尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:


小出恵介演じるエリートサラリーマン田向と
その妻と一人娘が惨殺された事件から1年。
妻夫木聡演じる週刊誌の記者である田中は
もう一度事件について調査することに。
そこから見えてきた彼らを取り巻く人たちの愚行とは・・・

というようなお話。


人間の奥に潜む闇を描いた作品はとても興味深いので
この作品も楽しみにしていました。


正直、救いのない映画で、後味悪いです(笑)

でも、だからこそ考えさせられることは多かったし
よりリアルに感じられました。

パンフレットを読んでいると
この小説を書いた原作者貫井徳郎さんの元へくる
映画化の依頼ではいつも
ラストに希望を持たせたいという要望が多いそうで
今回は救いがない点がよかったと言われていました。

その通りで、こういう内容の映画も
だいたいラストにかすかな希望を持たせたエンディングが多いですが
この作品は、本当に救いはないので。


で、私たちのごく普通の生活の中に潜む
人間の恐ろしい部分というのを嫌というほど感じる
映画でした。

で、なにがそこまで恐ろしいのかというと
その悪というものが
一見、悪とは思えない些細な言動であり
それが人を傷つけているということを自覚さえしない
言動の積み重ねである場合もある
ということです。

この映画は
登場人物たち全員の
まさに“愚行”でありましたが、

彼らの“愚行”を観て

自分の周りに存在しているかもしれない
自分にふりかかってくるやもしれない“愚行”の影に怯え


また
自分が知らず知らずのうちに
誰かに向けてしまったかもしれない
向けてしまうかもしれない“愚行”に恐れを抱く


そんな映画になりました。


満足度・・・68%
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


重松清原作「ファミレス」を映画化。

阿部寛演じる宮本陽平と天海祐希演じる妻美代子の夫婦に
結婚25年目にして一人息子が独立したことで
夫婦2人だけの生活がやってくる。
夫婦2人だけの生活1日目にして
「今日から名前で呼び合いましょう。陽平」という妻に
激しく動揺する陽平だったが、その後、書斎で偶然
妻がサインした離婚届を発見し、その動揺はハンパないものに!
陽平は美代子と離婚の危機を脱することができるのか?
美代子が離婚届けを書いた理由とは?

というお話。


これ、劇場まで行かなくてもいいかな~と思ってたんですが
予告編観たら、やっぱり観たい!と思いまして
行ってきました~♪


なかなか面白かったです(`∀´)!


最近、“結婚”とか“夫婦”というものにすごく興味がありまして
なんか考えれば考えるほど
“夫婦”という関係性って奥深くて、本当に不思議な関係で
面白いなぁと思って、すごく興味深い
んですよね。

それをまた色々と感じさせてくれる映画でした。

そしてこれは夫婦としてのいい話で
“夫婦”っていいなぁ。
こういう夫婦になれる人と出逢えるといいなぁ。
ほっこりできる映画でした。


また主人公を演じている阿部寛が最高に面白かったです。
昔はそんなに阿部寛の演技を魅力的に感じたことはなかったのですが
最近、彼の演技の面白さに目覚めてしまって(笑)

冒頭からファミレスで優柔不断すぎてメニューが決められない
主人公陽平に、なんか自分を重ねてしまって(笑)
一気に引き込まれました。

コメディとしても楽しめるし
“夫婦”ってものに関しても色々と考えさせられる
いい作品でした(´∀`)!


満足度・・・78%
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


GReeeeNの名曲「キセキ」の誕生を描いた作品。

GReeeeNの歌は好きでベストアルバムは1枚持ってるけど
GReeeeNのめっちゃファンというわけではない私ですが
この映画は予告を観た時から観たいなぁと思っていたので
行ってきました♪


とってもいい映画でした(´∀`)♪


ただGReeeeNの結成秘話とか
GReeeeNの「キセキ」の誕生秘話がメインと期待すると
その部分に関してはちょっと薄味です。

素人の彼ら4人が集まって
初めて曲を作り、デビューする
という過程はいとも簡単にサラリと描かれているので。

名曲「キセキ」がどのようにして生まれたのか?という
道のりは特になく、集まった時点ですぐに完成した。
って感じの描かれ方でしたので。。。

GReeeeNのメンバー4人というより
HIDEとHIDEの家族の物語と言った方がよくて
主人公は松坂桃李が演じたHIDEの兄である
と言った方がいいと思います。

