尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:


ジョン・ル・カレ原作の映画化。

ユアン・マクレガー演じる大学教授のペリーは
ナオミ・ハリス演じる弁護士の妻ゲイルと
モロッコでの休暇中、偶然ロシアマフィアのディマと出会う。
ディマはペリーを気に入り、強引にパーティーに誘う。
戸惑いながらもパーティーに参加したペリーは
ディマからUSBを渡され、
「これをMI6に渡してほしい」と懇願される。
はじめは混乱して断るペリーだったが
ディマの家族が狙われていると知り協力することに。。。

というようなお話。


ジョン・ル・カレの作品の映画化といえば
「裏切りのサーカス」「誰よりも狙われた男」ですが
この2作品は、両方観たけど、けっこう難しいというか
物静かなスパイ映画で、あまり得意ではなかったんです(;´▽`A``

今回の作品は
この2作品に比べるとわかりやすく
展開もけっこう表だってスリリングだったので
ハラハラドキドキ感もあり、面白かったです!

でもおそらく
映画の出来でいえば
「裏切りのサーカス」「誰よりも狙われた男」の方が
ダントツ上
なんだろうな。という気もします。


もう観てからちょっと時間が経っているので
内容への記憶が早くも薄れてきているのですが( ̄Д ̄;;

ちょっと思ったことを述べるなら・・・

ペリーとディマの出会い方とか少々強引すぎて
2人の間に後に生まれる絆に
あまり共感できなかったりしました。

そして
ペリーと妻ゲイルには
ペリーが過去に生徒と浮気をしたことが原因で
溝ができているようなのですが
その辺を冒頭に扱っているわりには
消化不良な感じで終ってしまった感があったり。

全体的にちょっと違和感がある映画でもあったかな?

でもそれなりに楽しめました!


満足度・・・60%
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
公開から早1ヶ月が経過した
「ワイルド・スピード ICE BREAK」!!

前作を上回る興行収入突破と
大大大大大ヒットを記録している本作ですが♪

私も今回は
愛するジェイソン・ステイサムの大活躍が
あまりにも素敵すぎて(´∀`)♥

過去最多の3回目に行ってしまいました~( ´艸`)♥♥♥

前作で敵だったステイサム演じるデッカードが
いとも簡単に仲間になり
心を許すのが早すぎるヽ(`Д´)ノなんて
一部の不満の声は聞こえないふりをするとして(`∀´)(笑)

だってデッカード
実は優しさ溢れまくる超素敵な男だったんですもの:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

この映画を観たくてたまらないファンの人は
もう一通り鑑賞済みだと思うので
ちょっとしたネタバレはOKだろうということで(`∀´)!

そんなデッカードが!
デッカードを演じるステイサムが!
本作で一番かっこいいシーンの一部をどうぞ♥



この赤ちゃんを助け、守るシーン!!!

戦いの間に赤ちゃんに話しかける顔が
もう本当にとろけるくらい素敵すぎっ(≧▽≦)!!


これはごく一部。

本編ではまだまだ素敵なシーンが続くのであります♥

この赤ちゃん救出ステイサムを観たさに
まだまだ観に行きたい・・・とウズウズしている私であります(`∀´)


このステイサム
過去のステイサム作品の中でも
一番かっこいいステイサム
じゃないかな~♥


満足度・・・無限大∞!!(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

公開を待ちに待って待ちまくっていた
「ワイルド・スピード ICE BREAK」!!!

公開がゴールデンウィークという
映画好きには地獄の時期だったのですが( ̄Д ̄;;
私の行く劇場では初日から先着プレゼントがありまして!
初日は月末でどうしても仕事休めなかったので
2日目にあるかな~と思いながら行ってきたのですが!

ありました~ヘ(゚∀゚*)ノ
世界でめちゃくちゃヒットしてる本作ですが
29日の劇場ももぎりに長蛇の列、できてました~!!
このクリアファイル、発表当初は

この絵柄↑の予定だったのに・・・
なぜか変更になっちゃって(iДi)
こっちがよかったなぁ。。。

さて!!

