尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

きゃ~~~叫び驚き


今年の上半期がぁぁぁ叫び驚き


今日で終わりだわぁぁぁ叫び驚き



ってことで


毎度毎度のことながらsao☆


時が経つのが早すぎることにショックを隠し切れない私でありますsao☆(笑)



ということで


本日も毎月恒例♪


今月の劇場鑑賞作品ランキングやりたいと思います゜∀゜ぴかっ!



今月の劇場鑑賞作品は


・「グランド・マスター」

・「オブリビオン」

・「バレット」

・「エンド・オブ・ホワイトハウス」

・「華麗なるギャツビー」

・「俺はまだ本気出してないだけ」


以上の6本です映画




今月もランキングを付けるのは難しいですねぇ。。。sao☆



なんか映画の出来が云々とかクオリティーが云々とか


かっこつけたことを交えながらなんてことに挑もうとすると


もうどうしていいかわからなくなるのでびっくりもやもや(笑)



もう完全なる私の主観ビックリ


面白かったか、好きか嫌いか で決めさせていただきます腕(笑)





ということで



第1位皇冠





 


   「エンド・オブ・ホワイトハウス」



第2位きらきら!!






  「グランド・マスター」



第3位かお






  「俺はまだ本気出してないだけ」



第4位sao☆






  「華麗なるギャツビー」



第5位rabbit:OO!!





  

   「バレット」



第6位ゆるキャラ汗







  「オブリビオン」




好き嫌いで考えても難しいなぁゆるキャラ涙とかなり悩みましたが・・・



1位の「エンド・オブ・ホワイトハウス」ダントツTOPでしたキラキラ


心底 面白かったぁぁぁキャハハビックリ 


一番の興奮を味わえたのできらきら!!




で、


2位の「グランド・マスター」と4位の「華麗なるギャツビー」・・・


これは難しかったですねぇあたふたあたふた


この2作品は


期待度が半端なかったものですので・・・


その超MEGA MAXな期待に比べると・・・


少々想像と中身のギャップが大きかったaya驚き 作品でありまして汗




悩んだ末に・・・


「グランド・マスター」は


想像と内容は違えど


大好きなカンフーを美しく見せてくれて楽しめたし、


チャン・ツィイーの物語が切なく美しく


やはり自分の好きな雰囲気が強い映画でしたので


期待したほどの感動はなかったものの


でも、自分の中では素敵な作品だったと思い2位にしました桜



で、


それとほぼ同じ状況の「華麗なるギャツビー」・・・


これも想像していたのと全く違う方向へと話が運んで行ってしまいΣ(lliд゚ノ)ノガぁーーン!!!


少々ショックを受けつつも


好きなバズ・ラーマン監督の色が濃い作品で、


ディカプリオの演技もよかったし


映画の持つ華やかさから


嫌いにはなれない作品だったのですが・・・



そこでびっくり


意外にもそこを上回ったのがかお



「俺はまだ本気出してないだけ」だったのです・・・てへっ



この作品、普通に面白かったのですが


意外と心に残るいい作品だったんですよね~きらきら!!(笑)



ということで


大黒シズオがギャツビー追い抜いちゃいましたうさぎ




で、


面白さから言えば


「バレット」!!「ギャツビー」よりも面白かったかなぁ、単純に・・・


って思ったんですけど、


やっぱり「バレット」は本当に“ザ・娯楽”っていう映画だったし


ちょっとベタな内容でもあったので汗顔



やっぱり「ギャツビー」の方が上かなにへと思いました・・・




で、


「オブリビオン」・・・


最下位にするのは非常に心苦しいのですが・・・



しょーじき


観ていて一番退屈だったしびっくり驚き


あまり心に残らなかったかなsao☆ ということで


仕方なく最下位ですパンダ





以上が今月の私的ランキングでしたハート




読者登録してね





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日公開おんぷ


東野圭吾原作


 「真夏の方程式」きらきら!!



あの「容疑者Xの献身」から5年!!!!!!!!


ガリレオシリーズの映画化第2弾!!!!!!!!



なんとも楽しみなわけでありますがたらこ



できるだけ


東野圭吾作品の映画化は原作を先に読むようにしている私本



3月に公開になった「プラチナデータ」は・・・


原作読むの間に合わずで鑑賞しましたガクリ



が、


今回は公開に合わせ


計画的に(笑)


   原作読破しましたよ~指圧の心




いや~→U←



感想を一言で言うならば・・・




実におもしろいびっくり  でしょう悪スマ




今回も


切ない東野圭吾ワールド


      &


謎解き東野圭吾ワールド


を堪能できました~泣




前回映画化されたガリレオシリーズ


   「容疑者Xの献身」




この小説がものすごく好きなので


私的に、この小説を超えることはできませんでしたが



でも


今回の「真夏の方程式」もものすごく面白かったですきらきら!!




