尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

5月も今日で終わりやれやれ

今月は1ヶ月がけっこう長く感じた私でありますシャボン玉


そんな5月に私が劇場鑑賞した作品は・・・

・「テラフォーマーズ」

・「追憶の森」

・「64-ロクヨン-前編」

・「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

・「マジカル・ガール」

以上の5本映画


4月に公開になった「テラフォーマーズ」&「追憶の森」が

今月に入ってきました♪


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


そして今月の期待作の上位にランクインしていた
「海よりもまだ深...」の画像検索結果「ヒメアノ~ル」の画像検索結果

「海よりもまだ深く」&「ヒメアノ~ル」が鑑賞できずびっくり

「ヒメアノ~ル」に関しては

今の方が観たいという気持ちが高まっており

鑑賞はまだあきらめていないので

もしかしたら6月のランキングに参入してくるかも!?です。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


ということで

今月観た作品をランキングにしてみようと思いますマリオ


と言ったものの・・・


今月の5作品は

個性が強すぎて難しすぎるぅぅぅ(;´Д`)ノ(笑)



ということで

たまに出てしまう一つに絞れなかった第1位aya汗


ということで

今月は1位に2作品が並ぶ結果に・・・汗(笑)


その気になる第1位とはビックリ

「マジカル・ガール 映画」の画像検索結果 「マジカル・ガール」


        と・・・


ま~さ~か~の~!!!!!

「HK/変態仮面...」の画像検索結果 

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」!!!(笑)


多分、みなさん

「マジカル・ガール」はなるほどねと思ってると思いますが

「64」とか「追憶の森」など良質な映画を差し置いて

しかも興奮度で行くと

大好きな伊藤くんを差し置いてまで「変態仮面」なのかΣ(・ω・ノ)ノ!

と思われている方もおいでかと(^▽^;)(笑)


しかし、そうだったんですよ(笑)


「マジカル・ガール」

最も好きなジャンルの映画だったし

そのストーリー、クオリティなどあらゆる面から観て

映画として素晴らしい作品だったと思うので1位にきらきら!!


で、「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

内容的には超アホくさくてくだらないかもしれませんが

そのアホくささを徹底的に追及しているから

逆に完璧な作品になっていて究極の娯楽作品に仕上がってるんですキラキラ

なので

観ている時に

何も考えず心底楽しいと思える作品だったのです顔・♪(改良版)

それって娯楽として人に楽しみを与えるという

映画としての役割を完璧にこなせてるってことだと思うんですいいね


なので「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」!

「マジカル・ガール」とは全く正反対な立ち位置ですが

1位とさせていただきました(`∀´)!(笑)



続いて・・・


第2位ぴかっ!

「64 映画」の画像検索結果 「64-ロクヨン-前編」


これは鑑賞を迷っていたのですが

観に行ってよかった!!!!!と思える作品で

続編が待ち遠しくてたまらない作品になりまして。


全てのキャストからここまで重厚感が発せられる映画は

なかなか観ることができないだろうなという

胸が熱くなる密度の高い映画でしたきらきら!!



第3位四つ葉

「追憶の森」の画像検索結果 「追憶の森」


これも大好きなジャンルの映画で

すごく好きな内容でしたのでまだ上位でも・・・と思ったのですが

どうしてもラストのキーとなる蘭の花の大きさに関して

気が散ってしまう点がありあせあせ

高まっていた気持ちが一気に減速してしまったので

ちょっとランキングが下がってしまいましたaya



そして第4位aya

「テラフォーマー...」の画像検索結果 「テラフォーマーズ」


愛してやまない伊藤英明主演作なんで

死ぬほど楽しみにしていた作品ではあったんですが・・・

内容的にはまったく興味がなかったのも事実びっくり(笑)

内容的に実写にするってなったらどうなの?と思ってましたので・・・

伊藤くんが出てなかったらまず観てないだろうなやばいみたいな。


で、観てみたところ!

それなりに面白かったし、

けっこう楽しめる作品に仕上がってたんですきらきら!!


それに昆虫になっても伊藤くんはかっこよかったしね指圧の心(笑)


なので

さほど不満も残ってないのですが・・・


やっぱり昆虫化した時のクオリティが・・・( ̄ー ̄;(笑)

「テラフォーマーズ 映画 変身 画像」の画像検索結果

どうしても笑いが出ちゃうといいますか(;´▽`A``


今月観た他の作品の重厚感に比べると

どうしても、どんなに頑張っても勝てないガクリ

そんな結果になっちゃったんですびっくり



ということで

以上が今月の劇場鑑賞作品ランキングでしたベー


今月もどれも満足できる作品でしたよビックリ



読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日の午後、仕事帰り。

むしょ~にから揚げが食べたくなってコンビニに寄ったら7&iHLDGS.


