酔っ払った犬(♂)のちょっと長い呟き

ジェフの試合観戦記等ジェフネタをアップする予定。
その他日々の雑ネタをズラズラ書きます。
基本的に自己満足日記です。
twitter 酔っ払った犬(♂)@jefunitedforce
HP 犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)


テーマ:
劇的な勝利を収めたJ2リーグ開幕戦。
次節は今季最初のアウェー戦です。
今日も勝手にプレビューします!





2016J2リーグ第2節
ジェフユナイテッド千葉 VS ファジアーノ岡山
シティライトスタジアム 3/6 14:00kickoff





前節 2位
勝点 3
得点 2
失点 1
差 +1 
完封 0



今季得点

吉田 眞紀人①
長澤 和輝①



今季警告/退場

エウトン 警告①
多々良 敦斗 警告①





劇的な勝利を収めたJ2開幕戦。
ホーム・フクアリ開幕戦でもありました。


次節は今季最初のアウェーゲーム。
J2降格以降、アウェーで弱い弱いと言われ続けたジェフが。
生まれ変わった今季はアウェーで勝てるか。


相手は、元代表選手や現役オリンピック代表選手を擁する岡山。
昨季はジェフよりも下のJ2で11位でしたが。
今季は、より注意するべき相手と酔っ払い思っています。


ジェフは開幕戦で露になった課題を解消し。
一歩でも進化出来るか。
強い相手との、J2リーグ戦での対戦で。
新たにはっきりしてくる事もあると思います。


今日も酔っ払い、勝手に語ります!





開幕戦、ホームフクアリでの徳島戦。
結果だけ見れば、劇的なロスタイム逆転勝利ですが。
90分の中で、より自分達のやりたい事が出来ていたのは。
間違いなく徳島だったと思います。




今季のジェフ。
ピッチに立つ選手の技術やスピードは。
明らかに昨季よりもレベルが高いと。
ここまでの試合を見て感じます。


ジェフが好きだから、贔屓目に言う訳ではなく。
アランダ・エウトンの南米コンビや。
CB近藤、SB阿部、FW船山、ドイツ帰りのMF長澤なんかは。
何故J2のジェフに移籍してきてくれたのか。
っていうくらいのレベルの選手と思う。


ここに挙げた選手以外も。
もちろんレベルが高い選手が揃っていて。
チーム内でのポジション争いは。
とても厳しい競争と思う。



その、レベルの高い選手が揃っていて。
プレシーズンには、J1クラブに互角以上に渡り合えたジェフが。
何故J2のリーグ戦で、思う様に戦えないのか。


毎年突き付けられる課題です。
相手のやりたい事をさせない事をまず考え。
相手の隙を突く事を中心に考える多くのJ2クラブに。
過去6年間、散々やられてきました。


徳島戦も、その延長と考えがちと思いますが。
私は、ジェフ自身の問題なんだと。
今季の開幕戦は感じました。




昨季から選手が大幅に入れ替わった今季のジェフ。
開幕戦徳島戦のスタメンとベンチには。
昨季から在籍する選手は。
スタメンに遥也と富澤、ベンチに勇人の3人のみ。


J2クラブ相手の苦手意識や。
変に構える事は。
新たに加わった選手達には無かったはずだと思っています。


では何故、あの様な試合になってしまったのか。
慎重過ぎる意識と。
チームで意図を共有出来なかったミス。
酔っ払い、勝手にそう感じています。


開幕戦、どこのクラブも。
もちろん勝って勢いに乗りたいと考えます。
同時に、特にホームで戦うクラブは。
負けたくない、って気持ちも強いはずだと思います。


私は、それが悪い方向に作用してしまった。
そう思っています。



具体的には。
ジェフのボランチは、アランダと富澤のコンビ。
富澤の起用は。
高さと強さ、ディフェンス面を考えての選択と思います。
如何にゴールを奪うか、というよりは。
まずは手堅く守る、という意味での起用だと思っています。


実際に試合の中で。
アランダはCBの間に降りてきたり、低いポジションでボールを受け。
低いポジションからパスを散らしたり、タテパスを狙う展開。
相方の富澤も。
あまり高いポジションには顔を出さず。
タテの関係ではなく、ヨコの関係でした。
ちょっと無理矢理なロングボールも多かった。


中盤ど真ん中の二人が、低いポジション取り。
しかし前線のFW船山と右SH小池は。
タテを強く意識し、特に船山は常に相手ディフェンスラインの裏のスペースを狙う動き。
後ろからのロングボールを連発する展開に。
FWエウトンは、センターライン付近でポストプレー。
左SHの遥也は、ボールをキープし仕掛けるも。
フォローが少なく、攻撃は単発的に。