どこが面白かったのか??


それは展開が実に面白かったですね~(o ̄ー ̄)




どうなんだろう??


これが誰とどう関係あるんだろう??


とか


事件の謎解きの部分をかなり興奮して読むことができましたきらきら!!



で、


わかりそうで、最後の最後までわからない本当の真実!!!!!!!!



一気に読み終えてしまいました→U←びっくり




意外なことに


“献身”というキーワードで繋がっていた


この「真夏の方程式」と「容疑者Xの献身」゜∀゜きらきら!!



その繋がりが「真夏の方程式」の一文に現れた時には


静かに一人興奮してしまいました~笑音符



数あるガリレオシリーズの中から


この2作品が映画化された関連性に勝手に納得した私であります(笑)


(そういう関連でかどうかはわかりませんがやばい(笑))



私がなぜ「容疑者Xの献身」の方が好きかというと・・・


より切ないからです。



「容疑者Xの献身」は物語の中で起こる殺人に対し


読んでいる者が


とても身に詰まされる感じがあり


罪を犯してしまった者たちにすごく感情移入してしまい


物語の中に自分自身がものすごく入り込んでしまうんですshokopon



なので


「容疑者Xの献身」は事件に対する謎解きももちろん面白いのですが


それよりも


感情的に入り込み、感動するといった


心にグ~っとくる物語なんですよね~makovv




その切なさがたまらないのです~♥akn♥




その点では


「真夏の方程式」はそこまでの感情移入はないというか


殺人を犯してしまう人たちの心情というのが


身に詰まされるほどは描かれておらず



どちらかというと


事件を解明していく過程をドキドキしながら


刑事の立場よりに観ていくといった感じなのであります。




なので


この好みは人それぞれでしょうねぴかっ!




「容疑者Xの献身」が容疑者側に入り込んで物語を見守るのに対し


「真夏の方程式」は湯川教授・刑事側について物語を推理する



といった感じで


どちらに立って物語を追うのが好きか


この小説の好き嫌いも分かれるのではないでしょうか??




というのが


私の勝手な推測でありますsei(笑)




さて点々


最後に…





この「真夏の方程式」点々



映画化に当たっては


一つ不満なことがありました…・悪スマ涙



それは


柴崎コウ演じる内海刑事が出ないことですよガーン




それを知った時にショックを受け、


ドラマ ガリレオシリーズでは


なんとか吉高由里子も悪くはないかなと受け入れつつあったのですが点々




この前のスペシャルドラマ、観ましたか??みなさま・・・





これを観てしまうと


また内海刑事への未練が復活してしまった…aya驚き





その上ショック!



原作「真夏の方程式」にも点々



がっつり内海刑事がぁぁぁびっくり!




色々諸事情あってのことなんだろうけど点々



やっぱり出てほしかったなぁ失恋




  う、内海刑事・・・待って失恋






映画「真夏の方程式」は来週木曜鑑賞予定ですマリオ




読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは~♪


さっきPCを開いてネットを始めるとaya



今日のYahoo!のニュースに**yumi**驚き



“新ターミネーターは3部作に” という文字が aya驚き



ターミネーターシリーズは何やら


リブートされるらしいですなΣ(lliд゚ノ)ノガぁーーン!!!びっくり



でも


我が崇拝するシュワルツェネッガーは


「ターミネーター5」に出演が決定しているとか・・・はてな5!



ではこの「ターミネーター5」とはまた別物となるわけですよね・・・ayaはてな5!



で、


この新たなリブートされる「ターミネーター」3部作にも


シュワルツェネッガー、出演するとかしないとかはてな5!



そりゃ~~~~~出てほしいぜっsao☆ビックリ



って思うわけですけど・・・




でも・・・


主演でターミネーター役っていうのも大丈夫かなぁayaはてな5!