でもこの家族の物語がすごくよかったです。

ま、予想通りの物語といえばそうなんですが
これが実話ということで
この家族の素晴らしさが沁みてくる映画
になってました。

ものすごく厳しい父親に育てられた兄弟。
父親に反発しながらも
内に育った人格というものは
父親から受け継がれた素晴らしいもの
だったんだなぁとか。

父親に対する松坂桃李演じる兄は
本当にかっこよかったです。

で、音楽の道で挫折した兄が弟のために生きる姿もよかったし。
この兄がいなかったらGReeeeNはなかったんだなぁと
そう考えると全てのことに意味があり
運命のようなものを感じるなぁと
しみじみ感じる映画でした。

そして
その厳しい父親の隣で
いつも息子たちを支えた明るい母親の存在とか。

なんかいい映画でした~。

で、演じてた役者さんたちがみんなよかったんです。

特に松坂桃李もよかったんだけど、
彼に関しては、今回、演技だけではなく
見た目もめっちゃかっこよかったなぁ~♥(笑)

あと母親を演じてた麻生祐未!!
彼女は何に出ててもほんとに素敵なんですけど
今回の母親、最高でした!!!


満足度・・・75%
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


三浦友和主演「葛城事件」

三浦友和演じる葛城清は親が営んでいた金物店を継ぎ
南果歩演じる妻と新井浩文演じる長男と
若葉竜也演じる次男と4人で暮らしていた。
このごく普通の家庭がどうして狂っていったのか?
次男がある日、無差別殺傷事件を起こし
死刑囚になってしまう。

というようなお話。

これ、テーマ的に凄く興味があった作品だったのですが
近所での公開もなかった上、
予告編から感じるあまりにダークな雰囲気に
ちょっと観るのを尻込みしていたのですが。(;°皿°)

勇気を出して観てみると・・・


凄い映画でした!!!

これは観ている間も、後味も、
決していいものではありません!!!


が!

観る価値はかなりある映画だったと思います!!


重くて、深いです!!


三浦友和、凄かったですね~。

次男を演じた若葉竜也はこれまで知らなかったですが
こういった家庭で育ち、破滅していく姿を
見事に演じていました。

次男の新井浩文もやっぱり上手いです。


三浦友和演じる父親も
ごく普通の父親で、
彼なりに家族のことを思って生きてきた
のに
そのやり方がちょっとずつ間違っていたことが
どんどんどんどん積み重なって
破滅の道へと進んでしまう。

どこの家庭でも起こりうる
非常にデリケートな問題をえぐる作品でした。

そしてそうなった時の
人々の崩壊過程というものがとても深く描かれていて
本当に見応えがありました。


唯一、次男の心を救うためみたいな理由で
彼と獄中結婚をするんだと活動していた
田中麗菜演じる星野順子の心情だけは
イマイチ理解できない存在でした。


満足度・・・78%
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


原作はニコラス・スパークスの小説。

ニコラス・スパークス原作の映画は本当に大好きで
特に「きみに読む物語」
恋愛映画史上最強に好きな映画で
これほど泣いた恋愛映画はないってくらい感動した作品です。
何度観ても泣けます。

そんな物語を書くニコラス・スパークスの新たな物語ということで
この「きみがくれた物語」も楽しみにしていました~!


よかったです!!!

泣けました(´□`。)
(笑)



ノースカロライナ州の海沿いの2軒の家。
その一軒に越してきたギャビー。
研修医として勉強に励むため越してきたのに
勉強しようとすると
隣の家が毎晩音楽をガンガンかけてどんちゃん騒ぎ。
その上、自分の飼っている犬が妊娠していることが発覚!
犯人は絶対に隣の家のいつも放し飼いされてる犬だわ!
そう思い我慢の限界に達したギャビーは
隣に住む住人に苦情を言いに行く。
そこで出会うのがサイテーチャラ男のトラヴィス。
何を言ってもチャラい返事を返してくるトラヴィスに
ギャビーは怒り心頭。2人の出逢いは最悪だった。
しかし、何かと接する機会が多くなり
そのうちに、サイテーと思っていたはずなのに
なぜか気になる相手になり・・・
ついに2人は結ばれて・・・

2人は運命の人だったのです(゚ーÅ)

というようなお話。


こういうの好きです!(笑)

いいな~(´∀`)♥私もこんな運命の出逢いしたいっ!
って妄想の世界に入って観ちゃいました(笑)


で、当然それで終わるわけはなく
そこからギャビーが事故に遭い、
意識不明の状態が続くわけですが・・・

ここからのトラヴィスが最高に感動的
なんですっ!!!