今回のICE BREAK!!

ドミニクがファミリーを裏切るって話なんですが!

最高に面白かったです~(≧▽≦)!!!!!


なぜドミニクがファミリーを裏切ることになったのか?
ってとこに衝撃の展開が待っていて!!

今回のドミニク、最高によかったなぁ。

アクションシーンも、カーアクションも
今回もほんとに最高だったし(≧▽≦)

このシリーズ、最大の魅力のチームワークも
仲間同士の会話劇も相変わらず最高だし

今回はそういう言葉のやりとりなどで
けっこう笑えるシーン多かったです。

中でも今回の目玉の一つでもある
ドウェイン・ジョンソン演じるホブスと
ジェイソン・ステイサム演じるデッカードの対決!


この2人の関係、すごくよかったです~(´∀`)

他にも
シャーリーズ・セロン以外の大物女優の登場と
その彼女とジェイソン・ステイサムの関係性
これがまた予期せぬ展開ですごくかわいくてツボでした~♥

まったく予想してなかったところで
テンションがあがるツボ
がいくつかあって
本当にワクワクしました~♪

で、ヴィン・ディーゼルもドウェイン・ジョンソンも
すごくかっこよくて大好きなんですが
私が誰よりも愛する男、ジェイソン・ステイサムが・・・

今回は本当にかっこよすぎました( ̄□ ̄;)♥♥♥(笑)

最後にジェイソン・ステイサム一人の見せ場があるんですが
そこがもう・・・
ステイサムのかっこよさと優しさが溢れるシーンで・・・

悩殺もいいとこ∑ヾ( ̄0 ̄;ノって感じに
興奮しました~(´∀`)♥

このステイサム観たさにもう一回行くつもりです( ´艸`)♥


で、本当に最後の最後のシーン。
ポール・ウォーカーを想うとまたしても涙が・・・
っていう感動的シーンがありまして
感動っ(ノω・、)
ってなんとも素敵な気分で劇場を後にしたのでありました!


満足度・・・98%
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「ワイルドカード」


ジェイソン・ステイサム主演の最新作「ワイルドカード」


パンフレットが作成されていないという


予期せぬ大打撃を受けながらも


気を取り直して鑑賞してきました♥(笑)



今回のステイサムも


始めっから終わりまでマジで死ぬほどかっこよかったッスじゅる・・(笑)



ステイサム演じるニックは裏社会で用心棒を仕事としている。

ある日、元恋人から呼び出され

自分を強姦し、ボコボコにして捨てた男3人組に復讐したいから

探し出してほしいと頼まれる。

一度は復讐を反対するニックだったが、

元恋人の受けたあまりにもひどい仕打ちを聞き

復讐を手伝うことを決意するのだった。

というようなストーリーです。



まぁ、ストーリーに関しては


中途半端な部分がたくさんありました(;´▽`A``(笑)



あらすじでは元恋人とされていますが


本編を観ていても、その2人の関係性はわかりにくいし・・・



超ヤバイマフィアで


絶対に近づかないほうがいいとかまで言われてるわりには


敵のマフィアのスケールも意外と小さく、


そしてショボイし(;´▽`A``(笑)



で、その女が復讐するこの場面に関しては

ハラハラドキドキ、かなりの興奮を覚えた私ですが( ´艸`)(笑)


この復讐は男はほんとに生きた心地しなかったでしょうね~(`∀´)


ってな感じで(笑)



それにしても


マフィア相手にこんなことをしておきながら


女のその後が甘すぎる( ̄ー ̄;って感じでしたし(;´▽`A``



さらに


ステイサムの過去に何かがあったんだろうなみたいな


思わせぶりな感じがありつつも


最後までそれは匂わせるだけで終ってしまって


キャラクターの描き方もなんだか中途半端( ̄ー ̄;



さらに


途中で出てくるステイサムのカジノのくだりは


けっこう無駄に長いと言いますか・・・


主軸とはあまり関係ないのでは??って感じなのに


かなりの時間を割くので


そこでストーリーの一貫性が


ちょっと欠けてしまったように思えましたし(;´▽`A``




などなど


物足りない部分はけっこーあったんです(;´▽`A``(笑)




で~も~!!!


