尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 border=
  「犬と私の10の約束」








主人公あかりと愛犬ソックスのお話。




犬が飼いたいと願っていたあかりのために母は子犬を密かにもらってきてくれ、家に迷い込んできたように仕掛けてくれる。そんな日に、母は病に倒れてしまい、あまり時が経たないうちに帰らぬ人となってしまう。生前、母はあかりに犬を飼う時の10の約束を言って聞かせるのだった。そうして母に先立たれ、父親と2人で暮らすあかりをずっとそばで支えてくれる愛犬ソックスの一生を描いている。








これもまた加瀬亮作品なんだが( ´艸`)






それはさておき。






なんか本当だったら号泣ものの映画なんだろうけど。。。






なにかがちょっと。。。?でイマイチだったなぁ。






というのが、




キャストの演技なんでしょうかね??






とにかく!!!




ソックスを演じた犬の演技は最高にすばらしいです。






犬がこんなに演技できるの???




っていうくらい切ない表情をバンバン見せてくれます。








しかし。。。




その他のキャストというか。。。






主役の2人が。。。






まず、子ども時代のあかりを演じた子の演技が




あまりにオーバーすぎて。。。




なんだか鼻につく感じというか。。。




少々うるさい感じがして。。。






大人になった田中麗奈も。。。




これは演技というか役柄??にイライラして。。。






なんか、自分勝手すぎるだろ。。。みたいな。






でも、そこがあって、ソックスの本当の大切さに気付くって点で必要なんだろうけどですね。








まぁ、そんな感じです。






でも、父親役の豊川悦司はよかったですよ~。






個人的にトヨエツには父親役なんてあんまりしてほしくないんですけど(笑)よかった。








なんか全体的にちょっと芝居がオーバーというか




わざとらしい感が強い印象を受けました。。。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  「グーグーだって猫である」



まだまだ続く加瀬亮特集( ´艸`)(笑)



今回の加瀬亮は私的にかなりツボな加瀬亮だった♪



この作品は大島弓子の自伝的エッセイ「グーグーだって猫である」を映画化したもの。



漫画家の麻子は愛猫サバと一緒に暮らしていたが、ある日、サバが死んでしまう。そのショックから仕事も手につかないような状態に陥る。ほぼ放心状態の毎日に、呆然と通い続けたペットショップ。いつもは中に入ることができないまま帰っていたのだが、ある日、思い切って入ると、そこにはアメリカンショートヘアーの子猫との運命の出会いが待ち受けていた。麻子はその猫を連れて帰りグーグーと名づける。



てなお話。



なんだか忙しい話で、


急に超コメディタッチになったり、


のんびりしたり、


現実離れしたり。。。



最終的には、


え?そんな話になっていくの??みたいに


ちょっと重い話になったり。。。



なんとなく締りがないように思えたのですが。。。



とにかく!!


サバ&グーグーがかわいすぎて癒されます。



それプラス


ほんわかした加瀬亮に癒されます( ´艸`)




普段は犬派な私ですが、


猫ってこんなにかわいいんだなぁって


猫がちょっこし飼いたくなる、そんな映画でした。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 border=
 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」






ヴィクトリア女王とその夫アルバート王子の愛の物語。




主演は「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント。




彼女の主演を褒めている人も多いが、私的にはあまりしっくりいってなかったように思えた。




2人が真の絆を結ぶまでの様々な波乱と困難を乗り越える話というが、




けっこう静かに淡々と進む感じがして、




あまりストーリーに入り込めなかったのが残念だった。






けっこう評判もよかった本作みたいなので、




私は相性が悪かったのだなぁ。。。






残念。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 border=
  「パコと魔法の絵本」








中島信也監督の作品。




「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「告白」の全四本の中で、




「告白」の次、第2位にランクインだった。






加瀬亮が出ていると知らず、




以前TVであった本作を録画していたのだが、




なかなか観る時間がなく放置していたのだけど、




最近、加瀬亮が出ていることを知り、




急いで鑑賞(笑)




そして急いで編集(CMカット)、ブルーレイに焼くという作業を完了いたしました(笑)






しかも!




そこまで重要な役ではないのだろうと思っていたら!!




なんと加瀬亮!!2役もしているではないですか~~~~!!!!