彼が自分の母親のお墓でギャビーへの想いを
泣きながら話すシーンがあるんですが
こんなにも愛されるって・・・
ってもう号泣でした(ノДT)(笑)


やはり「きみに読む物語」には届きませんでしたが
それでも素敵な物語でした~!!!

ニコラス・スパークスらしい世界が
とっても広がる美しい映画でした(゚ーÅ)


満足度・・・75%
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


トビー・マグワイア主演「完全なるチェックメイト」

予告を観たらちょっと面白そうだったので
なんとなくレンタルしてみました♪

が・・・

観る直前に
私、チェス全くわからないのに、わかるのか??
とふと不安になりまして(笑)
借りる前に思えばよかったなぁ( ̄ー ̄;なんて思いつつ
観てみました(笑)

幼いころからチェスに目覚め
1972年の世界選手権を制した伝説のプレイヤー
ボビー・フィッシャーの半生を描いた作品。


やっぱりチェスに全く興味のない私が観たのは
間違いでした( ̄Д ̄;;(笑)


物語は
ボビー・フィッシャーの子どもの頃から描かれるのですが
ほぼチェスの試合を通してのやりとりと
それに伴うボビー・フィッシャーのメンタルの状態の変化が
時間と共に描かれていて
そして最後の試合がどうなるのか?という結果が
クライマックスに来るのですが

正直、興味がないので全く面白くなくって(;´▽`A``

精神を病んでいく過程も
理解できないこともなかったのですが
淡々と描かれているので
ほとんど感情移入ができず。。。

こういうチェスのプレイヤーがいたんだなぁと
知ることのできた映画
って感じでした(;´▽`A``

チェスに興味のある方は楽しめるのかもしれません(°∀°)b

満足度・・・30%
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


山田洋次監督「家族はつらいよ」

普段から山田洋次監督の映画はあんまり進んで観ないのですが
これはちょっと面白そうだなと興味があった作品。
でも、劇場に行くほどでもないなとレンタルして観ました♪

橋爪功と吉行和子が演じるのは結婚50年目の夫婦。
橋爪功演じる夫が妻の誕生日に何が欲しい?と聞くと
妻から返ってきた答えは
「離婚届に判をついてほしい。」というものだった。

「おとうさんと一緒にいるのが私のストレスなの」

という予告編で聞いたセリフがなんともツボで( ´艸`)

このセリフ、我が家でもしょっちゅう聞いているような(^▽^;)
母の気持ちの代行ですか?みたいな(笑)

ということでかなり興味があったんです(笑)

「東京家族」の時と同じメンバーで
「東京家族」の時もちょっと感じたんですが
他のキャストの演技が少々大袈裟すぎるというのが気になりましたが
今回はコメディということもあって
そこは大目に見れました。

というかそれ以上に
主演の橋爪功の演技が最高すぎて!!!
かなり面白かったです(`∀´)♪

橋爪さんの表情の一つ一つがもう最高なのですっ!!!

実際自分ちにいたら
本当に小憎たらしい親父だろうなぁと思うんですが
映画を観ていると
なんともキュートな親父なんです(´∀`)♥(笑)

これほど表情で映画一本魅了し続けるって凄いと思いました!

橋爪さんを観るための映画と言っても過言ではない気がします。


そして
この熟年夫婦の出す結論はどうなるのか?

けっこういいエンディングでした(゚ーÅ)

とてもシンプルなエンディングなんですが
これがとてもリアリティのあるエンディングで

夫婦にとってそれが一番大切
なんだよということを
教えてくれる映画です。

夫婦という関係をとても上手く表現した映画でした。


うちの父親に観せたい一本です(笑)


満足度・・・75%
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


19歳の少女マリー。
彼女は父親と病気の母と3人で暮らしていた。
ある日からマリーの体には異変が。
村人たちからも疎外される母親に隠された秘密は
マリーの変化にも関係していて。。。
そこには哀しい運命が待ち受けていた。

というようなお話で

予告からも彼女が人間ではないことはわかりますが
狼女なのです。

これ、予告でも恋愛映画を物語ってますが
やはりホラー系ではなく恋愛映画なのでしょうね。

マリーは同じ工場で働くダニエルと恋におちます。
ダニエルが彼女の正体を知った時どうなるのか・・・
マリーはそれを知られてどうするのか?

