尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記-100131_161051_ed.jpg


なんと!!!!!!!!


早くも!!!!!!!!


「海猿3」のチラシGETしちゃいました~~~~~ラブ!!!!!!!!


劇場にて


映画が始まる前にチラシの棚をチェックすると


チラシがほとんどなくがら空き状態汗


今日はいいチラシがねぇなぁと思いつつ


映画を鑑賞。


終わってもう一度


チラシの棚を見ると


チラシがぎっしり補充されているではありませんか音符


なんとなくチェックしていると。。。



ん??!


この横顔は!!!!!!!!!!!!!!!!


愛しの伊藤くん~~~~~~キャッ☆!!!!!!!!!!!!!!!!



心の中でヨダレをたらしながらお持ち帰りした私であります(笑)




でも、


「海猿」前作が完結って言ってたけど、


それで終わってほしかったんだよねぇ。。。


だって前作でプロポーズしちゃったから


「3」ができたら完全に結婚して子どもいるでしょぼー


って思ってたら。。。



予感的中。。。ハートブレイク



チラシの伊藤くんの手には奥さんと子どもの写真が。。。えー




たとえ映画の中でも


伊藤くんの結婚生活なんて見たくないわぁぁぁぁえー


と心の中で悲鳴をあげる私であります(笑)












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  「ラブリー・ボーン」



私は、スージー・サーモン。お魚みたいな名前でしょ。

1973年12月6日

私は14歳で殺された‐

これは、私が天国に行ってからのお話。



という宣伝。


感動作のこの作品は単なる感動ドラマではなかった。


今まで観たことのないジャンルだなぁと思い、


とにかく最初から最後まで映画の中にどっぷり入り込んだ作品だった。



14歳の少女スージーが殺され、天国へと旅立つ。


その天国への扉を開く前に、あの世とこの世の境から、彼女は悲しみにくれる家族を想い、メッセージを送る。


そうしてスージー自身も死を受け入れて成長していく過程や、


スージーからのメッセージを受け取った家族が悲しみから立ち直っていく過程を描く、


感動作でありながら、


スージーが殺され、犯人が追い詰められていく過程を


けっこうサスペンス的に描いており、


両面から楽しめる新しい感覚の作品だった。



「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督の作品だが、


この監督は見せ方が本当にうまいんだなぁと感じさせられた。


「ロード・オブ・ザ・リング」も登場人物の心理描写がうまく、


感情移入できる


観客が入り込めるつくりになっていたが、


今回も非常にその点がうまくできており


登場人物のすべてに感情移入できる。



冒頭のほんのわずかなシーンで家族の絆の強さが伝わり


その後の家族愛により感動できる効果が生まれている。



家族の愛情というものの強さ、美しさに本当に感動できる作品だった。



とにかく全キャスト、最高に素晴らしかったように思う。


主人公スージーを演じているシアーシャ・ローナンは


「つぐない」で13歳にしてアカデミー賞にノミネートされた女の子であるが、


この「つぐない」の演技は本当にすごかった。


で今作でも、表情のひとつひとつがすごいなぁと感じれるものであった。


そして


父親のマーク・ウォールバーグもすごくよかったし


母親のレイチェル・ワイズなんて、スージーの死を知った時の涙なんて本当に素晴らしかった。


また個人的にすごくよかったのが


おばあちゃんのスーザン・サランドン。かっこよすぎました。。。


犯人役のスタンリー・トゥッチもぴったりの怪演で素晴らしかったです。



本当にあっという間の135分でした。


全編を通してずっとウルウルしてしまうジーンとくる映画でした。



宣伝で


「ラブリー・ボーン」で初泣き


ってありますが


まさに今年のスタートにして間違いない良い作品だと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   「ストレンジャーズ 戦慄の訪問者」



リヴ・タイラー主演のホラー。


リヴ・タイラーとスコット・スピードマン演じる主人公の2人は友人の結婚式の披露宴を抜け出し、彼の別荘へと向かう。そこで謎の殺人鬼たちに命を狙われるというもの。


この映画、なんと85分しかないという短さ。


ホラー映画は大体90分代というのが主流ではあるが、


85分というのは少々短い。



そんな貴重な85分なのに、前置きが長い長い汗



リヴとスコットのカップルは、彼のプロポーズを彼女が断ったことでギクシャクしている様子。


そんなギクシャクな様子になんと貴重な20分もを費やしてしまう。。。


それでも


なぜ彼女がプロポーズを受け入れられないのかという理由などが明らかにされれば文句は言わない。


しかし、


それだけ時間を費やしたのにも関わらず、


その答えははっきりしないまま苦笑


はっきりさせないならそんなに時間掛けるなよ。と怒りを感じつつ


冒頭はけっこう退屈汗


しかも


そのために感情移入もできにくいという結果を招いている。。。




そして


やっとこさまりおたん


あやしい人物の登場きらきら!!



