酔っ払った犬(♂)のちょっと長い呟き

ジェフの試合観戦記等ジェフネタをアップする予定。
その他日々の雑ネタをズラズラ書きます。
基本的に自己満足日記です。
twitter 酔っ払った犬(♂)@jefunitedforce
HP 犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)


テーマ:
厳しい状況が続きますが。
リーグ戦は、休み無く続きます!
今日も勝手にプレビューします!





2016J2リーグ第38節
ジェフユナイテッド千葉 VS V・ファーレン長崎
フクダ電子アリーナ 10/30 13:00kickoff





前節 12位
勝点 45
得点 45
失点 49
差 -4
完封 10



今季得点

町田 也真人①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩
エウトン①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩
船山 貴之①②③④⑤
長澤 和輝①②③④
井出 遥也①②③
オナイウ 阿道①②③
吉田 眞紀人①②③
富澤 清太郎①②
近藤 直也①②
山本 真希①
阿部 翔平①
丹羽 竜平①



今季警告(累積警告)/退場

若狭 大志 警告⑤/退場①
アランダ 警告②/退場①
エウトン 警告⑧(③/38・39累積)
長澤 和輝 警告④(①)
イ・ジュヨン 警告④(①)
町田 也真人 警告④(次節累積)
船山 貴之 警告③
近藤 直也 警告③
富澤 清太郎 警告③
井出 遥也 警告②
山本 真希 警告②
オナイウ 阿道 警告②
吉田 眞紀人 警告②
菅嶋 弘希 警告②
丹羽 竜平 警告①
多々良 敦斗 警告①
阿部 翔平 警告①
北爪 健吾 警告①
大久保 裕樹 警告①
佐藤 優也 警告①
乾 貴哉 警告①





ジェフは現在、6戦勝ち無しの4連敗中です。
順位も、12位まで落ちてしまいました。



関塚さんから長谷部さんに指揮官が代わり。
まず“ディフェンスの安定”に取り組んだジェフ。
そこでは一定の成果を得て。
さらに前に、っていう段階で。
壁にぶつかってしまっている印象です。


相手クラブが、きっちりジェフを研究し対策してくる事。
これも大きいと思いますが。
選手の怪我等の離脱と。
そもそも、今季の選手編成の課題でもあるかと。
私は感じています。



多くの方が分析されていますが。
今季は選手ほぼ全取っ替えしたのに。
攻守両面で、選手個人のセンスや経験値に頼ったfootballを続けてしまった。
“土台”から作り直さなければいけない時に。
“土台”を軽視し、上の建物を作る事を考えてしまった。
これこそ、今季“最大の失敗”だと思います。


シーズン途中に監督(代行)に就任した長谷部さん。
今季の始動から放置されていた課題に対し。
日々努力されていると感じますが。
そんなに簡単に話は進まないよな、っていうのが。
最近の、率直な印象です。


さらに、選手の編成は。
おそらく関塚さんが望んだもの。
関塚さんと長谷部さんの目指すfootballは。
狙う所は、大きく変わらないとは思いますが。
求める選手、必要な選手は。
やっぱり違う。
加えて、怪我等で稼働率が低かったり。
パフォーマンスが低調な選手がいる。



今、ジェフはとても厳しい状況に置かれています。
でもそれは、今季の始動から放置されていた課題等の。
ツケを今払わされている、そう言っても間違いではないと思います。


毎度毎度、前向きな事を書いてきましたが。
これは、もう認めざるを得ない事実だと思います。



じゃあ、長谷部ジェフはもうダメなのか。
私は、まったくそうは思いません。


少しずつでも、毎試合前進していると。
私は勝手に思っています。
なかなか結果が出ない試合が続きますが。
私はそう思っています。


ただ、戦術的な相性だとか。
相手のジェフ対策だとか。
パフォーマンスの低調な選手がいたりだとか。
結果がでない事で、選手が萎縮してしまっているとか。
そういった部分で、“悪い面”ばかり目立ってしまっている事。
これも、事実だと思います。




ここは、サポにとっても重要な局面です。
私は、歩みは遅いけれど。
チームは、着実に前に進めていると思っていますが。
そういう“評価”をしていないサポも。
大勢いると思います。