そこをステイサムが全て補ってくれましたよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:(笑)



なので


この映画をステイサムのアクション目当てで行った男性ファン


その物足りなさ&ストーリーの物足りなさで


けっこう期待ハズレになってしまう可能性あります(;´▽`A``




つまり


この映画は


ステイサムに恋してる女性限定!!


大満足できる映画であります(`∀´)♥(笑)




だって・・・


元恋人?に呼び出されて会いに行くステイサムなのですが


そこで彼女の顔の異変に気づき


顔の傷を見ようと髪をかき分け見つめるステイサム・・・

その時の優しい眼差しったらありゃしない(;´Д`)ノ


私もそんな眼差しで見つめて欲しいわ~エーン


ウットリしまくりでしたよ(笑)


サンタの帽子をかぶって敵陣に乗り込むあたりも素敵です♥



今回の映画はステイサムのアップがけっこう多かったので


ウットリショットが多かったんですよね~( ´艸`)♥




そして!!


なんと言っても!!


今回の最大の見せ場であるこのシーンですが!!

銃を持つマフィア5~6人に対して


バターナイフナイフとスプーンスプーンだけで


対抗できる男がどこにいますか~(´∀`)♥




ほんっとに


ステイサムって素敵っо(ж>▽<)y ☆


と思い知らされたウットリ時間でした♥(笑)




最後にもう一度言いますが(笑)


この映画は


ステイサムに恋心を抱いている女子にオススメな映画です(`∀´)(笑)



読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

  「嗤う分身」


この映画、↑ポスターを見た瞬間惚れたわけで♥


観ることは即決してたんですが


観てみてもやっぱり超好きなジャンルの映画でしたо(ж>▽<)y ☆



とにかくセンスがいいですよね☆彡


これは配給会社もセンスがいいですよ!!


久しぶりにそそられる邦題に出会えた気がしました(´∀`)



といっても・・・


そそられた人はそういないのか( ̄Д ̄;;


客は超少なかったですけど(;´▽`A``


たしかに万人ウケはまずしないでしょうね(;´▽`A``



でも


私的には超大好きな雰囲気漂う映画でした~!!



さらに!!!


パンフを買うと!!!


DVC00318.jpg

↑右の茶封筒に入っていてо(ж>▽<)y ☆


中に新聞のような形式のパンフがぁぁぁ( ´艸`)♥


もう心射抜かれっぱなしでした!!(笑)



内容は・・・


ドストエフスキーの「分身(二重人格)」が原作



ジェシー・アイゼンバーグ演じるサイモンは

会社でも目立たぬ存在で地味な生活を送っていた。

会社でミア・ワシコウスカ演じるハナに恋心を抱いているも

まったく実らず悶々とした日々を送っていた。

そんなある日、会社に期待の新人が入社してくるのだが

その新人は自分と全く同じ見た目をしていて!!

しかし中身は自分とは正反対!!!

戸惑いを隠せないサイモンとは反対に

この新人ジェームズはお互いの容姿が同じことを利用して

色々と悪巧みをするのだった。

ジェームズのペースにどんどん狂わされていくサイモンは

一体どうなってしまうのだろうか??

ジェームズとは一体何者なのだろうか??



というようなお話です。



これ、映画全体の世界観が非常に魅力的です☆彡


映像は独特な世界観を放ちおしゃれで



またすごく面白いのが


挿入歌が日本の昭和の歌謡曲なんです!!!!!