「ぼくのエリ 200歳の少女」を彷彿とさせる
と予告では言ってますが

ハッキリ言って
「ぼくのエリ 200歳の少女」には
到底及ばない
と思います(;´▽`A
``

時間は85分と短いのですが
彼女が狼女になるまでの時間がやけに長く
その間にもさほどの展開もなく
時間だけがただゆっくりと流れる感じなのです。
なので観ていてけっこう退屈で
そうかと思えばラストは一気に畳み掛ける!みたいな( ̄Д ̄;;

で、さらに主なマリーとダニエルの愛の物語についても
それほど説得力もないし、
感情移入ができるほどの深い描写もなく
全然感動できなくて(;´Д`)ノ

なんかもうちょっと入り込めるつくりにしてほしかったなぁと
勿体ない感じがしました。。。

なので
ホラー系を期待してみてもがっかりだし
恋愛ものをしても感情移入できないし
なんとも中途半端で
85分でさえも退屈に感じてしまった作品でした(;´▽`A``


満足度・・・35%
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


公開当初からちょっと気になっていたのですが
2012年公開だったということで
公開からもうすでに4年も経っていたんですね∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

頭の隅にその存在がありつつも
なんだか観る勇気が出るような出ないような
鑑賞を見送っていたのですが
この度、レンタルリストより選ばれて発送されてきたので
恐る恐る観てみました|ョд゚)(笑)

予告ですでに
トラウマ映画になりそうな予感プンプンなこの映画。(;°皿°)

実際観ても
なんとも言えない独特ワールド全開
異様な空気の漂うトラウマムービーでしたよ(꒪ȏ꒪;)(笑)



ある一家の物語なのですが
この家族、父親が超厳しいというか狂った教育方針で
子どもたち3人は生まれてから家の外に出たことがないんです。
いわばずっと監禁状態のような環境で育ってきてて。
家の外は危険だ!と洗脳されて生きてきているわけです。
しかし、子どもたちも成長し、息子は大人の男へと成長します。
するとそこで必要になってくると父親が考えたのは
息子の性的処理(ー∀ー;)
そのため外から女を連れてきます。
しかしこの女を連れてきたことで娘たち2人(とくに長女)は
外界に興味を抱き始め、それが衝撃の結末へと向かっていくのです。

というような突拍子もない話で( ̄Д ̄;;

予告からもわかるように
この一家では
電話=塩
海=革張りソファー
ゾンビ=黄色い花

だったりと外の世界を感じさせる単語は全て
家の中にあるものに置き換えられているのです。

外から猫が侵入してくれば危険な生き物だ!と
撃退する方法として犬の鳴きまねを全力でやらせてみたり(◯Δ◯∥)

とにかく居心地悪いのオンパレード(笑)

それだけのことを危険だ!危険だ!って言って監禁しているわりには
息子の性的処理に関してだけはやけにこだわってサポートする父。
そこは自分も男だからきっちりしないと!と思ったのか?
でも、その他のことをそこまで禁ずるのなら
息子にもそこは禁じてもいいのではないか?なんて思ったり。

挙句、外から来た女はろくでもね~ってことで
なんとこの父親!!
息子の相手に娘2人をあてがって
どっちがいいか選べなんて始末(°Д°;≡°Д°;)


いやさ、あんたが一番危険だから( ̄Д ̄;;みたいな。

そんな家庭の事情に一番翻弄される長女
これまた物凄くハンパないトラウマ感
でして(;´▽`A``

予告の最後に流れるダンスシーンからも
その異様な空気は感じとってもらえるかと思いますが・・・


たま~に出現するトラウマ感ムンムンの映画でしたよ~(;´Д`)ノ



さらにエンディング!!
犬歯が抜ければ外に出られると信じていた長女
(犬歯が抜けるまでは外に出られないと教えられていたが
 大人の犬歯は抜けないので=一生出られないってことだったんです)
その長女が下した決断が!!!

