
前向きに、辛抱強くチーム・クラブと共に戦っていきたいと。
強く強く思っています!



3試合振りになりますが。
今日も勝手にプレビューします!





今多くのサポがエスナイデルジェフに感じる事は。
ゴールが増えてこないのに失点が減らない。
これだと思います。


多くの人がもやもやしているのは。
正にこの部分だと思います。



12節が終わった段階で、ジェフのゴールは“13”。
これが多いか少ないか、簡単には判断出来ませんが。
“ハイプレス・ハイライン”戦術で戦う今季のジェフにとっては。
決して多い数字だとは思えません。


相手を“圧倒”して勝利する事を目指すエスナイデルジェフですが。
まだまだそのfootballは、完成には程遠い。
エスナイデルさんの考える“football”の内、まだ2~3割くらいしかピッチで実践出来ていない。
これが正直な所と思います。


攻守両面で、まだまだ課題が多いジェフですが。
ゴールがなかなか増えないのに、失点はなかなか減らないっていうのは。
やっぱり見ていて面白くないでしょうし。
エスナイデルなにやってんだ!、みたいな話につながってしまうと思います。


“ハイプレス・ハイライン”戦術は、どう贔屓目に見ても。
やはりリスクは大きい戦い方と思います。
“リスク”を取るのならば、それ以上の“リターン”は絶対に必要です。


かつてのクライフが率いたバルセロナの様に。
「2点獲られたら5ゴールぶちこんでやれ!」みたいな事が出来ればいいのですが。
現代のfootballは、より“戦術”と“戦術に合った個の力”に重きが置かれ。
相手を分析し対策する事が、試合を“決定”する大きな要因になり。
極東の“J2リーグ”では、更にその傾向が強まっていると思います。


どんな相手だろうと、どんな対策打たれ様とも。
自分達のfootballで、それを打ち負かす。
これこそエスナイデルさんの考える“football”だと思いますし。
まったく相手を見ない訳ではないと思いますが。
自分達の“football”で相手を圧倒し。
やりたい事をさせないっていうのが。
エスナイデルジェフの目指す所と思います。


そう考えると、“圧倒的な攻撃力”が必要になると思うのですが。
現状のジェフは、まだまだそこまで辿り着けていない。
これが、すっきり出来ない大きな要因と思いますし。
相手クラブが対策してくる所と思います。



J2での今までのジェフを考えれば。
よく分かる事がある。


一部の“自動昇格”を狙う“J1からの降格クラブ”を除けば。
ほぼすべてのクラブは、ジェフに“対策”して戦いを挑んでくる。


特にJ2で中位~下位のクラブ。
“自分達のfootball”はほぼ無視して。
対策してくる。
次の試合にまったく役に立たない事でも。
それを実行してくる。


中位~下位のクラブに勝てない事を。
大声で批判する人も多いですが。
相手がきっちり対策してくるんだから。
そもそも簡単に勝てる相手では無いんですよ。


ジェフよりも明らかに強いクラブは。
そもそも“ジェフ対策”なんてしてこない。
だから、天皇杯他で。
強いクラブと戦うといい試合が出来る。


でも、“J2でのジェフ”には。
ほとんどのクラブが、何かしら対策してくる。
そこで簡単に勝てない事は当たり前だし。
“順位が下”のクラブに勝てない事は。
ジェフがダメだから、だけが理由では無いと思います。



だからと言って。
このまま勝利を積み重ねる事が出来なければ。
どんどん厳しい状況になるのは明白です。


今ジェフに。
何が足りないのか。
酔っ払い、今夜も勝手に語ります!





今季のジェフは、“ボール支配率”で圧倒する試合が多い。
どの試合も、大体60%の後半くらいは記録しているはずです。


ただ、“ボール支配率”の高さがゴールにつながっていない。
何度も書きますが、これが今大きな課題であって。
エスナイデルさんや選手への不満は、元を正せばこれだと思います。




“ハイプレス・ハイライン”戦術で戦うエスナイデルジェフ。
“ボール支配率”の高さは、チームに取ってとても重要な事と思います。


いくら“ハイライン”でエリアを狭めても。
90分間“ハイプレス”で走り回る事は、実際には出来ない。
自分達がボールを保持し、自分達がボールを動かし続ける限り。
相手はジェフを“攻める”事は出来ない。


“ボールを保持し自分達がボールを動かす事”=“ポゼッション”する時間が長ければ。
それだけ相手に“攻撃される”時間・プレーを減らす事が出来る。
毎試合高い“ボール支配率”を記録出来ている事自体は。
私は悪い事とは思っていません。


“ポゼッション”の質、要するにボールの動かし方に大きな課題があって。
そこで今エスナイデルジェフは苦労している。
私はそう考えています。




ボールを保持し自分達でボールを動かすと言っても。
相手がそれを自由にさせてくれる訳ではありません。


プレッシャーを掛けたり、パスコースを潰す事によって。
当然相手もボールを奪いにくる。


私は、90分間常に攻撃的な姿勢でいる必要は無いと考えています。
ボールを自分達が“保持し続ける”事が、大きな目的の一つと考えるからです。


相手のプレッシャーが厳しかったり。
パスコースを限定されている時に。
毎度無理して前に出るプレーは必要無い。
無理に前に出ようとした揚げ句、詰まって無策なロングボールを蹴ってしまう。
それ以前に、相手に潰されボールを奪われる。
これが一番よくないプレーと思います。