ここで、クラブ・社長・GM・長谷部さんを否定・攻撃し。
引き摺り降ろすか。
少しずつでも前に進むチームを後押しするか。



鈴木淳さんを解任した時の事を思い出します。
鈴木淳さんのチームは。
時間が掛かるfootballに取り組んでいたし、パッと見てはっきりチームの前進が分かりにくかったとは思います。
直接の“解任の引き金”は。
“ホーム”フクアリで、湘南に虐殺された試合だったと思いますが。
鈴木淳さんが、しっかりと“土台”を作れたからこそ。
後を継いだ関塚さんは、昇格こそ出来ませんでしたが。
その“土台”の上の“建物”を作る事に専念出来た。
J2で3位と、J2での過去最高位でシーズンを終われたんだと思います。


山口智を放出し、山口慶が引退し。
鈴木淳さんの作った“土台”も壊れてしまった昨季は。
序盤こそ好調だったものの。
結局は、過去最低の結果で終了。
今季は、選手ほぼ全取っ替えして。
なんにも無くなってしまった。


私は当時から。
鈴木淳さんの解任に大反対でしたし。
今でもあの判断は、大きな間違いだったと思っています。



今の長谷部さんは。
当時の関塚さんとは、まったく“逆”の立場だと思います。


一度壊してしまった“土台”を。
もう一度、作り直しながら。
なおかつ“勝利”と“結果”を求められる。


はっきり言ってしまえば。
無茶苦茶な要求だと思います。
でも、この“困難”な状況に。
真摯に向き合って。
チームを前進させている。


私は、ここからどんな結果が出ても。
長谷部さん続投を支持しますし。
“土台作り”が出来なければ。
例えオシムさん親子が帰ってきたって。
一からやり直しになるのは同じです。



J2暮らしが長くなって。
サポのストレスや不満も、頂点に達しているかもしれませんが。
ここで、そのストレスをそのままチーム・クラブにぶつけるのか。
選手の背中を押し、共に戦うのか。


我々サポも、試されていると思います。
私は、毎度毎度言い続けていますが。
“今こそWin By All!”な時だと思います。


“どんな時でも俺達が付いている”。
そう高らかに歌った2008年を。
ちょっとでも、思い出してみましょうよ。
シーズン開幕から11試合も勝てず。
リーグ最下位を爆走し。
毎試合毎試合泣きながら家路に着いたあの年。
何で最後まで諦めずに、選手の背中を押し続けられたのか。


ジェフが好きだから。
私には、その言葉しか思い浮かびません。


今季の、J1への昇格は。
可能性はまだ“0”ではありませんが。
実質もう無理です。
J3への降格争いの方が。
勝ち点差は近いくらいです。


ジェフが“J1”だから好きだったのか。
私自身は違いますし。
今ジェフを応援しているサポの皆さんも。
私と同じだと思っています。



ここから、どれだけ踏ん張れるか。
それは、選手や長谷部さんだけではなく。
我々サポも同様と思います。


ここでクラブや長谷部さんを否定・攻撃して。
社長以下重要なポジションの人達を引き摺り降ろしても。
毎年監督のクビ切ってきた事と。
大した違いはないと、私は考えます。


“毎年監督のクビ切る”と、世間からネタにされてきたジェフ。
サポ自身も、それ(監督を直ぐにクビにする事)を否定してきたはずです。
今何故、自分達から同じ様な事を要求するのか。



私は、twitter等でも繰り返し言っていますが。
“ジェフが100年続く”クラブになる為に。
色々ちょろい事を、勝手にやっています。
ジェフが100年続くクラブになって、地域を巻き込んで盛り上がって。
その結果、千葉が盛り上がる。
やがてチーバくんを元首に千葉が独立し、W杯に代表チームを送る。
最後のは冗談ですが、私はそんな事を願っていますし。
その為に、役に立っているかどうか分かりませんが。
色々勝手にやっています。