発見 びっくり


ハーゲンダッツの新作 アイスキラキラ
DVC00270.jpg

ストロベリーバナナ いちごバナナハート②


バナナ味大好きな私は即買いしました~( ´艸`)♪


さっそくその夜OPENしてみるとクマ

DVC00259.jpg

鮮やかなストロベリー色の渦巻きがぁぁぁ雷文ヘ(゚∀゚*)ノ


食べてみると

甘酸っぱいストロベリー味のアイスと

甘いとってもバナナ味のアイスが

互いにしっかり味を主張しつつ

でもケンカはせず

素晴らしいコラボレーションをしており

超美味っ!!!でございました(´∀`)♥



これは絶対にまたリピしたいですじゅる・・ハートハート



読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


劇場鑑賞を死ぬほど悩んだ挙句、
DVDまで待っての鑑賞となった「ビリギャル」
レンタル開始になってからずっと借りたかったのですが
いつもレンタル中で、やっと借りることができました♪

有村架純演じるさやかは
小学生の頃までなかなか周囲に馴染めない子だった。
それを見ていたああちゃん(吉田羊演じる母親)は
ある中学校の制服を見て「かわいい」と言ったさやかの言葉にひらめき
その中学ならエスカレート式で高校、大学まで進学できるから
さやかがワクワクすることだけして生きていけると入学を提案。
その中学に入ったさやかは友達もできイケイケな高校生となった。
で、中学から高2まで一度も勉強していなかったさやか。
しかしあることをきっかけに塾に通うことになり
そこから慶応大学を目指すという無謀の挑戦が始まるのだった!

という普通ならあり得ないサクセスストーリーだけど
じつは実話の映画化。


この映画、すごく評判よかったのでものすごく期待してましたが
普通にすごくよかったです(´∀`)(笑)

というのも
ものすごく感動したぁぁぁ(ノДT)というほどの興奮はなかったんですが
すごく良い話だったし、
色んな部分ですごいなぁと思わされることが多々あって
意外と考えさせられる深い映画になってました☆彡


それにキャストもよかったです。

特にさやかの両親
吉田羊の演じる母親はすごくよかったです(゚ーÅ)
父親を演じた田中哲司も最高でした!!


なんかこの映画を観て
あらためて人の人生は人によって変わるなぁと
つくづく思いましたね。

そして親の愛情のかけ方というのは
絶対に子どもに反映してくるものだなぁとか。

この映画のさやかの場合
あの塾に行ってあの先生に出会わなければ
この成功はなかった
と思うし
あの先生に出会えたことで
さやかの持つ素晴らしい面
(勉強だけではなく、親を想う気持ちとか)が
開花でき、人生が好転していった
のだと思うんです。

ピンチの時にいかに素晴らしい人(救世主)に出会えるか
そういう人に出会えることは
人生最大の幸福である
なぁとしみじみ思いました。

人生においてはその真逆も起こるわけですから。
その人に出会ったばっかりに・・・という場合。

それを考えると
自分の人生を救ってくれるような人に出会えたならば
それは神様からの最大のプレゼント
だなと思いました。


そして母親の愛情についても考えさせられましたね。
この主人公の母親は娘の幸せを一番に考え
ものすごい愛情を持って娘を育てていました。

やはりそういう母親の姿勢というのは
絶対に子どもに伝わるものなんだとあらためて思いました。

学校の先生にお前のようなクズに慶応は無理だとののしられた時
「ああちゃんが学費だしてくれてるんだよ!」と
絶対に合格するんだと意思表明をする姿にはジンときました。

母親が自分のために必死で働いてくれていることを
決して無駄にはしたくない
という思い。感動しました。

母親になっても、子どもより自分第一!な母親が多い今日。
離婚して
子どもよりも自分の男♥
子どもよりも男をGETするための自分のおしゃれ♥
挙句、子どもに「私の青春を返して」なんていう馬鹿
そんな母親がほんとに多く(-""-;)うんざりしていて
こういうああちゃんのような母親を見ると感動は倍増します。゚(T^T)゚。

そうよ!!
母親になるっていうのはこういうことなんだよ!!
と(笑)

そして
何かを目指して一生懸命になるっていいな!!

なんだか自分も何かを目指して必死に勉強したいなと
やる気スイッチが入る映画でもありました☆彡
といってもこの年で何を目指していいかわからないけど( ̄Д ̄;;

ということで
とってもいい映画でした(´∀`)

満足度・・・75%


読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


「マジカル・ガール」

“魔法少女ユキコは悲劇のはじまり”

こんなフレーズを目にしたらそそられずにはいられない・・・

ということで死ぬほど観たかったのですが近所には来ず
泣く泣くあきらめていたところ・・・

来たぁぁぁぁぁぁ(≧▽≦)!!!