その日本の歌謡曲が


この映画のレトロでシュールな世界と


もうなんとも言えず絶妙なマッチなんです!!!!!



この世界に魅了されること間違いないと思います♪




ということで


とにかくこの世界にハマってしまった私でありますが!


この映画の不思議な力は


退屈といえば退屈かもしれない流れなのにもかかわらず


もう一度観たくなるという強い引力を持っています!!!




さらに観ていてとっても興味を持ったのは


私は原作であるドストエフスキーの「分身」は


読んだことがないのですが(;´▽`A``


こういった形で映像で表現された世界は


原作ではどのような形で表現されているのだろうということです。


この世界を文章で表現するというのは


なんとも難しそうな感じがしますので


原作はどのように書かれた小説なのだろう??


非常に関心が高まりました!



この「分身」はドッペルゲンガーについて書かれたものですが


1846年にそんな話を書いたドストエフスキーって∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


って世界の文豪の凄さを思い知らされる感じがしますね!!




ということで


大満足の作品でした(´∀`)




※ただし!!


 好き嫌いがものすご~く分かれる映画だと思います(;´▽`A``




読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「私の男」


桜庭一樹の直木賞受賞作を映画化。


奥尻島の津波で家族みんなを失い一人になった10歳の花を

遠い親戚だという腐野淳悟が自分が育てると言って引き取る。

そうして2人の生活は始まるのだが

花が高校生になった頃、2人は親子でありながら

超えてはいけない一線を越え、禁断の関係になってしまう。

そんな日々を過ごしていたある日、

昔から2人を見守ってきた近所の大塩という男に

2人の情事を目撃されてしまう。

2人の関係を止めなければと思った大塩は

花を別の親戚のところへ預けようとするのだが

そのことに激しく嫌悪を覚えた花は

流氷の海で大塩ともめ・・・

その後、大塩の遺体が発見されるのだった。

そこから2人の逃避行が始まり・・・


というようなお話。



これ、原作を読んでいないので


原作がどのように素晴らしいのかわかりませんが


映画だけを観た感想を言うならば・・・



理解不能でした( ̄ー ̄;



というか


とにかく腐野淳悟を演じた浅野忠信が気持ち悪い(;´Д`)ノ



この男がとにかく気持ち悪く


映画に感情移入など一切できなくて


なにより先に嫌悪感が漂います。



だからでしょうね・・・


私も「うわ~最悪」と思ったシーンで


2人で来ていた女性が席を立って帰っていってしまいました。



なので


受け付けない人もけっこういるのではないでしょうか??



で、


ちょっとネタバレになりますが


藤竜也演じる大塩という男が死んで


そのことに花が関わっていると掴んだモロ詩岡演じる刑事田岡が


花のもとを訪ねてくるのですが


証拠を掴まれていると知った腐野淳悟は


衝動的に田岡を殺害するんですね。


で、


そこからまた逃亡するんですが


殺害されたのは刑事だし


死体もそのままにして引っ越してるのに


どうして腐野淳悟は捕まらず


また花も普通に生活できているのか??


どう考えてもおかしいだろ?みたいな


納得いかない部分もありました。


そこはそれでいいにしても


もう少し納得のいく後始末をしてほしかったです。



ただ


花を演じた二階堂ふみの演技は素晴らしかったです!


やっぱり二階堂ふみは凄い女優だ!!


今後も彼女の作品は絶対チェックしようと思わされました。


彼女の役幅は本当に広いですね。



ということで


この「私の男」で描かれた愛の世界は


私には到底理解できるものではなかった


不愉快と言っても過言ではない世界でした。



でも


その中にはとても深いものがあるんだというのはわかります



言いたいことはわかったような・・・


よくわからないような・・・


映画を観終わった時は


なんだかモヤモヤしてスッキリできない状態でしたが


どういうことなのか


もっとじっくり考えたいし、知りたい気がします。


この話をもっと理解するために


原作を読みたいとも思います。



しかし!!