たかだか10年近く低迷したからって。
バス囲んだり、フクアリで選手に喧嘩売ったりする程の事じゃない。
異論反論あるでしょうが。
私は本当に、そう思っています。


今我々サポに出来る事は。
選手の背中を押し、共に戦う事のみ。
長谷部さんには、最初の方に書いた様に。
無茶苦茶な要求をしているんですよ。
しかも長谷部さんは、“新人”監督。
ならば、どんな結果が出ても。
最後まで、傍にいて共に戦わないと。
“骨は俺達が拾ってやる”くらいの気持ちが、サポにもないと。
選手も長谷部さんも、やってられないと思いますよ。




色々偉そうに書いてきましたが。
football clubって、そんなに簡単なもんじゃないと思うんですよ。


サポの思う様にならないからといって。
いちいち暴れてたら。
いちいちクラブの刷新を求めていたら。
地域にも根付かないし。
クラブは100年続きません。



Jリーグがよく比較され、お手本と言われるヨーロッパ。
よく欧州に比べてJは、みたいな台詞見掛けますよね。
でもヨーロッパのトップクラブだって。
100年以上、常にトップだった訳ではないでしょう。
常にサポーターがクラブに結果を要求し暴れている訳ではないでしょう。
私は、欧州や南米と比較する必要もないし。
日本・Jリーグ独自の道でいいと思っていますが。
敢えてそういう話に乗って、ちょっとだけ簡単な話を。
イングランドとイタリアのクラブの話でしてみます。


ユベントスとリヴァプールが戦った、1985年のヨーロッパチャンピオンズカップ決勝戦。
ベルギーの“ヘイゼル・スタジアム(現在はボードゥアン国王競技場)”。
“ヘイゼルの悲劇”と呼ばれた試合。
リヴァプールサポが挑発を始め、それに応えたユベントスサポとの衝突が大事故に発展。
死傷者が出て(死者39人負傷者400人以上)。
イングランドのクラブは、しばらくヨーロッパの舞台から排除されました(リヴァプールは6年、その他のクラブは5年)。
ヨーロッパチャンピオンを決める、最高の舞台が。
大きな悲劇になってしまった。
“フーリガン”と言う言葉が広まる切っ掛けであり。
footballを愛する人達が、絶対に忘れてはいけない試合。


現在日本代表の本田圭佑の所属する“ACミラン”。
80年代後半から90年代に“ゾーンプレス”で世界を席巻。
クラブチームなのに、当時ブラジル代表とテストマッチをするくらい。
当時は“世界の中心”だったクラブですが。
80年代半ばまでは、八百長事件等もあり。
二度もセリエBに降格。
元イタリア首相のベルルスコーニに買われるまでは。
今の様なトップクラブではなく、低迷が続くクラブでしたが。
低迷している時期でも、サポーターからは愛され続けたからこその。
復活劇だったんだと思います。
だからこそ、サポが選手やクラブに厳しい風潮が許されるのでしょう。



子供を連れていても、楽しく参戦出来る。
チケットの料金を割高にしなくても。
これは、日本とJリーグが世界に誇れる事と思います。
相手選手やサポに挑発されても。
暴動や騒動にはならない。
たまに問題が起こりますが。


結果やカテゴリーに関わらず、クラブを愛し応援し続ける。
これは、欧州や南米に学ぶ事が多いかもしれません。
スタジアムで暴れるとか、そういう事につながる話でもありますよね。



ちょっと大袈裟な話をしましたが。
“暴れる”事って、どんどんエスカレートするんですよ。
京都の選手に挑発されたからペットボトル投げた。
挑発した選手も悪い。
そんな話を見ましたが。
“サポーター”が、自分達の感情や要求を。
“暴力”を使って訴えるっていうのは。
本当に危険な思想と思います。


結果が出ない選手に文句言ったら。
逆に言い返してきたから、選手に物を投げ付けた。
これも、本当に同じ事ですよね。
バス囲んだりする事も、結局は同じと思います。


過激で派手である事こそ、footballの応援。
そんな、間違った考え方の人が一部でもいれば。
日本のfootball・Jリーグの歴史は終わってしまう。
逆に、結果やカテゴリーに関わらず。
クラブとfootballを愛する。
まだまだ、こういう人は少ないと感じます。