とファンであるがゆえに心配な私でありますてへっ



で、


どんどん「ターミネーター」が新たに製作されることについては


また語りだすときりがないので今日はやめておきますが笑


そんな「ターミネーター」リブートの記事に興奮していると




ちょっと前のもっと驚き sao☆ビックリ & もっと興奮な 興奮ビックリ


シュワルツェネッガー情報にたどり着いてしまいましたビックリ





それはこの記事 ↓③



シュワルツェネッガー、ゾンビ映画に主演&プロデュース
 アーノルド・シュワルツェネッガーが、ゾンビ映画「マギー(原題)」に主演・プロデューサーとして参加す..........≪続きを読む≫




あの崇拝するきらきら!!


 シュワルツェネッガーがΣ゜□゜びっくり





ぞっ・ゾンビ映画

                    びっくり!



 !!!





なんだか・・・



今までにない試み~~~~~ワクワクワクワク




ゾンビに変身していく娘を救う父親の物語なんだってわーいキラキラ



って・・・


今までゾンビになりかけた人って・・・


助かったの見たことない気がするけどやばい  あったかな??




でも


そこを我らがヒーローきらきら!!シュワルツェネッガーきらきら!!


救ってくれるんだろうな~(´∀`o)ハート②




そんな無茶な設定も想定しつつ(笑)


そこもまた楽しみであるのでありますsei




娘役にはクロエ・モレッツがオファーされていたようだけど


スケジュールが合わなかったとかmakovv





ゾンビといえばぴかっ!






美嘉ちゃんがいいじゃんラブ  って日本人だしやばい(笑)




とにかく


これからのシュワルツェネッガーびっくり



ますます楽しみであります→U←おんぷ






読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

この夏の期待作の一つ


 「マン・オブ・スティール」



いわゆる“スーパーマン”でございますスーパーマン



スーパーマンといえば・・・


小学生の頃、父親がTVでよく


 クリストファー・リーヴのスーパーマン



観てましたが、


それを何となく観ていた私は、


その内容などほっとんど理解してなかったんですね~うさぎ




今回、この「マン・オブ・スティール」の予告を観て


自分のスーパーマンへの知識のなさを思い知らされましたよガーン




っていうか


そこまでスーパーマンに興味がなかったというか


2006年に「スーパーマン リターンズ」が公開になり


ケビン・スペイシーが出演していて、ちょっと気にはなったのですが


イマイチそそられず、


さらに、けっこう酷評されていたのをみたため鑑賞せずで


新たな情報も仕入れなかったんですねぇ。。。




で、


今回も「マン・オブ・スティール」・・・


スーパーマンかぁ・・・


と思っていたのですが・・・




予告編をまともに観るとぴかっ!



実に面白そうではないですか~゜∀゜きらきら!!




だって


生みの親がビックリ


   ラッセル・クロウビックリ



なんかコミック・ヒーローものに・・・


ラッセル・クロウ っていうのが


なんとも意外な感じがします!!



それだけでもテンションアップなのに・・・




育ての親が




ケビン・コスナー驚き


なんかこれまた意外です・・・・・!!!!!!!!!!




ってかクマ


スーパーマンは生みの親から地球に送られてる感じえっ


ってことは・・・


スーパーマンは地球人じゃなかったのぉ~~~~~Σ(lliд゚ノ)ノガぁーーン!!!驚き




ここで初めて気づいた私でありますびっくり汗(笑)






そんなこんなで一人動揺していたのでありますが



もっともっと忘れてはならないことがありましたねあたふた!





この映画


脚本・製作クリストファー・ノーランですよびっくり



あの「バットマン」を


あんなにシリアスに生まれ変わらせてくれた彼きらきら!!



今回はスーパーマンをどのように濃厚な物語にしてくれるのか!?


期待せずにはいられませんよたらこ




その上ビックリ


監督はビックリ



私の大好きなきらきら!!ザック・スナイダー監督きらきら!!


「300<スリーハンドレッド>」「エンジェル・ウォーズ」「ウォッチメン」ですよビックリ




これはもう


この2人が製作した映画だということだけで


必見ビックリ でしょうキャーおんぷ




ということで


一気に鑑賞本気モードになった私であります。




さらに・・・


敵役には・・・



私にとってのトラウマ俳優とでもいいましょうか??(笑)


 マイケル・シャノン



彼はいつもトラウマ的な不気味で強烈な存在感を放ってきますびっくり




ちなみに・・・


主役のスーパーマンを演じる・・・



 ヘンリー・カヴィル・・・



彼はイマイチ面識がございませんなぁやばい


全く興味のない存在だったのですが・・・



どんな作品に出ているのか調べてみたら・・・


「モンテ・クリスト伯」

「トリスタンとイゾルデ」

「スターダスト」
「インモータルズ -神々の戦い-」


って・・・


けっこ~観てる~~~aya涙(笑)





