尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

DVC00382.jpg  西川美和 著

    「永い言い訳」


去年、この本が発売された頃

母親が、この本の宣伝の

“長年連れ添った妻が死んだが全く泣けなかった”という男の物語に

ちょっと読んでみたいと興味を抱き購入していた一冊(笑)


結局母はなんだかんだで忙しく

ゆっくり本を読む余裕もなくて未だに読んでないのですが(笑)


映画化されるということで

私がお先に読ませていただきました。


西川美和さんといえば

映画「ゆれる」がものすごく印象的な作品で

以後も「ディア・ドクター」や「夢売るふたり」など

人間の本質のようなものを深く描く監督として

非常に素晴らしいなと常々思っていました。


その西川美和さんが書いた小説を初めて読んでみました。


主人公衣笠幸夫は長年連れ添った妻を突然事故で失うのだが

一切涙など出ず、哀しみを演じることしかできなかった。

幸夫は妻が事故で死んだ時、愛人と一緒に過ごしていたのだ。

その後、幸夫は、同じ事故で命を落とした妻の親友の遺された家族と

出会い、交流するようになる。

その家族と共に過ごすようになってから幸夫の中で何かが変り始め

次第に妻の死と向き合うようになるのだった。


というようなお話で


本の帯には

「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

と書いてあります。


この小説を読むにあたり

この言葉は非常に重く、深いテーマであり

すごく胸に突き刺さってくるテーマでした。


夫婦という不思議な関係性について

男と女について

人を(男女間だけではなく一人の人を)愛することについて


など

人間の本性のようなものをすごくリアルに描いていて

とても興味深く読むことができました。


湊かなえさんとはまたちょっと違った形ですが

でも人間の本質というものを熟知していて

もの凄くリアルな人間を描くという点で

西川美和さんも実に素晴らしい作家さんだなと

あらためて感じさせられた作品でした。



そして

この作品が主演本木雅弘さんで映画化されると知り

それを知ってから読んだのですが

笑いが出そうなくらい

主人公幸夫のイメージがモックンにマッチしていました(笑)


と言ったらちょっと失礼なのかな(^▽^;)

この幸夫、本当にサイテーな男なんです(笑)

でも、なんかそこが人間味があって

心底嫌いにはなれない男なんですけどね。


そんな幸夫の物語が幕を閉じる最後の一文には

ジンときて、涙が出そうになりました(゚ーÅ)


オススメの一冊です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DVC00377.jpg  

湊かなえの小説「少女」


湊かなえの小説は

人の心の奥にある闇の部分を暗~くえぐっていくので

そこがとても興味深く

またかなりの説得力があり

読み応えがあるので大好きな作家さんの一人です。


今回、「少女」という作品が映画化されたということで

この小説の存在を知ったのは映画の予告を観てからでした。


映画の予告で興味を持ったので

先に小説を読んでみよう!と読んでみました♪


主人公の2人の少女、由紀と敦子。

2人はそれぞれ心に傷を負っていて、重いものを抱えて生きている。

ある日、高校で、転校してきた少女が、

友人の自殺を目撃したと話をしたことをきっかけに

2人は密かに人が死ぬところを見てみたいと思うようになり

2人はそれぞれ死を目撃できそうなところへ出向くことにする。

そこでの出来事を通して2人が見たものとは・・・


とざっというとそんなところから話が始まります。



正直、「告白」みたいな衝撃はなく

「白雪姫殺人事件」とかの方が読んでて面白かったです。


描き方がちょっとごちゃごちゃしているというか

読んでいて、これは誰のことだっけ?みたいに

わかりにくく頭を整理しながら読まないといけない部分もあって

ちょっと読みにくさを感じてしまいました。


でもその内容は

なかなか興味深い内容で

それなりに満足感は得られました(°∀°)b


因果応報という言葉がこの話のキーワードでもありますが

それはこの言葉に直接関係した由紀だけに留まらず

この物語すべてを象徴する言葉であることが

最終的にわかり、なかなか重く受け取れました。


登場人物それぞれの物語が展開する中

最後の最後で

全ての登場人物が繋がるというエンディングは

少々都合が良すぎる感じもしましたが

それはそれで「お~!」と思ってしまいました


ただ、ラスト、主人公の2人の物語は

かなり希望の持てるラストであり

「人の死ぬところが見てみたい」という願望は

すごく爽やかな方向へ解決していくので

その点で、ちょっと湊かなえらしくない正統派な感じだなと

拍子抜けしたような感じがしました。


想像とはちょっと違う

美しい友情物語とも取れる作品でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。