“プロ野球”以外は、流行り物くらいしかまともにメディアに扱ってもらえない日本で。
footballとfootball clubが、地域に根付くには。
もっと大きな存在になる為には。
まだまだ努力が必要です。
地道に努力している人も多いのに。
それを一瞬で壊す人がいる。


ジェフだけの話ではなくなってしまいましたが。
今、本当に強く感じている事です。




話をジェフに戻します。


色々ごちゃごちゃ書いてきましたが。
無茶な要求突き付けられているのに。
結果が出なくて下を向いてしまいがちな選手や長谷部さんに。
ヤジ・罵声・ブーイング浴びせて、どれだけ意味があるのか。
タオマフや太鼓のバチ投げ付けて、何が解決するのか。
背中を押し、共に戦う事こそ。
現状を打破する、唯一の手段と私は思います。


何偉そうに語ってんだこの野郎!
そう思う人も多いと思いますが。
まずは、選手と長谷部さんの事を考えましょうよ。
まずは応援し、背中を押しましょうよ。
勝利を目指す為に。
話はそれからですよ。
シーズン終わって、私の言ってる事が間違いだと思うならば。
その時に文句言ってきて下さい。
今は、まず応援し共に戦う事ですよ!
私は、心の底からそう思っています!




前回(徳島戦)をお休みしてしまって。
書けなかった事を、ちょっと書いてみました。


“サポ論”みたいな話は終わりにして。
具体的な事を、ここからは書きます。





ここからは、footballの中身の話を。



“ディフェンスの再構築・安定”からスタートした長谷部ジェフ。
自分達のバランスで守る事は、出来る様になってきた。
では、そこからどう攻めるのか。
今、ここで壁に当たっていると思います。




“4-4-2”の3つのラインで、きちんとバランスを取って。
守る事は、出来てきていると思います。


では、そこからどう攻めてゴールに向かうか。
これが、今直面する課題と思います。



今のジェフは、なかなか結果が出ない事もあって。
チームでなかなか“一つ”になれていない。


バランスよく守る事は、とても大事ですが。
攻めに出る場面では、リスクを取る事も必要です。


今ジェフは、バランスよくきちんと守った上で。
自分達からボールを動かし、相手ゴールに迫るfootballを目指していますが。
ディフェンスの約束事や意識が、選手によって違う。
これが、課題の根本と感じます。


相手も当然、きちんと守ってくる。
ジェフ相手だと、普段以上の分析をして普段以上の力を出してくるクラブの多いJ2リーグ。
どこにどれだけリスクを掛けるのか。
これは、大きなテーマと思います。



長谷部ジェフの基本は。
まず“きっちり守る”事。
私は、そう思っています。
それが、いい意味でも悪い意味でも。
最近の試合の、“スロースタート”の原因と思います。


酔っ払った素人の私が、毎回ブログに書くくらいに感じるのですから。
相手クラブは、もっとそこを強く意識してくるのでしょう。


まずはきちんと守る事を考えているのに。
前線の選手は、そこから前に出る意識が強い。
ゴールや勝利から遠ざかっているので。
余計なプレッシャーや焦り等あるのだと思いますが。
中途半端なプレーが多い。


チーム全体としては。
バランスよく守りながら、と考えているのに。
気持ちが前のめりな選手がいるから。
攻守のバランスが悪くなる。



自分達からボールを動かし。
パスをつなぎながら攻撃するには。
リスクを掛けた動き・プレーが必要になる。


構えた相手を崩す為には。
自分達から、ディフェンス時のバランスを崩してでも。
選手が動き、ボールを動かす必要がある。


でも今は、チーム全体でそこに意識を統一出来ていない。
出来ていないから、ボールは後ろでしか回らないし。
苦しくなってのロングボールが増える。


サイドのスペースが重要だと言っても。
ボランチが真ん中空けて、サイドには出ていかないし。
重要なエリアを、リスクを掛けて攻められない。
相手は、もちろん対処してくる。
パスが前に出せなかったり、単騎でドリブルで仕掛ける局面が増えたり。
後ろでボールを回すだけになってしまったり。
スタートから飛ばして、厳しくチェックにくる相手に対して。
チームで意識・意図を共有出来ていないから。
対応が、後手に後手に回ってしまう。