ってなわけで


鑑賞決定したので


もちろん♪前売GETしましたよんマリオ




尋常ならぬ娘のオタクな映画日記-DVC00085.jpg




特典がさ・・・



スーパーストラップってことだったんですけど・・・




尋常ならぬ娘のオタクな映画日記-DVC00089.jpg   



こんなん出ましたけど~占い って懐かしいフレーズ!?(笑)




こんな感じのストラップにするんだったら


スーパーキューピーにしてくれればよかったのに~嘆


とちょっと思ってしまったわがままな私でありましたaya(笑)




でもまぁ、


このストラップもなかなか出来のいいかわいいストラップでしたよ四つ葉





「マン・オブ・スティール」



8月30日(金)公開です映画





読者登録してね




いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは悪スマ



最近、「ダブルス 二人の刑事」の放送も終了し


新作映画の情報もとりあえずUPしたので


愛しの伊藤くんネタの旬なものがなくやばい



“伊藤英明をこよなく愛するブログ”を謳っておきながらも


伊藤くんネタご無沙汰となってしまっておりますパンダ驚き




そんなことではクマ


伊藤くんへの愛を疑われるのではないかゆるキャラ汗


そう思い(笑)




今日は


旬でも何でもない上に


きっと誰も興味がないだろうと思われる


私の職場の英明をご紹介したいと思います笑涙(笑)




尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  私の職場のハート②



デスクの上の英明(´∀`o)ハート②




この写真は


 「アンダルシア 女神の報復」



この写真の ↑ 英明キラキラ




去年、相棒が


待合室の雑誌を整理していて


たしかLEEだったかな?


古くなった号を捨てようと思って中身をペラペラめくってたんです本



で、


「あっビックリ 英明がビックリ  と駆けよってきたんです驚き




で、


見るとこの写真が音符



ひゃ~キラキラ


かっこい~aya



これ、捨てるのもったいないぃぃぃ~sao☆



てか


英明を捨てるなんてありえな~~~~~いあーあsei




なんて心の中で叫びまくりつつ



実際には冷静に(笑)



「これ、捨てるの心が痛むね」  なんて言ってみる私(´∀`o)(笑)



すると


相棒も


「そりゃ、捨てられんよ。とっとかんな!!


 切り取ってここ入れとき!!!!!!!!



と切り取って


机の上のビニールカバーに挟むことを提案してくれましてぴかっ!




「え~!?挟んでもいいと~??」と



真に受ける私やばい(笑) 




という経緯でこの素敵な英明様の写真が私たちの机の上にハート



もちろん患者さんからは絶対に見えない死角にセットですよ悪スマ





それからもう長いこと、


ストレスの多い仕事の合間の唯一の癒しとなっているのです笑ハート




そんな中・・・


たまに


ふと気づくと・・・


相棒がこの英明の切り抜きを何やら真剣な顔で動かしていますクマ





何をやってるんだ~sei と思いきや!



それはなんとも親切なお話桜(笑)





そう・・・



この英明が挟まれているビニールカバーは・・・



私がこの病院に勤務する遥か昔・・・


もう20年以上も前から使用されているというもの・・・がーん 古っ汗




なので・・・


そのビニールには


数々の傷や、油性ペンの汚れが付着していてかなり汚れているのですΣ(lliд゚ノ)ノガぁーーン!!!



写真を見て「何か汚いなぁ」と思った方も多いのではないでしょうかaya??




なので・・・


日々、いろんな作業をしていると


この英明が知らないうちに少々移動してしまうことがあるのですが・・・





油断をしているとゆるキャラ驚き


油性ペンの汚れが英明に悪さして ショック驚き



尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  は、鼻毛びっくり!?



みたいになってしまうんですわ~aya




で、


この状態を見つけた相棒はすかさずマリオダッシュ



「英明に鼻毛が生えたらいけんけねakn



と居場所を修正してくれていたのでありますmakovv




ということで


私も日々、愛しの英明さまはより美しいポジションへきらきら!!をモットーに




尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   より汚れのない場所へ



英明さまをお連れしているのでございますきらきら!!





