尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:


ジェイソン・ベイトマン演じるサイモンと
レベッカ・ホール演じるロビンの夫婦。
2人が新しく引っ越してきた家の近くで買い物をしていると
サイモンの同級生だという男、ジョエル・エドガートン演じるゴードと
偶然再会するのだが、それをきっかけにゴードは2人に
しつこくプレゼントを送ってくるようになるのだった。
徐々に困惑していく2人だったが
ゴードが2人にギフトを送り続けるのにはある目的があって・・・

というようなスリラーです。


これ、予告で感じるほど恐怖は感じなかったので
スリラーを楽しみたいという意味では
少々物足りなかった
のですが

現実的な恐怖が
観終わった後じわじわくる
というのはありました。

自分に対してはよくて愛している相手も
実際はどういう人間なのか・・・とか。

自分がやってしまったことで
人の人生を狂わせてしまう罪の重さとか。

そういうことって
やった方は記憶から薄れてしまうものなんでしょうね。

その恐ろしさ、罪深さっていうのは
度々映画のテーマになる事柄ですが

そういった意味で過去最高に衝撃だった作品として
「オールドボーイ」を思い出しますが

この映画は「オールドボーイ」に通じるものがありました。

しかし・・・
あの衝撃には到底及ばなかったです。

で、オチも後味が悪く

しかも、モヤっと感が残る(;´Д`)ノ


ということで
私的にはイマイチな作品でした(;´▽`A``


満足度・・・50%
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。