犯人たちに狙われ始めてからはけっこうドキドキした汗



といっても超怖いガーンっていうわけではない。


なんか怖いような怖くないような


パッとしない感じである。



でも、


犯人が家に侵入してきて姿を現すときなんかはかなりドキドキした汗



ので


それなりに緊張感が楽しめて面白かった。



それなのに


なぜイマイチ感が残ってしまったのか。。。



それは


犯人たちのキャラ設定にマイナス点があったからだろう。



この映画、


実話を基にしているらしいので


キャラ設定にも限界があったのかもしれないが、


あくまで基づいてということなので


もう少し犯人像をどうにかできたように思う。




犯人たちは3人組。


お面姿がとにかく気持ち悪いgひゅg


    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


尋常ならぬ娘のオタクな映画日記




結局は無差別殺人なのだけれども、


変に思わせぶりな作りにしているためすっきりしない。


犯人に若い女の子を含めることで


なにか殺人の動機などあるのか?というような思わせぶりな態度を示すも


そうでもない。みたいな。。。


それなら徹底して


完全なる無差別殺人=ジェイソン的雰囲気につくったほうがよかったのでは?



そうでないなら実話を脚色して


映画の中だけでももっと犯人像を描くべきだったと私は思う。


3人が抱える心の闇みたいなものを。



それにしても


こんな事件が実話っておっそろしいですね汗



なんだかんだ文句いいましたが


それなりに汗かきましたにこ汗


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   「縞模様のパジャマの少年」




ものすごく衝撃的


ものすごい秀作




ひさしぶりにこんなにも心の奥底に響く映画を観た気がした




公開時の評価も高かったし、


衝撃のラストということで


気にはなっていたのだけれど。。。


昨夜やっとDVDにて鑑賞。




ラストは本当に衝撃でした。




物語は、ナチス将校を父に持つドイツ人の少年ブルーノと強制収容所に入っているユダヤ人少年シュムールの友情物語。ブルーノ一家が引っ越した先は、ユダヤ人収容所と隣接する家だった。ブルーノの父親が、その収容所の所長だったのだ。探検好きだったブルーノはある日、行ってはいけないと言われていた裏庭に探検に行く。そこで、収容所の中にいるユダヤ人の少年シュムールと出会い、彼らは収容所のフェンス越しに友情を築いていく。