って仕事しろ~~~~~コラー って言われそうですがやばい



あくまで仕事の合間にですよベー





あらためて・・・


この時の伊藤くん・・・





いつもと違う雰囲気で


ほんっとかっこよすぎるぜぇぇぇパンダ




かっこよすぎて


マジ死にそうパンダ(笑)





ということで


ブログに記事がないときでも



頭の中は常に英明でいっぱいだぜ指圧の心ハートハートハート



な相変わらずな私であります悪スマ(笑)





読者登録してね




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、アメーバニュースでこんな記事を目にしました下



米サイト選出「人間不信になる映画25本」
 米サイトBuzzFeedが、「人間不信になる/絶望する映画25本(25 Movies That W..........≪続きを読む≫



で、


その下の方に関連記事で


「気がめいる陰うつな映画」30本っていうのがあったのですがaya



その中で私もものすごっく同感な一本がありましたよ!!



それは・・・



  「日陰のふたり」



1996年製作の映画で主演はケイト・ウィンスレットとクリストファー・エクルストン。



1996年製作の映画ですが


たしかレンタルになったのは


1997年の「タイタニック」公開より後だったと思います。



「タイタニック」にハマりにハマった私が


ケイト・ウィンスレットに興味を持ち、


レンタル開始日に借りに行ったのをよく覚えているんですぴかっ!



で、


午前中に行ったら、


まだレンタル屋さんがレンタルできる準備をしてなくて


ちょっと待ったらレンタルできるようにしてあげるよと言ってくれて


ちょっと待って借りて帰ったのを覚えているので確かだと思います。




で、


そこまでしてもらってルンルンして借りて帰ってそっこー観たのに・・・




その期待は大きく裏切られ


私の気分は谷底に落とされることとなるのですガーン




悲劇といえど・・・


素敵な恋愛ものが待っているのかと思いきや・・・




まさかこんなにも衝撃的なラストが待っているなんてぇぇぇびっくり




ほんとに


こんなに救いようのない映画はあまりない気がしますよaya




まさにsei


気がめいる陰うつな映画 そのものです!




物語は


クリストファー・エクルストン演じる主人公が


ケイト・ウィンスレット演じるいとこと激しい恋に落ち結婚。


たしか3人くらい子供を儲けるのですが、


次第に生活がうまくいかなくなり・・・


最終的に救いようのない悲劇が待ち受けている・・・



というようなお話だったと思いますショック




鑑賞したのが


もう遥か昔15年位前なので・・・ガーン それも恐ろしい事実だわ・・・(笑)



詳しいところまでははっきりとは覚えてませんが・・・



でも


そんな昔に観ていても



その衝撃は


あまりにハッキリと覚えていますよ~aya


まず、


その3人くらい子供を儲けるということで


出産シーンがあるわけですが・・・びっくりびっくりびっくり驚き




その・・・


ケイト・ウィンスレットの出産シーンΣ゜□゜驚き


こ・ん・な・も・の・・・

う・つ・し・て・い・い・の・か・・・

               Σ(lliд゚ノ)ノガぁーーン!!!はてな5!汗


とそのあまりにも衝撃的な映像に

放心状態になったのを覚えておりますaya涙(笑)




そんなでかなりの衝撃に打ちのめされながら


この映画のただならぬ空気に戸惑いつつ


鑑賞を続行・・・





そして ゆるキャラ驚き


ついに ゆるキャラ驚き



救いようのない


なんとも後味の悪いラスト



打ちのめされる結果となったのでありますガクリ





そのあまりの衝撃度に


しばらく放心状態になった当時の状況は



今でもはっきり覚えていますaya涙(笑)






ということで



この「日陰のふたり」



恋愛ものでありながら


一切ロマンチックなとこなどなく涙




そして


あまりに衝撃的



まさしくビックリ



これぞビックリ


「気がめいる陰うつな映画」ビックリ



と言える映画きらきら!!




このただならぬ後味の悪さ


ケイト・ウィンスレットの衝撃のシーン



これらに興味のある方は


ぜひご覧になられてはいかがでしょうか悪スマ涙







ただし注意



鑑賞後


この上なくくら~~~~~い気持ちに


襲われること間違いなしですので



そこのとこ覚悟の上でご覧ください




しばらくくら~~~~い気持ちになってしまい


どうしてくれるんだ怒と言われても責任はとれませんのであしからずベー






読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の朝、


いつもの如く、


1分1秒を争いながら出勤しようとした私=汗



玄関の上り口に腰かけ座る


靴を履こうと前かがみになった瞬間 ガックリ!驚き




ベリッパカッ






・・・  ??  (一瞬時が止まる私)







 げっ!