遅れての上映来ました!!!
劇場でチラシを発見した時のただならぬ興奮・・・(笑)
さっそく行ってきました(ノω・、)うれし泣きレベルです(笑)

物語は

日本のアニメ「魔法少女ユキコ」が大好きな
白血病で余命わずかのアリシア。
彼女の願い事は「魔法少女ユキコ」のコスチュームを着ること。
その願いを知ってしまった父親はある行動に出てるのだが
それが悲劇のはじまりとなるのだった・・・

というようなお話で

そこに
父親が魔法少女ユキコのドレスを手に入れようとしたことで
出会ってしまう精神を病んだ女バルバラと
バルバラと過去に何かがあった元教師ダミアンが
巻き込まれていきどんどんと悲劇の連鎖が起きてしまうのです。


この映画、
思っていた以上に物静かな映画だったので
観ている最中は、
ちょっと物足りない感じかな?とか思いつつ観てましたが
じわじわくる凄さがありまして
その深さをあとあとものすごく噛み締めることになりました!

とにかく
登場人物たちが連鎖していく過程が素晴らしくて
そこに潜む恐ろしさとか非常によく描かれてました。

誰かを幸せにしようとすると
誰かがどこかで傷ついているかもしれない

その深さが
魔法少女ユキコのドレスを着たアリシアの姿から
痛いほどひしひしと伝わってくる凄さ!!!


観終わった後からこれでもかというほど押し寄せてきます!!



それにこの映画
肝心な部分がけっこうベールに包まれているんですが
そこの描き方も非常に上手く
下手をすると「モヤモヤするヽ(;´Д`)ノ」となりそうなところを
観る者の想像力を掻き立て満足させることに見事に成功していて、
ベールに包んだことでより余韻が深くなる効果が生まれていました!



しばらくはまだこの世界に浸ってしまいそう
です。


久しぶりにこういう考えさせられる奥の深い映画を観れて
非常に嬉しく思いながら

こういう映画、やっぱり大好きだぁぁぁ!!!!!

と思ったのでありました(`∀´)

この映画の監督カルロス・ベルムトは
スペイン映画の巨匠ペドロ・アルモドバルの制作で
新作を準備中
らしいので
この監督の次なる作品がとっても楽しみになりました☆彡


満足度・・・85%


読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


イギリスのコメディアン:スティーヴとロブが
イタリアの取材旅行を依頼され、ミニクーパーに乗り、
さまざまな美味しいレストランなどを訪れ
その旅の道中でユーモアあふれる会話を繰り広げる。

予告編を観た時に
ちょっと面白そうだな♪と思い

さらにこの主人公のスティーヴ・クーガンは
(劇中に出ているスティーヴは実際のスティーヴ
 すなわち本人が本人を演じているようです)
ジュディ・デンチ主演の「あなたを抱きしめる日まで」に出ていて
その時に素敵だなぁと思っていた俳優さんなので
余計に興味をそそられました。


で・す・が!


観始めて15分くらいで寝落ちするという事態に!(´Д`;)


たしかに始め15分で食事をしながら繰り広げられた
「ダークナイト・ライジング」のキャストいじり
面白いものがありました(`∀´)!

しかし
とはいえず~~~~~っと単調な2人の会話が続いていて・・・

それはもう子守唄でしかなかったのです(;´Д`)ノ(笑)


かなり体調万全の時なら楽しんで観ることができたかもしれませんが
けっこうお疲れモードの時には無理な作品でした(;´▽`A``

なので
目覚めた時にはエンドロールに( ̄Д ̄;;


しかし・・・
もう巻き戻して観る気にはなれず・・・( ̄ー ̄;


予告編だけで十分かな(;´▽`A``
と思いました。
って全部観てないお前が言うな(-""-;)って話なんですけどね(笑)


ってことで
満足度・・・ほぼ観てないので測定不可能ヽ(;´Д`)ノ(笑)


読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月25日公開!
綾野剛主演最新作きらきら!!
「日本で一番悪い奴ら」


監督は「凶悪」の白石和彌ぴかっ!

「凶悪」はほんとに衝撃作でした驚き
今回はそこまで重くはなさそうですが、
それでも「凶悪」に続き、またしても“悪”なニオイがプンプンします(笑)

ピエール瀧さんなんて・・・
「凶悪」に続き、今回もかなり“悪”そう叫び(笑)
悪を演じさせたらピエール瀧はほんとに凄いんですよね。


日本の心温まる
監督で言えば是枝監督の作品なども大好きなんですが
劇場まで張り切って足を運んでしまうのは
人間の悪とか闇の部分を描いたこういう作品
なのであります(;´▽`A``

実話っていうのがまた興味深い!!