今のジェフは。
“4-4-2”の3ラインが。
適度な距離で、タテにもヨコにも構える事を目指し。
これが出来てきた矢先に。
自分達から、それを崩す様な試合展開が増えてきた。


前の選手は、気持ちが前につんのめる。
前から走ってディフェンスしてくれてはいるのですが。
相手のプレーを、制限出来ていない。


前でプレーを制限出来ていないので。
後ろは、無理して前には出ていかない。
すると、前と後ろの間に。
ポッカリとスペースが出来てしまう。


そこに、能力の高い選手がいると。
自由にプレーさせてしまって。
常に後手に回る展開から。
さらに後ろの選手が下がってしまう。



今は、物凄い悪循環に嵌まってしまっている。
そういう印象です。


今日はちょっと体調が悪く。
かなり酔っ払ってしまって。
段々書くのがキツくなってきてしまったのですが。
今ジェフに必要な事は。
攻守両面で、意識・意図を共有し。
3ラインがコンパクトに、タテにもヨコにも適度な距離を保ちプレーする事。
これを、全員が強く意識する事。
私はそう思います。


前に出る時は、ビビらずに全体で前に出る。
引いて守る時は、変な色気出さずに全体で引く。


相手が最初から飛ばしてくるならば。
引いて、それを完全に受け切る。
相手が疲れて落ちてきたら。
全員で、勇気を持って前に出る。


要は、試合の中で。
自分達で“メリハリ”を付ける事。
相手に合わせるだけではなく。
そう思います。


それと、“タテに速く仕掛ける”攻撃が。
最近出来ていません。
本来、長谷部ジェフの一番有効な攻撃手段だったはずなのに。
船山が一番得意なプレーなのに。
“バランス”等に意識が向き過ぎて。
忘れてしまっている事と思います。





すいません、もう疲れてしまいました。
妄想フォーメーション貼って、簡単に終わりにします。






今節の注目ポイントは。
也真人とエウトンが、揃って累積警告で出場停止って事です。


二人がいなくて、どうやって攻めるの?
散々見た意見ですが。
やらなきゃしょうがないでしょうよ!


私は、長澤を2トップ気味の“トップ下”に置くと妄想しました。
前節徳島戦で、長谷部さんは長澤をスタメンボランチから外しました。
恐らく来季はジェフにいないであろう長澤を。
本来の“トップ下”に近いポジションでプレーさせる。
目の前の試合の勝利には、一番の近道かもしれません。



1トップは船山。
ここらで、意地を見せてほしいですね。
ただ、船山右SHで眞紀人1トップもあるかな。
とも妄想しています。


でも、本音は菅嶋が右SHです。
攻撃面では船山ですが。
ディフェンスその他考えれば。
私は、菅嶋に頑張ってほしい。
ついでに、ジェフに完全移籍してよ!



比嘉・阿部の状態が分からないし。
徳島戦のプレーがよかったので。
左SBは乾一点。


CBは、若狭復帰と妄想。
岡野はとてもよかったですが。
ここまでスタメン張ってきた若狭のメンタル等考えれば。
長谷部さん若狭を選ぶかなと。





マジで辛いので。
もう終わりにします。


勝っても負けても。
J1でもJ2でも。
変わらぬ声援と応援を。
選手に届けたい。


私は、いつでもそんな事を考えています。
色々な考え方があるでしょう。
ジェフやfootballへの関わり方も、人それぞれと思います。
それでいいんだと、私は思っています。


ただ、自分は“サポーター”と名乗るのならば。
話が別です。
私は、常々そう思っています。


ご意見や文句は、シーズン終わってからお願いします。
マジで待ってるよ!





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



ホームページ作りました。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

こちらもぜひ宜しくお願いします!





一週間空けてしまいましたが。
またぜひお相手お願いします!
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉 ブログランキングへ



今日の一言「ジェフが100年続くクラブになる為に。私の願いはそれ一点です!」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っ払った犬(♂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。