ズボンが破れたぁぁぁぁぁ びっくりげっ!げっ!





と悲鳴を上げた私shokopon




着替える時間はあるのかあたふたあたふた


と思いながら




いや、時間があるもなにも


着替えないわけにはいかないだろあたふたあたふた




と破れているらしき部分を手さぐりで探す私・・・





そんなこんなしてると


私の叫びを聞いた母が




早よ履き替えておいで~びっくり  と一言やばい





そやねびっくり



と階段を駆け上げる私マリオダッシュ





今度はその私の後姿を見ながら母が悲鳴を・・・




いや~sao☆ あんた、そ~と~破れとるよ~aya!




と叫んでいるaya





急いで脱ぎ捨てたジーンズを見てみた・・・





マジ、すげ~~~~~~ パンダ



尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   ショック!


尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  どんだけaya

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 裂けるねん・・・aya




そっこー履き替えて飛び出し


無事仕事には間に合いました~汗




帰ってから


母が



それにしても今日の破れはすごかったねがーん


でも、あんた、バス乗ってからとかやないでよかったね~やばい


こんなん外で破れたら大事やったよ汗



と。




で、2人で



ほんとそうよね~。


と心底ほっとしホッ



私が


今は亡き祖母が守ってくれたんかもしれんね。


今日、このズボン履いたら破れるけん、


外で破れんよう、今、ここで破いとっちゃる!!


って言って破ってくれたんかもしれんね~♪




って言ったら


そういうのあまり信じない母に



そうかもしれんね~



と軽く流されてしまった私でありました(笑)





それにしても・・・


このジーンズ・・・




もう何年も前にバーゲンで3000円という安さで購入し


ず~っと履き続けていて


けっこう縫い目とかゆるくなってきてたんですよあせあせ



で、


最近では履いてて大丈夫かなと思いつつ履いていたので・・・



破れてもおかしくはないほど


老朽化していたのはしていたんですねあせあせ



でも・・・



それにしても・・・




屈んだ途端にこんなにも



ベリーッっと破れられたら




傷つきますなぁガクリ





と本気でダイエットして


下半身太りを解消せねば・・・aya




と切実に思い知らされた事件でございましたパンダ(笑)






読者登録してね




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

  「レッド・ライト」



ロバート・デ・ニーロ 


キリアン・マーフィー


シガニー・ウィーバー


というキャストに


この素敵な雰囲気を醸し出すチラシを見れば


心惹かれないわけがない!



ということで


即、レンタルした作品であります。



ロバート・デ・ニーロ演じる盲目の超能力者サイモン・シルバーが


30年ぶりに姿を現した。


彼を非難したものは突然死するという噂がある。


これまでに数々の超能力者と言われている人たちを


ペテンだと立証し続け、怪奇現象を科学で解明してきた


2人の科学者マーガレット(シガニー・ウィーバー)とトム(キリアン・マーフィー)。


トムはサイモン・シルバーを調査しようと


マーガレットに持ちかける。


しかしマーガレットは彼は危険な男だから近づかないほうがいいと


調査することを頑なに拒否するのだった。


その反対を押し切って調査に乗り出すトム。


すると


トムの周りで様々な不可解なことを起こり始めるのだった・・・




というようなストーリーです。



この映画の予告編を観ると


一番初めに


“頭の準備体操です。イメージ映像をご覧ください。”


といって


見方を変えれば正解が見えるという頭の体操映像が流れます。


で、


“視点を変えてみましょう。それが「レッド・ライト」の(謎)を解くカギです。”


というメッセージが流れるのですが・・・




その宣伝にまんまと引っかかり


すごく全てを疑いながら映画観ました(笑)




“この男を疑い続けろ”ということで


素直に “この男”=ロバート・デ・ニーロを疑いながら


この男にこそ驚愕の事実が隠されているのだろうと。


すなわち


最大のオチはデ・ニーロにあり!!ってことを期待してしまったわけですが・・・




視点を変えてっていうのは


そこの視点を変えろってことだったのか(;´▽`A`` みたいな・・・




この映画のオチが


観終わった後になんだかモヤモヤ感として残ってしまいました(;´Д`)ノ




1時間50分くらいある映画なのですが


最後の最後残り10分のとこくらいまでは


かなり面白いんですよ!!