そうしてこの作品を深く解釈したい反面


それ以前にちょっと拒絶反応といいますか


この作品に関して思い出して考える気力


この世界をより深く書いた原作を読む気力


そんな気力は私にはないな・・・(><;)



といった感じでした( ̄ー ̄;




ということで


二階堂ふみのファンは


彼女の演技が素晴らしいので必見だと思いますが


一方


浅野忠信のファンは観ないほうが身のためか?


と忠告したい映画でありました(;´▽`A``



といいつつも・・・


もしこれが伊藤英明なら・・・


こんな役をした彼でもきっと許せてしまうのだろう・・・(苦笑)


とか思ったり・・・


ってことは浅野忠信ファンもやっぱり観るべきなのですかね?(笑)




読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「藁の楯」


TVで放送されたので観ましたテレビ


大好きな三池監督作品です☆


が、


内容的にイマイチ惹かれなかったので


劇場での鑑賞はスルーしていました。



物語は


ある少女が惨殺された。

犯人は藤原竜也演じる清丸国秀。

その殺害された少女の祖父は

犯人である清丸を殺したものには

10億円を支払うと公表。

命を狙われ始めた清丸は自ら出頭。

大沢たかお演じる銘苅と松嶋菜々子演じる白岩は

SPとして清丸の移送につくことに。

一般庶民から警察内部の人間まで

10億円欲しさに次々と襲い掛かってくる人々。

銘苅と白岩は無事移送を完了することができるのか?


というようなもの。



率直な感想は


イマイチでした(;´▽`A``



私がなぜこの映画の劇場鑑賞をスルーしたかというと


移送の際のスケールが大きすぎたことなんです。



邦画であまりに大袈裟な爆破シーンなどを見せられると


現実味が一切なく


興ざめしてしまうことが多々あります。



この映画もそうでして・・・



絶対ありえないだろ(;´▽`A``


みたいな映像がいっぱいなんですね。



なのでイマイチ入り込めなかったし


話の展開も


ずっと清丸を移送するだけというか


移送車が新幹線になりタクシーになりと


場所が変わるだけで


あまり変化がない時間がけっこう長く続き


ちょっと退屈に感じてしまいました



で、


終盤の展開もあまり気持ちのいいものではなく


結局このラストで言わんとすることはなんだったんだろう?


とちょっとモヤモヤしてしまいました。



なので

映画としての面白さはイマイチだったですねぇ(;´▽`A``




それでも


この映画のテーマになっていると思われることについては


けっこう考えさせられました。



10億円のために人はこうなってしまうのか?


正義とはなんなんだ?


凶悪犯を守ることに意味はあるのか?


この場合、どうするのが一番ベストなのか?


自分ならどうするだろう??


とか


そういうことは確かに考えさせられるものではありました




それと


藤原竜也の映画は


普段あまり好きなジャンルではないものが多いので


あまり観ないのですが


今回じっくり彼の演技を観て


彼はやっぱり演技が上手いんだな~!と


実感しました。



ということで


私的にはあまり入り込める映画ではありませんでした(;´▽`A``



読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「私だけのハッピー・エンディング」



この作品もTSUTAYA限定レンタルでございますっ!!(笑)


会員になったからには!


これまで観たくてしかたなかったけど観れなかった限定作品を


借りまくりですよっ!!!(笑)



私、ケイト・ハドソン大好きなもので♥


彼女のこの新作観たかったんですよ~。


しかも、その上、


彼女が癌に侵されてしまうという


なんとも感動しそうなね。



さらに


相手役にはガエル・ガルシア・ベルナル!