ということで!

前売り券、特典ついていたので早速買っちゃいましたよ(`∀´)♪

DVC00257.jpg

DVC00256.jpg
A4サイズのクリアファイルでしたビックリ


読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

トイレのカレンダーをふと見ると・・・

 

今日のところに

 

ターミネーターの日と書いてあるではないですか驚き

 

調べてみると・・・

「ターミネーター」の画像検索結果

あの伝説の「ターミネーター」が公開になったのは

1985年5月25日だったんですね~きらきら!!

 

ということで

本日5月25日はターミネーターの日ですターミネーター

 

読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

職場で週に一回みんなでほっともっとのお弁当食べるんですがお弁当

キャンペーンで“ベンパくじ”なるものをもらいまして

6枚中5枚は“のり弁シール”だったのですが

1枚“B賞 ギャグカップ”なるものが当たりましてぴかっ!

 

“ギャグカップ”って・・・あせあせ

どうせ変なカップなんだろうなぁ・・・やばいと思いつつも

“B賞”って聞くと凄くない?!と興奮してしまい(笑)

「B賞当たりましたよ!!」って興奮するも

職場の他のメンバーは「へ~!」と言いつつ無関心aya(笑)

 

ま、帰り道にほっともっとがあるのも私だけだしぴかっ!

と思い、交換に行ってみたことろぴかっ!

 

寿司屋の湯飲みのような

DVC00124.jpgDVC00185.jpg

意外とかわいいマグカップもらえました顔・♪(改良版)

書いてること読むと、

「入れると冷える?寒いギャグ入りカップ」と書いてただけあって

くだらないんですけどねやばい

なんとなくかわいいですビックリ

 

ってことで我が家の

コップのフチ子さんならぬコップのふちのテッドたち

DVC00190.jpg

並べてみました顔・♪(改良版)(笑)

まあ驚きなんてかわいいのかしらハート(笑)

 

“のり弁シール”も

DVC00193.jpg

けっこうツボなかわいらしさでした笑

 

読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

連日、遅ればせながらGWのネタを書いてきましたが

今日最後の記事が旅の一番の目的地・大根島です(笑)

 

私はこんな島があってこんなところがあるなんて

全く知らなかったのですが

いとこに教えてもらって連れて行ってもらいました顔・♪(改良版)

 

大根島の由志園という牡丹園なのですが

GWの期間中

由志園の庭園の池がビックリ

まさかのビックリ

こんな状態にビックリ

牡丹の花で埋め尽くされてるんですびっくり

 

前日の強風でちょっと花の状態が万全ではなかったようですが

それでも最高に綺麗でした~きらきら!!

 

私の大好きな日本庭園も広く広がり

庭園とのコラボも最高でしたきらきら!!きらきら!!きらきら!!

 

さらに

私たちが行った5月5日と次の日の6日は

黄色の牡丹も登場していて両方楽しむことができラッキーでした顔・♪(改良版)

 

奥には牡丹園もあり

見応えありまくりの由志園でしたキラキラ

 

今年はもうこのイベント終わってしまいましたが

惹かれた方は来年ぜひ行ってみられてはいかがでしょう??

 

どくしゃになってね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年のGWの旅で

“死ぬまでに絶対行きたい場所”にランクインしていた

足立美術館に行くことができまして感動

遠いし無理だろうと思っていたのに

まさかこんなに早く行くことができるなんて・・・

まさに奇跡きらきら!!なレベルの喜びでした泣

 

庭園はほんとに素晴らしくきらきら!!

電線などもひとつも背後にないという素晴らしい景観きらきら!!

完璧な管理に感動しましたきらきら!!

瀧も流れていたりきらきら!!

 

もう本当に感激で、最高に癒されましたえーん

 

で!!

その足立美術館の中に茶室があるのですがお茶

ここにお土産が売っていて

なんだか美味しそうだったので買って帰ったんです。

お店の人が、これは外のお土産コーナーにはなく

ここにしか置いてないというのでぴかっ!

 

それが

 コチラビックリ

“緑風”という羊羹甘味

中には栗を刻んだものが入っていました栗

これが食べてみてびっくりびっくりびっくりびっくり

 

めちゃくちゃ美味っ!!!

 

最後の一口まで真剣に味わって食べました(笑)

後でお取り寄せとできないのかな?と思い調べましたが

これはなんとここでしか買えない代物らしくびっくり

 

もしかしたら

人生でもう二度と食べれることはないのかもな感動

とその美味しさに想いを馳せたのでございました(笑)

 

 

読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。