始まりから


2人の科学者が超能力者と名乗る人たちの


トリックを見破りペテンだと暴いていく展開。




シガニー・ウィーバー演じる科学者が


超常現象や超能力を否定するわけではないが


30年間ずっと実験をしてきて、そのような奇跡は一度も見ていない。


と、様々な超能力といわれるものを


科学で解明していく過程は実に面白く、


興味深いテーマであります。




そしてそこに現るサイモン・シルバーという男!!



彼こそ真の超能力者なのか!?



いや、


そうではないんだろうな~!!



なんて


ものすごく現実的な話の展開の中に


驚きの事実があることを期待して観ていたのに・・・




このオチが


最後の10分弱で明かされた時!!!



えぇ~!(´Д`;)


そんなオチなのぉ~ヽ(;´Д`)ノ



みたいな感じになってしまいました(;´▽`A``




たしかに驚きの事実ではあり


なるほど!!


そういう風に視点を変えるのね!!


ってことではあったのですが・・・




なんか


このオチにすることによって


30年前のサイモンを否定した人の突然死とか


その他、色々なことへの疑問??が増えていって


なんだか


モヤモヤしまくりだぜ・・・(-"-;A


みたいになってしまいました。




まぁ、これ以上は言えないですけど



超能力者 VS 科学者 の展開できたならば


オチもそっち方面で


もっとサスペンスらしい、


全てが繋がるオチにしてほしかったなぁ~。。。



と思った私でありました。




この映画、


リピーターキャンペーンもあったり


視点を変えてみると答えが見えるなんぞ謳った映画だったので



最後のオチがわかってからもう一度観たら


なにかもっと驚けるのかもしれない!!


そう思ってもう一度観てみましたが


2回目観ても


1回目の鑑賞とさほど変わりはありませんでした(;´▽`A``(笑)




ということで


最後の最後の一歩手前までは


かなり面白い映画でありますので


オチをどう受け止めるか


このオチが好きか嫌いかという問題があとは残ると思いますね。



興味のある方は


ぜひご覧になられてはいかがでしょうか???




私は


かなり面白く観ましたが


最後のオチに


嫌いなオチではないが


モヤモヤするなぁ~といった感じが残ったのであります。




読者登録してね




いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「コナン・ザ・バーバリアン」




先日観に行ったスターローンの「バレット」にて


スターローンとの対決で見事な斧裁きを見せてくれた

      ← ジェイソン・モモア





我が崇拝するシュワルツェネッガーの代表作




「コナン・ザ・グレート」が再映画化されたことは知っていて


ちょっと気になってはいたのですが


少々B級チックな気がして鑑賞はいつかしようくらい作品だったのです。



しかし!!


あのジェイソン・モモアが主役となっては!!!


急に観たくなっても仕方がないというもの(笑)



あれだけの斧裁きを見せてくれた彼が


この「コナン」シリーズでは始終“剣裁き”が必須となるわけでしょ♪



どれほどの剣裁きを見せてくれるのか?!


これは一見の価値があるだろう!!というもの♪



そっこーレンタルしました(笑)




主人公コナンは自分たちの村をアケロン族に襲われる。


その時、父親を目の前で失ったコナンは


アケロン族に父親の仇を取ることを誓い成長する。


20年後、大人になったコナンは


ついに宿敵アケロン族の居場所を突き止め復讐の戦いへと向かうのだった。




というようなお話。



たしか「コナン・ザ・グレート」も父親を殺された復讐をする話だったですね。


でもそれこそ20年以上前に鑑賞して


DVDBOXは持っているものの鑑賞してないままで(;´▽`A``


内容を詳しく覚えてないので・・・


それほど比較ができないのですが・・・





主役のジェイソン・モモアが・・・


ちょっと悪人面に見えてしかたがないというか(;´▽`A``


良い役なんですけど・・・


何かを企んでいる顔に見えてしまうというか・・・


なんと言ったらいいのかなぁ(;´▽`A``



ちょっと完全に善であるヒーローのようには見えなかったんです~(;´Д`)ノ(笑)


シュワルツェネッガーのコナンはそんなことはなく


もう完全にヒーローだった気が・・・


それももう幼き小学生の頃に観た記憶なので・・・


一切当てにはされませんが(´Д`;)(笑)



肝心な時のモモアのキメ顔が


ちょっと悪人っぽく見えてしまったんですよね~(;´Д`)ノ


なので


100%このコナンに没頭し、惚れ込むというまでのかっこよさには


あと一歩届かなかったかなぁ・・・


といったところでしたね(;^_^A




でも


第一の目的であった“剣裁き”はやはり最高でしたし


あと


モモアの肉体美☆これまた最高に美しかったですよ~о(ж>▽<)y ☆




なのでそういうの好きな女子にはオススメですね( ´艸`)(笑)




物語は


やはりB級感あふれる感じの仕上がりでしたが・・・



でも


そこそこ面白かったですよ♪



まぁ、予想外な展開は一切ないベタな感じですけどね(笑)




そんなことより・・・


このモモアが・・・



数々の場面で・・・


俳優の北村一輝に見えてしかたなかったのですが・・・( ̄□ ̄;)!!