と期待はかなり高いところまで行っちゃってました。



ケイト・ハドソン演じる主人公マーリーは

大好きな友人たちに囲まれ、仕事も充実した毎日を送っていた。

特定の恋人は作らず、男友達と楽しむ日々。

そんなある日、友人の勧めで受けた健康診断で

末期の大腸がんだと宣告される。

それでも明るく生きて行こうとするマーリー。

彼女を担当した医師ガルシア・ベルナル演じるジュリアンは

そんな彼女に惹かれていき、彼女もまた彼に惹かれていくのだった。

それまで本気の恋愛を恐れていたマーリーが

最後に見つけた真実の愛の結末は・・・



というようなお話なのですが・・・



期待しすぎたせいか・・・


イマイチ入り込めなかったんですよね~(;´▽`A``



というのも・・・


大好きなケイト・ハドソンなんですが・・・



末期がんだと宣告されながらも・・・



こんなに健康的( ̄□ ̄;)!!


なんなら出演者の中の誰よりも健康的なボデーなんです( ̄ー ̄;



顔色はだんだんとものすごく悪くはなるんですけど・・・


もう死が間近!!っていう瞬間でさえ・・・



↑この肉付きなんです・・・(;´▽`A``



なんかそんなとこにこだわってはいけないのかもしれませんが・・・


そこばっかりが気になってしまい(;´Д`)ノ


なんだかのめり込めず・・・



期待していた相手役のガエル・ガルシア・ベルナルも・・・


   


なんだかちょっとイマイチだったんですよねぇ( ̄ー ̄;


彼はやっぱり


「バッド・エデュケーション」とか「アロマ神父の罪」みたいな


ちょっとアート系の映画のほうが向いてるかなと思いました。



というよりは


やはりこの映画のストーリーに問題があるのかなとは思いますけど


それによって彼の良さも出てこなかったのかな?



なんか


この死を前にして恋に落ちる2人の恋愛模様が


イマイチ薄味だったんですよね。



もう少し、観ている人がグッと入り込めるような


エピソードを一つ盛り込んでくれて


2人の恋愛模様にもう少し深みが出ていれば


この映画に対する感情移入の度合も


もう少し深くなったのではないかなと思いました。




とは言ったものの


やはり病気で死を迎える人の話なので


最後は涙なくしては観れない作品でしたけどね~(ノω・、)



母親や父親、友人とのやりとりには


グッとくるものがありました。




ちょっと期待外れでしたが


悪い作品ではありませんでしたよ~!!!




先日から


「17歳のエンディングノート」といい


この作品といい


立て続けに、若くして病に倒れ、この世を去るという話を観て


生きることについてけっこう考えさせられました。



日々、


一生懸命生きているつもりですが


自分にはまだまだ本気が足りないなぁと。


もし、


自分に残された時間がわずかだと知ったら


自分は何をするだろう?と。



健康である今も


日々、その位の全力で生き、


毎日、自分がそこに存在できることを


噛み締めて、感謝して生きなければいけないなと、


自分のあり方について考えさせられたのでありました。




読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

   「ワールド・ウォーZ」



ブラッド・ピット最新作「ワールド・ウォーZ」



全世界で突如、人間を凶暴化させる謎のウイルスが蔓延し


人々は猛烈なスピードで感染していく。


このままでは世界は滅びてしまうという事態に


元国連捜査官として過去さまざまな調査をしてきたブラット・ピット演じるジェリーに


そのウイルスの感染源を追及するという任務が下る。


自分には家族を守るという使命があるので家族と離れて任務につくことはできない


一度はそう断るジェリーだったが、


この任務を断れば、家族も安全な避難所である船から降ろされると言われ、


ジェリーは家族と離れ、任務のため出発することを決意するのだった。


というようなお話で



謎のウイルスに感染し、凶暴化するっていうのが


いわゆる“ゾンビ”になってしまうってことなんですね。




で、


これ、観る気ほとんどなかったんです・・・


なぜって??