しかも超かわいい役☆






観れば観るほどハマっていきます~♪






さて、そんな加瀬亮談議はさておき。






映像がほんとに可愛く、




メルヘンチックな世界を楽しめます♪






しかもいい話。






まぁ、当たり前の話というか、




ありきたりな話ではありますが、




それはそれでいいし、




ほんとに中島監督独特の映像美で存分に楽しませてくれます。






一日しか記憶が持たないパコの為に




横暴で嫌われ者のオオヌキ(役所広司)が一生懸命になる話なのですが。。。






役所さん、よくこんな役したなぁって感じに素敵な役です。






そのほかのキャラを演じている人もみんないいです。






とにかく面白かったです。






でも、ありえないメルヘンチックな実写映画が苦手な人は




受付けない可能性もありますのでご注意ください。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 border=
 「めがね」






最近ブログ、少々サボり気味ですが




加瀬亮作品鑑賞はサボっておりません私でございます








ということで「めがね」ですが。。。






この映画は一体なんなんだ???




という不思議な映画でございました~。








とある海辺の町の旅館に小林聡美がやってくるわけで、




そこでしばらくまったり過ごす様子が描かれているだけなんです。




その旅館の主人、その近くにすむ高校教師、




春だけそこにやってくるもたいまさこ。




小林聡美を探してやってきた加瀬亮☆






みんなが一緒にマッタリ過ごし、




たそがれる。。。






ただそれだけの映画なんです。






とくにこれといった大きなストーリーも事件もなく、




マッタリたそがれる方法を教えてくれる映画なんです。






普通だったら100分くらいそんなまんまの映画を観せられると




暇だなぁ。。。




って感じるのでしょうが、




この映画は不思議な魅力を持っていて、




気付けば自分もその中に一緒にいて




マッタリできているような、




ともにたそがれることができる映画でした。








あぁ、人生には、




こんな命の洗濯も必要だなぁ。。。






と、人生にちょっこし疲れを感じている人にはいい映画だと思います♪







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 border=
 「インセプション」






クリストファー・ノーラン監督の最新作。




公開前から、3回くらい観ないと理解できないとか言われていた本作。




クリストファー・ノーランの映画は確かに頭を使わないといけないことが多々ある。




けっこう昔に公開になった「メメント」なんかもその一つで。




でもこの「メメント」は完全に理解するためにもう一回観てみようかという気になれた。






しかし、




今回の「インセプション」は。。。




完全に理解するためにもう一度観るとなると、




かなりの根気が必要となる。。。






なにせ時間が長いし、




あまりテンポ良くドッカンドッカンストーリーが展開するというわけでもない。




なので、




けっこう観ていてしんどくなる。






でも、




なにがどうなっているんだ??




というほどのパニックに陥るほど分かりにくくもない。




今はどういう状況なのか?ということくらいは




身構えていたほど困難ではなくそれなりに飲み込める。






しかし、




それだから何が言いたいのか??とか、




これだけの時間と、このスローなシーンを用いて、




語るほどの内容なのか??と




色々な疑問が出てくる。






なので、




それを解明するためにはもう一度、もう2度、観る必要が出てくるのだろうが、




その根気は私にはない。。。(苦笑)




DVDでも多分無理だ。。。(笑)








日本人として渡辺謙の活躍を観るにはいい作品だとは思うが。。。




ディカプリオは大人になって貫禄が出て、いい男になってきたのに。。。




作品にイマイチ恵まれないなぁ。。。




ってちょっと残念な気持ちになりました。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   「ソルト」



アンジェリーナ・ジョリーの最新作☆彡




アンジェリーナ・ジョリー演じるCIAエージェントのイヴリン・ソルトは、何者かに嵌められロシアの潜入スパイの容疑をかけられてしまう。その汚名を晴らすため、逃亡したソルトは、CIAの追跡をかわしながら、ひとり果敢に戦っていく。



なんといってもアンジェリーナ・ジョリーのアクションはやっぱり最高ですね♪



かっこよすぎます。。。



今回、おすぎさんがCMで、


「今度のアンジーには何度も騙される!!」


みたいなことを叫んでいたように思いますが、


まさに何度も騙されます(笑)



そう思わせといてそうだったのね!


あ?それでそうじゃなくてそうなのね!