似てるなぁと思うのは私だけなのでしょうか??



ということで


「コナン・ザ・バーバリアン」!!


野蛮な男の肉体美を目的な女子にはオススメ?(笑)



そこそこ楽しめるアクション映画であります♪




なにやら!!!


シュワルツェネッガーがこの「コナン」シリーズ再起動に!!


乗り出しているという噂が!!!



死ぬほど興奮な私( ´艸`)(笑)




読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「俺はまだ本気出してないだけ」



何度も言いますが(笑)


私の大好きな福田雄一監督の最新作!!



昨日鑑賞してきました~♪



大黒シズオ、42歳。


自分の人生に後悔したくないと突然会社を辞め


自分の生きる道を探すことに。


しかし失業して一か月。


なにもしないまま時が過ぎていた。


そんなある日!


シズオは目覚めるのだった!!


「俺、漫画家になる!!!」と・・・


そこからシズオの本気出す旅が始まるのだった。



というようなお話。




私的にこの映画は


面白いというよりかは、いい話だったという感想のほうが大きいかもです。



面白いのは面白かったのですが、


やはり


「勇者ヨシヒコ」シリーズのような


腹の底から大爆笑を期待していると


かなりがっかりするというか・・・



それほどセンスのいい笑いは用意されていません(;´▽`A``


ので


観る人によっては寒いと感じる方もいるでしょうといった感じで・・・


まぁ、そこまで辛口で言わないにしても


クスっと笑う程度かな?といったところでした。




ということで


笑いを求めて観た映画だったのですが


それはそこまでなくって


逆に話がよかったんですよね~。



というのも


主人公シズオに関する話というよりかは


その脇の人物たちの話になんだかグッときました。



特に


山田孝之さん演じる市野沢くんというキャラクターが抱えているもの。


そこになんだかすごく共感しました。



この映画、


意外と


現代の理不尽あふれる世の中をリアルに表現


している気がしたのです。



そんな理不尽な世の中に対し


悶々としながら、やるせない日々を送る市野沢くん。



なんかその市野沢くんの苦悩に


ものすごく共感できた自分がいたんですね~(ノω・、)




ま、


それ+


主人公シズオにも共感できる点はありましたよ(笑)


30も過ぎているのに・・・


いつか映画コメンテーターとしてデビューするのだ!!


シズオ同等な野望を抱いている私でありますので(笑)


そんな共感からくる可笑しさもありましたし


なんかたとえ才能がなくったって


夢を追うっていいなって思えましたしね♪


私もシズオ同様


でも


シズオよりは地道に(笑)夢を追おうと思いました~(笑)




で、この映画のもう一つの魅力は


キャストのみなさんの演技ですね!!



キャストのみなさんの演技は光ってました~☆

特に


福田監督といえばの


山田孝之・ムロツヨシ・佐藤二郎の3人☆



山田孝之さんに関しては


この映画のもっとも重要な役として最高でしたし


ムロツヨシさんと佐藤二郎さんの登場には


もうニンマリでしたね!!


この2人の福田監督作品での演技は最高です♪



他にも


濱田岳さん・村松利史さんなどもいいですし☆



生瀬勝久さんに関しては


生瀬さんは本当に芝居がうまいなぁとつくづく感じさせられました。


離婚して悩む父親の難しい心境を見事に演じていました。




そんなこんなで


シズオに似た野望を持つ私にとっては(笑)


元気の出る映画だったし



日々、世の中の理不尽さに嫌気がさしている私にとっても


すごく共感できる映画だったし



なんだかんだで


私にとってはかなり納得できる映画でした(°∀°)b




ので


観て損はないのでは?と思いますが・・・



まぁ、好き嫌いが大きく分かれるだろうし



映画の宣伝などから


「この映画、超笑えるんでねーの??」


ということを期待して行く方には


「ん~。。。そこまでない可能性もあるよ。。。」


と一言言っておきたい映画ではあります(笑)




個人的には好きな映画でした♪





読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。