予告編で


 このシーンとか



あと飛行機からバッサバッサゾンビたちが飛ばされていくシーンとか観てたら


なんかあり得ないほどのゾンビたちの増殖っぷりや


その他の違和感ある映像に


なんだか興ざめしてしまって・・・



おまけに、


ここまで増殖してしまったゾンビの感染源を追及すべくブラピが立ち向かうって・・・


こっこまで感染してるのに


感染源突き止めたって・・・


無理だろ~(;´Д`)ノ な~んて思ってましたし(笑)




とにかくゾンビの映像があまりにありえない感じだったので


絶対面白くないだろ!? と決めつけてました(;´▽`A``




でも


友達が、一緒になにかホラー系のものが観たいというので


それなら今ホラーはあってないから、


一番近いのはブラピの“ゾンビ”??ってことで鑑賞に至りましたのですが!




いや~!!!


絶対に面白くないだろ!? と決めつけていたのがよかったのか??



そのマイナスな期待を見事に裏切ってくれましたよо(ж>▽<)y ☆



私的には


かなり面白かったです!!!




予告編であり得ないだろと思っていた興ざめゾンビシーン(笑)も


全編通して観たら、そんなに違和感なく観ることができましたし!



ゾンビ映画としてのハラハラドキドキ感


まぁまぁきちんとありましたし(ホラー映画としてのゾンビものほどではないですが)


適度な緊張感が良かった気がしました。




そして


ストーリーを通して


人間の愚かな部分とかもきちんと描かれていたし


人間の捨てたもんじゃない部分とかも描かれていたし


なかなか良かったように思えました。




それに


そのストーリーの展開が


今までのゾンビ映画とかとは一味違った展開


お~!そうくるのね!それなら納得! ってな感じで


全体的に非現実的な話の中にも


なかなかリアリティの溢れる映画だったように思えました。




ので、


これは期待とは反対に


かなり満足のいく作品で、予想外な結果となりました!



なので


劇場で観てよかったな♪と思える作品でしたよ~☆




ちなみに・・・



私はもともとブラピファンではないので


前半は「ブラピも年取ったな~」とか


「なんでこんな髪形なん?」とか思ってたんですよ(笑)


でも


後半で「やっぱブラピかっこいいやん!」


「こんな髪形似合うのブラピくらいやね」とか


思い始めたんですね。




そしたら


もともとブラピファンの友達は


「ブラピ最高かっこよかったね~!!」


「なんなんあの髪形のかっこよさ!!」 みたいに大興奮してて



私が途中からかっこよくなったって言ったら


「いやん!始めっから超かっこよかったやん!」


「しかもあんなマキマキして、


なんそんなおしゃれしていくんо(ж>▽<)y ☆って思った」


とか言って興奮してました(笑)




マキマキとはこのスカーフ ↓ のこと



その点、私も観ながら同じツッコミ入れてたんですけどね~(笑)



で、「私も思った~!!」って2人で盛り上がりました(笑)





とにかく


予想外に面白い映画でした(・∀・)!!!




読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

   「ワイルド・スピード EURO MISSION」




「ワイルド・スピード」第6弾!!



静かに隠居生活をしていたドミニクの前に宿敵FBI捜査官ホブスが現れる。


ホブスはドミニクに巨大犯罪組織の壊滅に協力してくれと頼む。


断りムードのドミニクだったが、


ホブスの差し出した犯罪組織のデータファイルの中に


死んだはずの恋人レティがいることがわかり


捜査に協力することを決意。


捜査に協力するために再び仲間たちが集まるのだった。




ということで



死んだはずのミシェル・ロドリゲス演じるレティが生きてたんですね~!!!


前作の最後にそこを明かされてからというもの


もう!!早く続きが観たい!!


とウズウズしておりましたよ( ´艸`)




今回も面白かったですね~!!



でも・・・


まぁ・・・



興奮度から行けば・・・



私的には


前作「ワイルド・スピード MEGA MAX」の方が


断然上だったかなぁ~!!