特にピッチの中央は、相手の選手も多くいるエリア。
そこで不用意にボールを奪われれば。
相手も人数がいる訳ですし。
簡単にはボールを奪い返せない局面も多い。
そこでボールを奪えなければ。
相手は“ハイライン”の後ろのスペースを、必ず狙ってくる。


常に“複数”のパスコースを、ボール保持者に持たせる事と。
常に安全な“逃げ道”を作っておく事。
ボールを保持し続ける為に、絶対に必要な事と思います。
サイドのスペースや、CBやGKにボールを戻してもいい。
ボールを動かす時に、常に“安全策”を用意する事。
これが大事だと思います。


言葉にすると簡単な感じがしますが。
当然相手がいる中での話ですから。
パスコースを消しにくる相手よりも、賢く走り動かなくてはいけない。
バイエルンやバルセロナの選手の様に、圧倒的な足元の“技術”がある訳ではないですから。
そこは、“賢く”動き回る必要があります。
当然選手間の“意識の共有”や“連携”が必要。
まず、この部分がまだまだ足りない事と思います。



しかしプレッシャーの緩いエリアで、ただボールを動かしているだけでは。
当然相手のゴールには届かない。
どこかでリスクを掛けて、相手ゴールに向かって仕掛ける必要がある。


しかも相手は、大体ゴール前に人数を掛けて。
ブロックを作って待ち構えています。


単純に考えても。
相手がなんとかゴールを守ろうと構えている所に仕掛ける訳ですから。
簡単に相手ゴールに迫る事は出来ない。


相手の“想定と対策”を上回るプレーか。
そもそも相手が“想定していない”プレー。
これがゴールに向かう為に、必要な事と思います。


前の段落に書いた事と同じで。
選手がもっと“賢く”走り動く事が必要ですし。
“意図を共有”し“連携”する必要がある。


今のジェフには。
かつての“10番”ピエール・リトバルスキーの様な。
一人でドリブルで仕掛け、局面を変えられるタイプの選手はいないのですから。
ピッチに立つ選手一人一人が、“賢く”走り動き回る必要がある。




私の頭の中では。
ボールを保持し自分達で動かそうとプレーする中で。
安全にプレーする局面と、リスクを掛けてでも相手ゴールに向かう局面の。
“選択”というか“判断”が、チームで統一出来ていない事。
これが、現状の一番の課題と考えています。


超簡単に言ってしまえば。
やらなきゃいけない場面でやらずに。
やっちゃいけない場面でやってしまう。
こんな感じです。


もう一点は。
“リスクを掛ける”事に対する意識の違い。
これと思います。
どの局面でどこまでリスクを掛けるか。
これに対する意識が統一出来ていないので。
ゴールに向かうプレーも中途半端だし。
“リスク”に対してのフォロー・カバーも中途半端。


毎試合圧倒的にボールを支配しているのに。
ゴールが遠く、簡単に失点してしまうのは。
この辺が大きな要因と思っています。



ブログお休みした金沢戦の後の、酔っ払いのtwitterでの呟きです。






今日も長々書いてきましたが。
今の課題の多くは。
メンタルに起因するのではないかと考えています。


ボールを失う事を過剰に恐れ過ぎている。
私は、これが大きな問題で。
それが多くの課題の根本的な要因であると、勝手に感じています。


もちろん戦術や技術の課題も多いですが。
今は、それ以前の課題と戦っている印象です。



メンタルが課題とか書くと。
何言ってんのこの人みたいに思われるかもしれませんが。
私はちょっとした切っ掛けで、劇的にチームは変わると思っています。


例えばボムヨンや指宿のプレーだったり。
金沢戦のラリベイのゴールやアランダのプレーだったり。
壱晟がBay-FMの番組で不満や課題を語ったり。
そういうちょっとした事が、チームが変わる切っ掛けになってくれれば。
そう願っています。




ちょっとまだまだ書きたい事があるのですが。
Bluetooth keyboardの調子が悪くて。
まったく先に進まないので。
妄想フォーメーション貼って終わりにします。





“アンカー置いた3-5-2”と“4-3-3”を併用してきたエスナイデルさん。
長崎は“3バック”ですが、どちらを選択するか。


ディフェンスの安定を考えれば。
CBが3人で、両WBが下がれば“5バック”になる“3バック”。
前でボールを動かす事を考えると。
CBが2枚になる“4バック”。


エスナイデルさんがどちらを選択するか。



もう一つ注目は。
CB若狭とアンカー熊谷が揃って出場停止な事。


横浜に大敗した後も、メンバー変えなかったエスナイデルさん。
今節は2人出場停止ですから、変えざるを得ないけれど。
どう選手を組み合わせてくるか。



私は、ちょっと変えてくると妄想しました。
“3-5-2”か“4-3-3”かは分からないので。
両方貼ります。


まず“3-5-2”。



次に“4-3-3”。




一応どちらも也真人が出れる前提で。



マジでkeyboardがダメです。
全然進まないので。
一言で終わりにします。


FWの軸は、“2トップ”でも“3トップ”でもラリベイ。
アランダは、アンカーではなくて。
インサイドハーフかWB(SB)で出場かも。
酔っ払いの妄想です!



さっきから、一文書くのに数分掛かっていて。
イライラするし、もう無理です。
今日はここで終わりにします。


twitter他では問題無いのに。
何故アメーバだけダメなのか。
かなりご立腹です。
アプリも更新したし、何度も再起動しているのに。





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



ホームページ作りました。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

こちらもぜひ宜しくお願いします!




2試合お休みしてしまいましたが。
また是非お相手お願いします!
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉ランキング
 





今日の一言「勝つ事で、雑音を消していこう!」  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っ払った犬(♂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。