対する徳島。
フォーメーションはジェフと同じ4-4-2。
徳島は、ジェフの“攻守の中心”アランダを避ける様に。
スピードと技術のある2トップにタテパスを入れてきます。


2トップに入ったボールを。
これまた技術のある両SHがすかさずフォロー。
ここを起点に攻撃してきました。


そして徳島のボランチ2枚は。
攻撃への関与とジェフへのプレッシャーとで。
積極的に前に出てきました。


プレシーズンのジェフを。
よく見て分析し、対策してきたのだと思います。
ジェフがプレシーズンに見せたfootballと。
よく似た事を徳島にやられてしまったって印象です。


ジェフをよく分析し対策してきた徳島に対して。
ジェフはボランチ2枚のポジションが低いままで。
前の4人との距離が遠く。
前線にボールが入っても。
タテに速い攻撃を警戒する徳島ディフェンダーの前に。
船山は孤立し。
ボールを失う場面がとても多かった。
そのボールを、また徳島は前線に入れてくる。
この繰り返しでした。



この流れは。
徳島が後半セットプレーで先制し。
よりディフェンスに重きを置くまで。
変わりませんでした。


近藤を中心とした。
ディフェンスラインの奮闘があったので。
徳島には、ゴール前でほぼ決定的な場面は作られませんでしたが。
試合の主導権を握っていたのは。
間違いなく徳島でした。




選手の判断で。
試合展開を変える事が出来なかった。
ハーフタイムに。
関塚さんは、チームを変える事が出来なかった。


徳島が先制した事で。
戦い方を変えてきた事。
意識が重心が後ろになった事。
前線の選手を変えてきた事。
これがなければ、どんな結果が出ていたか。
正直分からない試合でした。



最後まで諦めずに戦い。
交代出場の3人が活躍して。
ロスタイムに逆転勝ち。


結果だけ見れば最高です。
フクアリに集ったサポには。
最高に興奮・感動する展開でした。
でもこれで満足は出来ない。
私はそう感じていますし。
何よりも選手がそう考えていると思います。



J2では。
手堅く守って、相手の隙を突いてゴールを狙う。
そういうクラブが多い。
相手に先制ゴールを与えてしまえば。
ゴールを奪うのに、より苦労するのは自分達。


ディフェンスを意識し。
手堅く戦う必要は、大いにあると思います。
ノーガードで攻めまくって、カウンター一発でやられてきた過去を考えれば。
手堅さは、勝利と昇格の為に絶対に必要。
その為の“関塚監督”だと思っています。
ただ、自分達がやりたいfootballを忘れてまで。
手堅くする必要は。
ないのでは、と酔っ払い思っています。


最初の方に書いた様に。
今季は特に、才能豊かな素晴らしい選手を揃える事が出来た。
自分達が主導権を握る試合展開が目標のはずです。
何故、自分達で勝手にそれを手放すのか。
相手に対策されて出来ませんでした。
徳島戦は、決してそういう訳ではなかったと思う。



動きが固かったとか。
まだまだ連携がよくないとか。
それももちろん課題ですが。
J2リーグで勝利を納め、昇格する為に。
何が必要なのか。
それをチームで再度認識し、共有する事。
これこそ、今一番に考えなければいけない事。
酔っ払いはそう思っていますし。
選手達もそう感じていると、酔っ払い勝手に思っています。


あれだけ選手が口を揃えて。
“J2のリーグ戦はプレシーズンとは訳が違う”と言っていたのに。
試合中に、流れを修正出来なかった。
“自分達が試合の主導権を握る”事が大きな目標なのに。
相手の戦い方に合わせてしまった。


関塚さんの指示なのか。
選手の判断なのか。
私には分かりませんが。
もっともっと、お互いに要求する事が必要と感じます。
選手同士でも、監督に対してでも。


引いて守り切ろうという相手に対して。
なんとかゴールを決めようと前に押し込めば。
短い時間に2点取る事の出来るチームなのだから。
ノーガードに攻めるとか。
自分達が常にボールを保持するとか。
そういう意味では無く。
相手に合わせるのではなく、自分達が主導権を握る為のプレー・ポジショニング等の選択。
それを常に意識し、意図をチームで共有する。
これこそ勝利と昇格に一番必要な事。
私はそう思っていますし、それを実践する事が出来る選手が。
今季は揃っているんだと思っています。




勝った試合なのに。
色々書きましたが。
文句が言いたい訳ではなく。
私が言いたいのは。
一人二人のリーダーシップある選手だけがチームを引っ張るのではなく。
全員が意見し互いに要求し合い、意図を共有出来るチームになる事。
これが勝利し昇格する為には絶対に必要だと思いますし。
それをチームに求めていきたい。


山口智や勇人に頼り過ぎていたJ2でのジェフ。
一部の主力選手がヘソ曲げただけで、過去最低の成績まで低迷してしまったひ弱なチームを。
今季こそ改革してほしいと願っています!