今回も面白かったんですが



車でのアクションによって


大量のアドレナリンが放出されるこのシリーズとしては



今回はちょっと前作には劣るかな??と(;´▽`A``



今回は


カーアクションより肉弾戦の方がインパクトが強かった気がしましたのでね~。



それはそれでよかったんですよ!!



ホブスの部下として登場した姉さんジーナ・カラーノ。


彼女と我らがミシェル・ロドリゲス姉さんの対決シーンは


本当に見ごたえがありました(`∀´)!



このジーナ・カラーノ。


どっかで見たなぁと思ってたら「エージェント・マロリー」の姉さんだったんですね。


どうりでガチで強そうなわけですな!!と一人納得(笑)




で、


カーアクションに関してはですね、


今回も大興奮なのはなのですが


ちょっと不可能すぎる域まで達しちゃったり激しすぎたりで


ちょっと興奮の域を映画だけが突っ走り、


取り残されるみたいな感じがあって!(´Д`;)


たしかに観ていて「お~!!」って興奮はするけど



その点では


前作の方が


車の走りに乗って


自分の興奮もどんどん加速する感があったんですよね!!




ということで


前作のほうがより興奮したって感じでした。




で・・・


あと一つ・・・


今回の凶悪犯組織のリーダーを演じた




ルーク・エヴァンスが・・・


ゲイだと知ってしまってからというもの・・・


なんか凶悪犯のリーダーと言われても・・・


イマイチ説得力がないというか(;´▽`A``


ゲイであることは全然問題ないんですけど・・・


映画の中にその情報がどうしても入ってきてしまった私でありました・・・





で、


意外に感動したのが


ハンとジゼルの物語ですね~♥


この2人には最後すごくドラマチックな展開が待っておりまして!


個人的にはすごくショックも受けましたが


かなり感動もしたというか・・・


この映画を観終わった後でも一番思い出すシーンでありました。




で!


私、このシリーズの「3」のみ観てなかったんですよ(;´▽`A``!!


これは「ワイルド・スピード」といっちゃいかんだろ。


みたいに勝手に上から目線で(笑)



そしたら・・・


なんと前作、今作と活躍したハンが「3」に出てたんですね!!



私の大好きなブロガーさんに教えていただき♥


そして


さらにその「3」が!!!


「7」へとつながる~!!!みたいな!!!




で!!


なんだかんだ言いたい放題感想を述べましたが(;´▽`A``



そんなこんなで


「5」の方が興奮したな~なんて思いながら


映画も幕を閉じようとしていたんです!!!





そしたら!!!



おっとどっこい!!!



最後の最後で!!!!!



ある意味!!!



前作どころではない!!!




超ド級!!!!!



MEGA MAXな興奮が!!!!




私を待っていたのですぅぅぅぅぅ( ´艸`)♥♥♥






それは!!!


私が外国人俳優の中で最もかっこいいと思う男☆


愛すべき男☆ の登場であります!!!!





誰だか聞きたくない方は続きは観ないでね(笑)



でも


もうけっこう明かされていることなので匂わせちゃいますけど♪





これも大好きなブロガーさんの言葉を借りて(笑)




ヘイホン・フヘイハム様です( ´艸`) 


尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   一応目隠し(笑)





もう!


最後の最後にこの彼が登場した時には


予期してなかったので



はあぁっ!!! 



って思わず息を飲んで


驚きのあまり自分の口をふさいでしまった私であります(笑)




で、


次の瞬間、一瞬冷静になって


そういえば何かで出るって記事見たっけ??とか思いつつ




も~~~~♪やだ~~~~♪


うれしすぎ~~~~~♪



一刻も早く続編をぉぉぉо(ж>▽<)y ☆




あぁ!!


これ観るまでは死ねない~~~~~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ




なんて思って


日頃の嫌なこととかどうでもいいやっ♪


とか思って


だから映画って大切だわ~なんてしみじみ思ったのでありました(笑)




とにかく続きが楽しみヘ(゚∀゚*)ノ






読者登録してね



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。