冒頭、字幕にて、


子どもは分別で物事を判断するのではなく、音や匂いなど感覚で物事を判断するものだ


というような言葉が語られる。


この言葉はきっちり覚えていないので、多少間違いがあると思いますが。。。


そのような感じのことを言っています。




そんな子どもたちが戦争に巻き込まれていく残酷さ


というものを痛いほど切実に描いています。



大人たちが作り上げた差別や憎しみ、


そういったものに、


何も知らない子どもたちが飲み込まれていく恐ろしさが


本当にリアルです。



主人公ブルーノが、


最後に友人の為に行ったこと。


何一つ汚れていない純粋無垢な子どもが


何も知らずに行ったことが


残酷な運命へとつながっていく様は


本当に哀しすぎて言葉が出ません。



しかし


この上なく切なく哀しい残酷なこの物語は


最高の物語であり、


一人でも多くの人が観るべき映画だと強く思いました。



きっと


観た人すべての心に深く深く刻まれるでしょう。



そうして


世界中の一人でも多くの人に


戦争のもたらす悲劇というものを痛切に感じて欲しいと思いました。



この映画には


普通の戦争映画のような残酷な描写は一切ありません。


しかし、


戦争の残酷さというものが


どんな映画よりも深く突き刺さってくるものになっていました。



以前


「ライフ・イズ・ビューティフル」


という映画がありましたが


この「縞模様のパジャマの少年」はこの作品をもはるかに超えたように思えました。



しかし、


この2作品は比べるべきものではなく、


どちらも素晴らしく、どちらもより多くの人に観てもらいたい作品です。



とにかく


本当に素晴らしい作品に出会えました。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝晴れ


出勤途中、カラスに襲撃されてしまいました~~~~えービックリ



人生初の出来事ですよぉぉぉ㊦㊦( ̄^ ̄



職場までの道のりはカラスが異常に多く、


ゴミ捨ての日なんて


かなりの至近距離にカラスがわんさかいるんですヒヨコ



で、今日も


ゴミを漁っているカラスのあまりの至近距離さに


危険を感じつつ


警戒し、注意しながら


横を通りすぎ、



ふ~。無事に通過だぜグッド!



って思った瞬間。。。



上空から


パッサ~っビックリ


襲撃されちまいましたgひゅg



不意打ちだぜむっ


足で私の頭を蹴っていきやがったあぁん?



一瞬のことで


何がなにやらイマイチよくわかりませんでしたし


くちばしではなかったようで


幸い痛みもなにもありませんでしたが。。。




朝からなにやら


惨めな切ない気持ちにさせられた


おひとりさま


アラサー女の一日の幕開けでした(笑)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは~星


今日はちょっと個人的に落ち込んでます↓↓


というのは。。。




興行収入でビックリ


ついにビックリ


「アバター」がビックリ


一位を獲得ビックリ


しちゃいました~~~~やったねうさたん



ってうれしいことではあるんですが。。。




「アバター」確かにすばらしかったんですよきらきら!!


私のブログでも絶賛したと思いますが。。。




でもビックリ



「タイタニック」をこよなく愛する私にとっては


「タイタニック」の記録だけは抜いて欲しくなかった。。。涙




だって


「タイタニック」不利なんですよmakovv



「アバター」の観客80%が3Dで鑑賞してるんだそうです。


となると


「アバター」の鑑賞料は割引がきかず\2000なわけですよ。


まぁ、「タイタニック」上映時の13年前も今ほど割引とかされてなかったですけど、


それでも入場料は「アバター」より安いわけで。



それに


「アバター」観に行ってる人の大部分の感想は


映像に関してのみ。



観にいく時の動機も


映像のすごさ、3Dに関心があっての人が大部分です。



それに比べて


「タイタニック」があれほど大ヒットしたのは


やはりストーリーの素敵さなんですよキラキラ




なので


「タイタニック」はいつまでも永遠に1位でいてほしかったのでありますmakovv






尋常ならぬ娘のオタクな映画日記     VS     尋常ならぬ娘のオタクな映画日記




どちらもいいんだけど。。。



やっぱり「タイタニック」だよぉ。。。(泣)




でも、


どちらもジェームズ・キャメロンって。。。


やっぱすごい監督だなぁ~(´∀`o)


「T2」も忘れずにねぺこ








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは~お月様


今週も一週間始まっちゃいましたね↓↓


一ヶ月あっという間に過ぎていくのにマリオためいき


仕事に行っている間の一日はなんと長いことか。。。ムンクの叫び汗(笑)


ということで今週もがんばりましょうマリオ




さて。


今日の話題は。。。


久しぶりにご立腹ネタですムカムカ


最近、あまりご立腹な人物に遭遇しない幸運な映画ライフを満喫していたのですが。。。


久しぶりに遭遇しちゃいました怒りムカムカ



その名も。。。


鼻をかみ続ける女ばいちゃん




スクリーン

  ↑

●●


●・・・鼻をかみ続ける女ムカムカ

●・・・その女の旦那?

●・・・私。



てな配置で座っておったのです。


映画の中盤くらいから


「すーーーーーん!!すーーーーーん!」


となにやら聞こえてきて汗



始めはなんの音かいな??と思っているくらいだったのですが。。。



まもなくして


「ちーーーーん!!ちーーーーーん!」




「ズビビビビ~!!ズビビビビ~!」



まぎれもなく鼻をかむ音が。。。。あ゛ぁ゛っ



えぇぇぇぇぇえー




と思いその方向をみると


の女が鼻をかみ、


その後のティッシュを細長く丸めて


思いっきり


鼻をほじっているではありませんかぁぁぁぁえー!!!!!!!!



いくら暗闇とはいえ。。。


後方から見えるのよ。。。



そしてそれで終わりかと思いきや!!!!!!!!