精神論みたいな話を長々してしまいましたが。
ここからは、やっと岡山戦の話を。
今日は珍しく、岡山の事も少し書きます。



まず対戦相手の岡山には。
かつてジェフで共に戦った選手が3人在籍しています。
竹田忠嗣、伊藤大介、久保裕一の3人です。
開幕戦アウェーレノファ山口戦では。
竹田と大介がスタメン、久保はベンチ外だった様です。


システムは3バックの3-4-2-1。
竹田は3CBの1枚、大介は2シャドー(1トップの下の2枚)の一角として出場した様です。
その他の注目選手としては。
元代表選手の岩政がCBの中央。
五輪アジア最終予選代表の矢島がボランチ、同じく豊川が大介と2シャドーとして出場した様です。


すいません、知ったかぶりしました。
私が知っている選手は、正直これくらいです。
矢島と豊川は、五輪最終予選をテレビで見たので。
要警戒だな、とは思っています。




ジェフはJ2のリーグ戦で。
今季初の3バッククラブとの対戦です。


プレシーズンでも。
ちばぎんカップで、柏が変則的な3バック(5バック)を試合中に試していたくらいだと思いますので。
3バッククラブとの、今季初の試合と言っていいと思います。



ジェフが4-4-2で戦うとすれば。
3-4-2-1の岡山に対して。
2トップが3バックに対峙する事になりますし。
岡山の両WBが下がって5バックになれば。
ジェフの2トップと2SHの4枚で対峙する事になります。


これは単純にフォーメーション図上の数字の話ですが。
お互いに各々のエリアで。
自軍の選手の数が、相手の選手の数に対して。
足りなかったり余ったりする状況が出来る事を意味します。


中盤の攻防という観点で見ると。
ジェフがボランチ2枚+両SH2枚の4枚。
岡山がボランチ2枚+両WB2枚の4枚。
ぱっと見は同数ですが。
岡山の2シャドーが中盤に降りてくれば。
4枚対6枚という争いになります。


1トップ2シャドーの岡山に対して。
ジェフのディフェンスラインは4枚。
単純に考えれば、4枚対3枚の争いになります。


これは、先程書いた様に。
フォーメーション図上での、単純な数字の話です。
実際には。
お互いに組み合わないフォーメーションで戦う中で。
如何に各々のエリアで、数的に有利な状況を作れるか。
数的に不利な状況であっても、如何に有利な立場にもっていけるか。
お互いにこういう争いになると思います。



ここで、最初に長々書いた話につながります。
お互いに組み合わないフォーメーションで戦う中で。
如何に自分達が有利に試合を進める事が出来るか。
お互いに、そこを狙って戦う試合になると思います。


一番大切な事は。
選手のポジショニング。
これは、選手個々が勝手に判断する事ではなく。
選手間でコミュニケーションを取り意図を共有し、チーム全体で相手に対して有利な状況を作る必要があります。


選手が大幅に入れ替わった今季のジェフ。
単純に選手間の連携を考えれば。
選手の入れ替えが少なく、昨季から長澤監督の元継続したチーム作りを行っている岡山の方が。
現状では上だと考える事が妥当と思います。


その岡山を上回る為には。
徳島戦の様な、相手に合わせてしまう様な受動的な試合をしていては。
なかなか勝利には近付けない。
岡山を上回る試合を展開する為にも。
積極的に選手間でコミュニケーションを取り。
常にポジショニングやプレーを修正する姿勢。
ボールの保持率ではなく。
“試合の主導権を握る”事を意識した戦い。
自分達が、能動的に試合を進める姿勢。
これを見せてほしいと思っています。




もう一点。
お互いにフォーメーションが組み合わないチーム同士の試合では。
“個の力”が大きな影響力を発揮する。
これも大きな注目ポイントだと思います。



各々のエリアのなかで、数的に同数もしくは不利な状況であっても。
選手個人の能力で、その状況を打開する事が出来れば。
いくら優れたポジショニングとカバーを実践する相手に対しても。
あっという間に有利な状況を作り出す事が出来る。