ん~っ!!!!!
出た!!
このモヤっとしたエンディング!!!


こういう映画にはつきものと言ってもいいくらい
モヤっとする後味の悪さっ(;´Д`)

どちらにも取れるエンディングだけど
やっぱりこの先暗雲立ち込める的な終わり方(;´Д`)ノ

嫌いじゃないけどモヤモヤしたわ~( ̄Д ̄;;


ってことで
新たなトラウマムービーの誕生でした(`∀´)!


満足度・・・55%
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


「グランド・イリュージョン」の続編

今回もフォー・ホースメンがイリュージョンを使って悪を裁きます!!

今回は大手IT企業の不正を暴くべく
その会社が開く新たな携帯電話事業の新商品発表会を乗っ取ります。
そこでその企業の悪巧みを暴くはずだったのですが・・・
そこにさらに上をいく敵が現れ
フォー・ホースメンの舞台がジャックされるのです!!!
窮地に追い込まれたホースメンたちは
敵の正体を暴き、勝利することができるのか?!

とざっと言えばこんな感じのあらすじです(笑)


登場人物も前作からほぼ同じメンバーで
話の内容、人間関係など主軸となるものは
かなり続きものになっています。

なので!
前作を観ていない人にはイマイチよくわからない部分が多くなり
ちょっと楽しめないかもしれないので注意が必要です。



しかし!!
前作から観ている人にとっては
今回も間違いなく楽しめる作品になっていると思います!!



私は今回もものすごく楽しめましたо(ж>▽<)y ☆


前作もそうでしたが

フォー・ホースメン・・・
かっこよすぎます・・・(´∀`)♥(笑)


彼らが見せてくれるイリュージョン
本当に爽快
イリュージョンの見せ方がほんとに上手いです☆彡

登場の仕方一つとっても観ていてテンション上がるし
一つ一つのアクションが素敵に見えてかっこいいんです!!

なのでイリュージョンのシーンだけでも
観ていてかなり爽快で楽しい気分になるんですが

その上、同時にそこに物語が絡んでくるので楽しさ倍増♪

タネ明かしをしながら
物語自体の謎もスッキリさせてくれるつくり
本当に爽快な気分を味わえます(`∀´)♪


観ている最中は
劇中で彼らのショーを観ている観客同様の歓声を
心の中であげちゃってる感じです(笑)

その上、この映画、
一流のマジシャンたちの協力を得て
ほとんど特殊効果に頼らず俳優たちがマジックしている
なんて聞くと、なおさら興奮は増します!

そんな感じで、前作同様
爽快なイリュージョンとそれに伴うストーリーに
大興奮したわけなのですが

今回は前作に比べ
さらに物語が二転三転
最後までどうなるのかハラハラして
ほんとにめまぐるしくて楽しかった
です♪


最後にキャストについての感想ですが

「ソーシャルネットワーク」で観た時は
まったくかっこいいなんて思わなかった
ジェシー・アイゼンバーグですが・・・

前作「グランド・イリュージョン」でかっこよく見えてしまい・・・

その後、ちょっとロン毛気味の彼にときめいたりしていて♥
今回は坊主っぽかったので「え~!(´Д`;)」と思ってたんですが
それでもこの映画に出てるとやっぱりかっこよく見えました!!(笑)

マーク・ラファロもこの映画ではすごく素敵に見えます☆

ウディ・ハレルソンもこの映画の役はいいですね~!
さらに今回は贅沢に彼の2役が観れて!!!
対照的な2役でほんとに見ごたえありました~о(ж>▽<)y ☆

デイヴ・フランコも
絶対兄ジェームズ・フランコよりイケメンだし(°∀°)b (笑)
今後も頑張ってほしいです!

唯一の女性メンバーは
前作のアイラ・フィッシャーから
リジー・キャプランに代わってましたが
彼女もとってもよかったです(°∀°)b

そして
モーガン・フリーマン(´∀`)
彼は何に出ててもほんとにいい存在感
です!!!

悪役のダニエル・ラドクリフに関しては・・・
ん~( ̄ー ̄; と複雑な心境でしたが(笑)

ということで
絶賛の嵐の「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」でした!

私、このシリーズ大好きだぁぁぁ(≧▽≦)!!!

と心の中で叫んだのでありました(笑)

続編まだまだ観たいですね~♪

ということで
満足度・・・95%

読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。