その女は最後の最後まで


ひっきりなしに鼻をかむ始末えームカムカ




しかも


大音響のシーンに隙を狙って


今なら聞こえないだろう的なタイミングでならまだいいのだけれど。。。



シーンとしているシーン(あっ。。。別に駄洒落のつもりじゃ。。。)でも


お構いないなんですムカムカ




そしてさらにびっくりしたことに


の男とは一つ席を空けて座っていたので、


その女は一人できているのかと思いきや!!



の男と話をしているではありませんかえー




嫁が周りに多大な迷惑を掛けてるんだ!!



ここは家のコタツの中じゃねぇんだムカムカ



旦那なら少しは嫁に注意しろよぉぉぉ怒りムカムカ



と超ムカついた私なのでございましたむっ




風邪をひいてor花粉症とかでとめどなく出る鼻水の辛さはわかるけれども。。。


あまりにもひどすぎやしないかい??


お前さんも女だろ??



と心の中で呟いたのでございますむっ




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日紹介した「Dr.パルナサスの鏡」キラキラ


一つ言い忘れたことが。。。


私は映画を観る時は


エンドロールが終わって電気がつくまで必ず席を立ちません。


それは


たまにエンドロールが終わってから


最後の最後におまけのある映画があるからですにこ


滅多にないとはいえ


たまにあるその貴重な瞬間を逃すわけにはいかないからですきゃはっ♪




そんなおまけ付き映画の代表的な作品は。。。


「パイレーツ・オブ・カリビアン」キラキラ




今回の「Dr.パルナサスの鏡」も音符


映像ではありませんが


最後の最後にちょっとビックリすることが起こりますにこ


こういうケースは初めてだったので、


びっくりしてちょっと心の中で密かに取り乱してしまいましたが(笑)


周りの人たちもちょっと引っかかってしまったみたいでにこ


ちょっとざわついていました(笑)



といっても


「パイレーツ・オブ・カリビアン」などのおまけ映像とかとは


全く違うもので


ストーリーとかに関係するものとかでは一切ないので


この映画を知る上で


それを体験したから得をするというほどのものではありません汗


なので


このおまけは私のようなかなりの映画オタクの人にはオススメしますが


そうでもない一般ピープルにとっては


期待をして最後まで残ったのにこんなことかムカムカ


と言われる可能性もありますあせる


なので


そんな思いをしてもいいよって人にのみオススメするおまけであります汗



でも、


ちょっとびっくりしたので


一応みなさまにも報告をにこ





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   「Dr.パルナサスの鏡」



本日行ってまいりました音符


ヒース・レジャーの遺作となったこの作品。


Dr.パルナサスの鏡は、Dr.パルナサスの不思議な力で自分の思い描く、めくるめく世界を体験できる不思議な鏡。別世界へといけるその鏡を売りにDr.パルナサス一行は巡業していた。そんな日々で、Dr.パルナサスは悪魔が訪れることを恐れてた。というのは。。。昔、パルナサスは偉大な僧侶で山奥に弟子たちとこもっていたのだが、そこへ悪魔がやってきて、下界へと誘われるのである。そこで誘いにのったパルナサスは下界へ行くのだが、そこで運命の女性に恋をする。しかし、そのとき、彼は1000歳。。。彼女にアタックできるわけはなく、打ちひしがれていると。。。また悪魔が現れ、若さを与えてくれるというのだ。ただし、将来生まれる娘が16歳になったら悪魔に引き渡すということを条件に。。。パルナサスはその契約を交わしてしまうのだった。。。そうして彼女と結ばれ、生まれた娘の16歳の誕生日がまさに迫ってきているのだった。。。そうした旅を通して、娘を救えるのか?重要なキーパーソンとして、先日亡くなったヒース・レジャーが登場する。



テリー・ギリアム監督といえば。。。


嫌な思い出しかない「ブラザーズ・グリム」がーん汗


こんなにくだらない映画もなかなかないぞってくらい面白くなかった。


なので、


今回は絶対に観たい!!とそそられてはいたけれど、


ほんの少し不安もあった。。。




しかし!!!!!!!!


今回の「Dr.パルナサスの鏡」はかなりのアタリでしたうえ


私の大好きな世界でしたねラブ



好き嫌いは別れるでしょうが。。。



でも、映像のきれいさきらきら!!