みたいな。



なかなか面白いです。



まぁ、アクションが最高なだけに文句なしに楽しめるハズレなしの映画でしょう♪



アンジェリーナ・ジョリーがインタビューで


「イーサン・ハントやジェイソン・ボーンのようなスパイ映画の誕生」


みたいなことを言っていたところから見ると、


これはまさにソルトという新たなキャラクターの誕生ということになるのか??


続編ありなのか??!


そういわれれば、続編アリなエンディングだったかも♪







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  「オリヲン座からの招待状」




またまた加瀬亮作品(笑)



宇崎竜童演じる豊田松蔵と宮沢りえ演じるトヨの経営する映画館オリヲン座に、ある日、加瀬亮演じる青年留吉がやってくる。働かせてくださいと懇願する留吉を松蔵は弟子にしてやることにする。精一杯務める留吉は次第に認められ、オリヲン座の一員になるのだが、そんな中、松蔵が病に倒れ、命を落としてしまう。残された留吉とトヨは松蔵のオリヲン座を守るという志を引き継ぎ、懸命にオリヲン座を守ろうとする。しかし、旦那のなくなったあとに、残された妻とその弟子が共に暮らし、2人で映画館を切り盛りしているということから、周囲ではよからぬ噂を立てられ、オリヲン座経営は苦しくなる一方だった。しかし、そんな逆風にも負けず、2人はオリヲン座を守り続けるのだった。



正直、始めはほとんど期待せずに観始めた作品だった。



しかし。。。



この作品がこんなにもいい作品だったなんて。。。




私の大好きな純愛ものでした~。




留吉とトヨは互いに愛し合いながらも、


一切口には出さず、


もちろん触れ合うことすらない。



唯一触れ合ったシーン、


それもなんとも胸にぐっとくるシーンで。。。



そして


迎えた2人の最期。。。



そこでの2人のやり取りには


本当に涙が溢れました。



エンドロール中に思い出し、


涙がさらに溢れ出す感じです。




心だけでこれほどまでに愛し合える。。。



なんて素晴らしいのだろう。。。




あぁ。。。


感動。。。




私の超好きな邦画の仲間入りです。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  「インスタント沼」



大好きな三木聡監督の映画「インスタント沼」☆


三木監督作品にとってもよく合うキャスト麻生久美子★


そして!


三木監督作品にはかかせないキャスト!!


ふせえり & 岩松了 コンビ☆彡



こうなるともう観ないわけには!!


とこれだけでも思うのに♪



今回はさらに!!!



風間杜夫がこんな姿で!!!!!



    ↓↓↓↓↓



  尋常ならぬ娘のオタクな映画日記 !!!!!!





これはもう観るっきゃない!!!



と十分過ぎるはずなのに!!!



今回はさらにさらに!!!!!!



大好きな加瀬亮が!!!!!!!!



こんな姿に!!!!!!



    ↓↓↓↓↓



尋常ならぬ娘のオタクな映画日記





なんという豪華すぎるセッティング\(゜ロ\)(/ロ゜)/




麻生久美子演じる主人公沈丁花ハナメは、ジリ貧状態。

そんなハナメは、目に見えるものしか信用しない。

そんなハナメにかっぱを捕まえて見せてあげようと、松坂慶子演じる母親は、かっぱ狩にいき沼に落ちる。

そして意識不明に。そんな時、その沼から発見された郵便ポストの中に昔母親が沈丁花ノブロウという男に宛てた手紙が入っていた。その内容からすると、ノブロウはハナメの父親だという。ハナメはノブロウを訪ねていく。一見ハチャメチャなノブロウだが、彼と出逢ったことからハナメの人生は好転していく。




というお話。



三木監督の映画は時々それほどおもしろくないときもあるが、


今回は三木ワールド全開で最高に面白かった。



ラストは口外しないでねってありますが、


その通り!!


ものすごくありえないラストなんだけど、


これが三木ワールドだからありえちゃうんですよねぇ。



ほんとに面白く、


そしてハナメのようにハッピーになれます♪



風間杜夫がとにかくいい!!


見た目からして最高なんだが、


このノブロウというキャラが最高☆彡



テンションが上がらないハナメにノブロウがアドバイスする


テンション上げる方法♪


観ていて自分もテンションUPしました☆彡




とにかく面白かった。


三木ワールドがあまり好きではない人も


この作品はオススメです♪





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。