簡単に言うと。
同数で互いに1対1で選手が対峙する状況や。
相手よりも少ない枚数で、数的に不利な状況であっても。
例えば個人のドリブルだとか。
細かなポジション修正とパス交換によって。
相手のマーク・ディフェンスを外す事が出来れば。
一気に攻撃側は、有利な状況を作る事が出来ます。



ジェフと岡山は。
お互いに、優れた技術を持つ選手を数多く抱えています。
特に注目するのは、ドリブルからの仕掛けや。
細かなパス交換や一発のタテパスで。
攻撃面で力を発揮する中盤~前線の選手。


ジェフで考えれば。
FW船山、2列目の遥也・長澤・小池、ボランチのアランダ・山本。
岡山だと大介・矢島・豊川(すいませんこの3人くらいしか分かりません)。


こういった選手が、如何に違いを作りだせるか。
逆に言えば、如何にこの選手達を自由にプレーさせないか。
ここが、試合を大きく左右するポイントと思います。




すいません、もう一つ追加します。
関塚ジェフは、関塚さん就任当初から。
サイドからの攻撃を重視しています。
今季は左SBに。
阿部翔平という。
攻守に渡って、ミス無く高いレベルのプレーを見せる。
スーパーな選手がいます。


中央で崩して、サイドからゴール前に決定的なボールを供給する。
ジェフと岡山は。
多分その辺の意識も被っていると思います。


中盤中央の争いで。
如何にサイドを有効に使う事が出来るか。
サイドでの争いで。
如何に数的有利な状況を作れるか。
これも大きな注目ポイントと思っています。





今週は月末月初だった事もあり。
ちょっと仕事が忙しく。
徳島戦の観戦記を月曜深夜に更新した事もあって。
もう今夜は疲れてヘロヘロです。


妄想フォーメーション貼って。
簡単に終わりにしたいと思います。



まずは、これまで通りの4-4-2。



2列目は、長澤と遥也のコンビに期待します。
アランダのボランチの相方は。
ポジショニングとバランス感覚に優れた勇人を予想。
CBは、ポジショニングとボールの動かし方が重要と考え。
若狭に期待です。
イ・ジュヨンと、コンディションが万全ならば大久保も考えられると思います。


もう一つ。
関塚さん、岡山対策に。
4-2-3-1でくるかもしれない。
勝手にそう妄想して、考えてみました!



4-4-2との違いは。
2列目の真ん中に長澤、右に船山。
アランダの相方は。
技術と展開力に優れた山本。
酔っ払いの妄想は、こんな感じです!





まだリーグ戦2試合目ですが。
ジェフが本気で昇格を考えるならば。
1試合1試合、一歩づつでも。
チームの前進が必要です。


私も、いきなり2試合目の岡山戦で。
今のチームの100%の力を発揮しろ、とまでは思っていません。


ただ、どんなに甘く考えても。
前の試合よりも、一歩でも。
例えほんの少しであっても。
チームが前進しなくては。
昇格どころか勝利さえも怪しい。
J2って、別に“J2こないで”ではありませんが。
簡単に勝てるリーグではありません。


過去6年間出来なかった事を。
選手を大幅に入れ替えて、今季成し遂げようと考えるならば。
甘い考えは、一切捨てて。
ストイックに、毎節勝利を目指してほしいです。


ジェフサポは。
今直ぐに。
ジェフにバルセロナになれとか。
バイエルンになれとか。
誰も思っていないと、私は思っています。


私は、J1に昇格しJ1で優勝争い出来るくらいになれば。
バイエルンの様な。
ただ強いだけじゃないクラブになってほしいと思っていますが。
今はまだ、そのずいぶん前の段階です。


今は、とにかく結果を手にする事が大事です。
毎週毎週試合の結果を受けて。
次の週の試合で、一歩でも少しでも前進する事。
これがとても大事な事と思っていますし。
選手がそれを最後までやり通す事が出来れば。
昇格も難しい事とは思っていません。
それくらい、今季のジェフは。
J2なのに、移籍金も500万くらいしか払っていないのに。
素晴らしい才能を持った選手を揃えられたと思っています。
最初の方に長々書いた事が。
今はすべてと思っています!





今季も我が家は。
ほぼアウェーゲームには参戦出来ないと思います。
岡山戦も。
テレビの前で、家族で応援します。


テレビの前で。
一生懸命応援します。
“勝ち点3”のお土産。
待ってます!
現地参戦の皆さん、よろしくお願いします!





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



ホームページ作りました。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

こちらもぜひ宜しくお願いします!





いつもいつも本当にありがとうございます!
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉 ブログランキングへ



今日の一言「矢島と豊川を蹴落として、遥也が五輪代表に選ばれる活躍を見せてくれる事を期待しています!」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っ払った犬(♂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。