こういう種の映画って滅多にないので


一見の価値はあると思います(´∀`o)



また物語に関しても


かなりのメッセージが込められてる気がしましたクマ



気がしましたというのは。。。


観終わってすぐに解説できるほど単純ではなかったのでにこ汗


まぁ、あとで一人いろいろと考えてみたいと思います(笑)


そしてDVDが出たらもう一度鑑賞ですね音符



それにしても!!!!!!!!


この映画のジョニー・デップラブラブ


死ぬほどかっこよかったですえー



尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  


   ↑↑↑

 アイラインの入ったジョニーが死ぬほど好きな私にこハート②





そしてさらに!!!!!!!!


それにしても!!!!!!!!



ヒース・レジャーなんで死んじゃったんだろ~泣


もったいない。。。


ヒース・レジャー、以前はとんでもなく気持ち悪かったんですうああん


ってファンの人すみませんm(_ _ )m


「チョコレート」ってハル・ベリーがアカデミー賞とった作品。


ハル・ベリーとビリー・ボブ・ソーントンのラブシーンが気持ち悪いほどすごいやつです(笑)


それなんかに出てたヒース・レジャーは。。。でガーン


その後も「ブロークバック・マウンテン」とか。。。


でも!!!!!!!!


「ダーク・ナイト」に出てからすごくよくなりましたよねきらきら!!


その後は普通に観てもかっこよく感じてしまうこともあるほどで、


なんか以前とは一味変わった


生まれ変わったヒースって感じだったんです。。。


まさにこれから


ヒースの時代到来!!!!!!!!


って時に本当に惜しいですmakovv



この映画の撮影途中で亡くなったということがすごく言われていて


みなさん、ヒースはちょっとしか出ないイメージがあるかもしれませんが。。。


ヒースはかなり出演していますきらきら!!



そんな意味でも


この映画は一見の価値ありだと思います音符



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」



木村拓哉×ジョッシュ・ハートネット×イ・ビョンホン共演で話題だった作品。


キムタク演じるシタオが失踪したので探して欲しいと、元刑事で今は探偵をやっているジョッシュ・ハートネット演じるクラインの元に依頼が入る。シタオを探す旅に出るクライン。その頃、イ・ビョンホン演じるドンポもいなくなった愛する女を捜すため、彼女の居場所を知っていると思われるシタオを追っていた。シタオは人の痛みを癒し、自分がその痛みを受け取るという不思議な力を持っており、香港でいろんな人を救っていた。薬漬けだったドンポの彼女もシタオに出会うことで救われていたのだ。そうして3人の男たちがだんだんと近づいていく。。。


そんな話なのですが。。。




いや~。。。


久しぶりにこの手の衝撃作に出会いましたね。


といってもあまりいい意味ではございません。



育ちのいいお嬢様なんかは絶対に観てはいけない作品ですね。


途中で気分が悪くなる方とかもいるのでは??



普段からグロいものにはかなり免疫力がある私なので(笑)


普通に観ることができましたが。。。


それでもあまり気持ちのいいものではありませんでした。


これならいっそのことスプラッター・ホラーの方がよっぽど気持ちいいと思いますね。


バイオレンスがジメっとしてます。


なので嫌悪感をもよおす映像がけっこうあるんですね。



ということで、


ほとんどの人にとって厳しい映画でしょう。



さらに、


それだけのバイオレンスを用いても


なにか大きなメッセージが伝わってくるとよいのですが。。。


結局何が言いたかったのだろう??とすっきりしません。



一見、重大なテーマがあるように思わせぶりですけど。



キムタク演じるシタオはキリストの生まれ変わりか??


と思わせる設定。



クラインが刑事時代に追っていた連続殺人犯の犯した罪の動機に


キリストの受難 が関わっていることなど。



キリストに関することを


キリストの受難を


テーマとしたかったのね。



というのはかなり強くわかりますが。。。


だからそれを通して何が言いたかったの??


と分かりにくい映画でした。



そういうことを考えながらもう一度観て考えれば何かわかるかもしれませんが。。。


もう一度観る気は全く起きないです。。。


そこまでして読み解かなくてもいいかな。。。って感じです。



そんなで


ホラーでもないのに


やたらグロい映画を久しぶりに観てちょいと疲れました。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。